さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年03月21日

'17.3お彼岸は常陸太田

19日4:30レッスン終了に合わせ柏高島屋前で夫にピックアップ。
恐ろしい渋滞。薄闇の中常陸太田着。
20日 空き家と庭の掃除。
木瓜、紅白の椿、クロッカス、福寿草... 春の花々


庭に出て欲しくないのは土筆だが、出て来る!


一区切りつけて墓参のハシゴ。
源氏川を渡り、白鷺に挨拶して、先祖の墓。


畑を覗き、姪のミオちゃん丹精の畑に感激。
古い梅の木数本に加え、若木が更に数本植えてあった。
今年は実がなりますように。

一食分菜の花を頂き、姉一家の墓地に向って歩く。

「すぐだよ」に釣られて来たが、思いのほか遠い。
瑞龍墓地は広大。広大な駐車場に沢山の車。
目的の区画を探すのが一苦労。座標軸的にアルファベットと数字で探す。
日本の墓地だよ! アルファベットなんだ!
往復路で歩いて墓参する人は我々のみ。

昼前戻り、庭の蕗の薹を摘む。

夕方迄に流山着。順調な帰路。

夕食にはミオちゃんの菜の花。

蕗味噌はホンの少し、季節の香りを楽しむ。






万歩超えても平気なはずが、畑を抜け舗装道を万歩、しかも坂道は応えた。もちろん万歩を優に越えたが。






  

Posted by jun1940 at 09:55Comments(0)常陸太田の庭

2017年03月15日

サエさんは二分の一成人

先月孫娘が2分の1成人式を迎えた。もうチビコと呼んでは行けないのだ!
成人式のイヴェントで演奏会♬
DVDを送ってきた。


子供達の夢をかたるスピーチに胸熱くなる。
「もう大人だわ!」と一人前に考えているにちがいない大人びた表情。
いつの間にか大きくなった!
ご招待受けたのに予定が入っていて行けなかったのが残念。
行っていたら熱い涙ボロボロだったに違いない。
曲はボレロ。
去年から「オーデイションがあるの」と練習の成果を聴かせてくれていた。
おめでとう! 念願の鍵盤楽器が弾けたのね。
どこのオケより素晴しい演奏!

今日は雪予報だが古墳公園は春。
コブシが咲き 
運河は菜の花の絨毯 
トサミズキも開きそう 

春だもの! 青空がいい! 一昨日の運河の紅梅&白梅


広い青空に花開け〜〜〜〜♬


   

Posted by jun1940 at 16:40Comments(0)family

2017年03月09日

Ensembleエリカ:気まま館でMusic-present:3/9

10:00 気まま館集合。控え室で打ち合わせ&声出し開始。
衣装も合わせてみる。

ドラマではない! 
本日はシャンソンコーナーを入れた。
Sur le pont d'Avignon(アヴェイニオンの橋の上で)の日本版で演出。

12時にランチまで2時間弱練習と準備。

ランチは気まま館のレストランホールで入所者さん並の¥で美味しいくヘルシーメニュウ。


食後のコーヒーをいただいて、さて本番♬

様々な位置から「この広い野原いっぱい♬」を歌いながら登場。


舞台にそろって「ちょっと聴いて下さい-こーなー♬」
春に因んだ歌数曲

ピアニストさんも一緒に歌うアカペラはWerner:野バラ。
最初はドイツ語で Sah ein Knab' ein Roselein steh'n で始め次は日本語で歌う。

客席もお馴染みの「春よ来い:春の小川...」はrecorder 4本、ハーモニカ、ピアノをいれ、2人が客席を廻りマイクもって歌う。


さてドキドキはシャンソン-コーナー。前回リクエストされたので頑張って練習を重ねた。
先ずは子供の歌2曲。キミちゃんとミッちゃんがソロで掛け合いをいれコーラスが加わる。

そしてjunjunとさえちゃんのシャンソンソロはSans toi mamie と ろくでなし♬


シャンソン最後は♬アヴィニオンの橋の上で♬
Sur le pont d'Avinion , On y dance on y dance を2人で繰り返す。
通る人は日本語で「奥がたが通る、旦那さんが通る、女の子が通る... と次々歌いながら舞台にあがる。


最後の2人はサザエさんと 忘れ物を持って追いかけるお母さん♬


皆様に楽しんでいただき、エリカも大満足の一日。
6月のoffer を快諾♬



  

2017年03月08日

常磐会新年会⇒誕生会

常磐会は諸事情多発。新年会は無理だった。
諸事情が落ち着いた日がyoung.Oの誕生日3月5日。
young宅に集合。
ムーちゃんが木製リコーダー(柘植)ゲット。我が愛用のsop-recorderと同じ会社。
20年程前思い切ってゲットした梨の木。altも欲しかったが諦めたrecorder♬

温かい木の音色が楽しみで楽譜をコピーして持参。
すると3人が同じようにコピーを持参していた!
Happy birthday to you! で花束贈呈し、即音だし開始。
ピアノもチェンバロもそっちのけで頭を寄せ合うEnsemble♬

木製はまだ一日10分しか吹いてはいけないので、プラに持ち替えるムーちゃん。

すみれさんはフルート復帰。
youngのアンデス、ムーちゃんのケロミンも時には参加♬
ひとしきり合わせて、ランチ。


今年になってyoungとわたしがi-phoneに替えた。
後の2人はLineにせよ... とうるさい。
終にムーちゃんのご指導でLineに参入することになった。
フリフリしあってアドレスを共有する...


Lineでのmailや電話の練習。冷や汗ものの一時。
使いこなせるまでに時間がかかるだろう!
楽器もってensemble再会にホットする。  

そして美味しいBreak!


初夏に楽器持参で旅をすことになった。
宿を探せという!
どうしよう?
国内外たいていツアー旅の私。個人旅は娘頼り!
あ〜〜 どうしよう!
  

Posted by jun1940 at 10:35Comments(0)常磐会

2017年03月02日

'17.3運河:春の香り

骨だ!骨だ!骨を作ろう! 歩け!歩け!青空を見上げて歩く。
暗譜モノをイアーホーンでさらいながら歩く。
紅梅&白梅の甘い香り。
紅梅はデジカメピンボケで白梅のみ。


しっかり固まった蕾。だぶんエゴの木だろう。


世は花粉症の季節。
杉花粉が恐怖の猛威を振るうのはもう少し先かな?
まだ堅い実で花粉はこぼれそうにない。

子供の頃、おままごとや杉鉄砲でよく遊んで懐かしい実。
あのころ「花粉症」なんて聞いたことはなかった。
マスクをするのは余程の重症時。
使い捨てマスクなんて無かった。
薬箱には洗ったガーゼのマスクが常備。

万歩を優に稼いだ午後の一時。
庭の沈丁花が香っていた。


今朝は雨。
「乾燥した空気が和らぐだろう。花粉症には有難い雨。」... でも今日は久しぶりのConcert♬
  

Posted by jun1940 at 08:59Comments(0)利根運河自然の姿

2017年02月28日

癌&肝機能検査結果はスクナヒコノクスネに

2月27日 夫婦ソレゾレ国立癌研究センター東病院とHome-doctorへ。

9:30予約に一時間前、センターの駐車場はほぼ満員で奥の方にスペース見つける。

タクシー、バスが次々と患者を運んで来る。
羽田からの定期バスもあり、バスの時刻表の掲示があるから、遠方から集まって来るのだ。

乳癌検診順番待ちしていたら「無罪放免」と夫からメール。肝機能検査異常なしだったのだ。
一先ず安心して待ち合い室で首にかけた携帯コールの振動を待つ。
受付時に渡される携帯の指示に従って行動するシステムだから、呼び出しの放送もなく静かな院内。

診察結果「術後順調」で90日分の薬が出される。
2年経ったころ薬局で「ジェネリック」を勧められ、フェマーラのジェネリック:レトロゾール。
ホルモン治療らしい。服用で辛さはないから救われる。骨密度が下がるらしいので、セッセと太陽の下を歩いている。
薬価も低い。
新薬の開発や価格がニュースになっているが、余にも高価では「命を買う」のは難しくなる。


センター本館横に工事中の建物がほぼ完成。
新しく治療施設ができる。これで命を救われる人も増える...!
柏の葉キャンパスというこの一角は国の研究施設が多い。
癌センターの前には東京大学のキャンパスが広がる。薬局もその片隅にある。

庭園をしばし散策。

今朝は晴。
窓辺の花に話しかける。

花の名はセッコク。別名スクナヒコノクスネ。
スクナ彦名命は医薬の神様。 

優しく耳を傾けてくれる花。
細い茎に密が流れている。
一緒に喜びの涙を流していてくれるのだ。


  

Posted by jun1940 at 10:15Comments(0)family乳癌

2017年02月26日

春すみれ咲く♬

落ち着かない2月も後2日。
娘の会社でインフルエンザ広がり、熱を出したのでhome-doctorで検査。
陰性で一先ず安泰。数日で出社。
平常生活と思いきや、夫が発熱。土曜朝 8℃越えてまたhome-doctor。
幸にもインフルエンザは陰性。風邪薬と花粉症の薬処方されたが、熱は下がらず。
月曜には吐き気、めまい、倦怠... 動けない。「肝炎の症状だ」というので、なんとか車に乗せてhome-doctor。
肝機能の検査受ける。結果は一週間後。
仲間の集まりをキャンセルする度に暗い方向に思考が向っている。

昨日から春めいて、体調も快方に向っている様子。

普通食が食べられるようになったが、禁酒しているから、今一なんだろう。
今日はホッとして庭の花に話しかける、「明日肝機能の検査結果でるのよ。私も明日は癌センターで検診だわ...」
玄関先のプランターのパンジー数種類。
色も形も模様もそれぞれ。






  

Posted by jun1940 at 16:59Comments(0)family

2017年02月23日

'17.2.22:Organ-Party

まがねさんちのOrgan-party。
運河駅前で3人pick-up。しばらくぶりの参加。
先ずはFranc: 前奏曲,フーガと変奏曲
ヤングのピアノとまがねさんのオルガン。


前奏曲の出だしのメロディーがタマラナイ。
ムーちゃんとリコーダーのalt & sopでメロディーを追ってみたが初見じゃ無理だった。いつか吹いてみたいな〜♬
ひとしきりフランクを囲みtalk&talk 。
生演奏を目の前で聴き、みんなの音楽談義を聴く幸せ。

ランチはまがねさんのお友達が届けて下さったお弁当。at-homeでhealthy!

お友達さんはあまりにも勘定を忘れた経営で閉店したとか...
お友達さんが手伝っているお安くてヘルシーなお弁当を届けてもらったとか。

ランチ後は再び音楽の世界。
Ms.ワーゲンのジャズ。おスキなチャップリンの曲。


驚くべきは楽譜!!!! 簡単なメロディーがあるだけ♬ 装飾譜も左手の伴奏譜のなく、所々にCとかFとかアルファベットと数字が入っているだけ。
その楽譜で10本の指を縦横に走らせている。
ワーゲンさんに以前 ガーシュインのSummer timeを伴奏してねとお願いしていた。
彼女のピアノで Summer time, and the living is easy ... と歌ってみたかったのだ。
間合いが難しくて断念。またの機会に準備しておくことにして、Sans toi mamie を伴奏してもらおうと準備していた楽譜を出す。


ワーゲンさんと高橋さんのピアノで歌ってみた。ここちよい流れ!
間奏部分にはヤングのアンデスとむーちゃんのリコーダーを入れてもらった。
アンデスが森に響く口笛に聞こえる。
さらにまがねさんのオルガンが入る。
皆様初見でもすぐに正確に演奏出来る、信じられない仲間。


オケをバックに歌うシャンソン〜 って気分。 アダモもどきの気分上々♬
次回は ケロミンが2匹加わるに違いない。
豪勢なHome- orchestraになるだろう!
さらに数曲楽しみ、tea-break!


まがねさん手作りのケーキ。
玄関から可愛らしい足音。お孫ちゃんがジイジと御帰宅。ピアノのレッスンだったとか。

ケーキを頬張るご機嫌のお孫ちゃんをみんなで楽しみ、大好きだという「こぶた、たぬき、きつね、ねこ」を弾いてもらった。
彼女の楽譜には「豚丸」 がついている。先生が下さった「花丸」をお兄ちゃんが豚丸にしたのだそうだ。
おばさんたちオルガン、アンデス、リコーダーで参加♬
おジイジさまカメラマンで大忙し。
そして先程のSans toi mamie をみんなで演奏し、お孫ちゃんはバケツのドラムとおはじき入りの瓶でパーカッション。
幼稚園兒さんのドラムとシャカシャカパーカッションが加わっただけで若モノのシャンソンに変身。
4時過ぎ迄また歌い、演奏を繰り返す。
〆は アヴェ ヴェルム コルプス
すばらしい一時でした。
みなさまありがとう!
  

Posted by jun1940 at 09:15Comments(0)organ-party

2017年02月20日

Esembleたまゆら:北柏Day-service-centerでMusic-present

'17.2.20 ♬Ensembleたまゆら♬ 北柏Day-Service-Center でMusiv-present。
江戸川台駅前ですみれさん&ニッシー pick-up。
Centerの駐車場に止めピアニストと合流。
会場設定。電子ピアノが上手く繋がらない。
テープで差込を固定し、なんとか安定させる。

火花にはぎょっとしたが、無事開演。

sop,alt & ten で、ご挨拶。


♬ナポリは恋人♬ はリコーダーで始め、3重唱。
リコーダーの調子が良く、フリダシ快調。
すみれさん&ニッシーのソロに続いて,すみれさんと♬猫の二重唱♬。
今回はニッシーを取り合うメス猫ヴァージョン。


台詞は「miao」のみ。
「貴方好きよ、えね、お魚あげるから!」
「あら私も貴方好きだってば!お花をどうぞ!」
... 次々贈り物で攻める。
結果は送られたものをみんなピアニスト猫に貢いじゃう!

楽しく、喜ばれる猫の二重唱。
別バージョン考えねば!

客席と一緒に「みんなで歌いましょう5曲」
そして また猫になる。


Cats♬Memory♬ 気分入れ過ぎてしまって、「しまった!」
猫の帽子も歪んでいたが「猫可愛いよ」と言われて.... 

次回5月のOfferもお受けしてしまった ♬Ensembleたまゆら♬

又来週から猛練習!



  

Posted by jun1940 at 18:02Comments(0)たまゆら

2017年02月17日

'17.2.16.岡田邸-Mix

昨日2.16は岡田邸-Mix。
廊下や部屋に所狭しと積み上げてある貴重な部品。
お父上が気象庁のお仕事をなさっていて、日本初の測候所に携わっていらっしゃった学者。
スイスから様々な部品を取り寄せて研究なさっていた。
貴重な歴史に残る品々を専門家の方々に引き取って頂くとか。


何何?と見てもわからない。
箱に貼られた文字から、遠いスイスから陸路&海路で届いたものだろうと推測しながら西洋の技術を取り入れようとした日本人の姿に熱くなる。


糸繰り機じゃないよね? と動かしてみたり... 無智とはこういうことだ!


宝石は判る! サファイヤ、水晶...
精密器機に欠かせなかった宝石。


しばし拝見してMix-ensemble。
3時間余り40曲以上次々と唱い狂う。
月一回だから唱っても忘れるが、繰り返しているうちに少しずつ身につく。
予習も復習もしないのだから... これでいいのだ! 楽しんでハモレばいいのだ!
3時にはお茶が待っている。
岡田さんがいつも美味しいケーキを焼いて待っていてくださる... これも楽しみの一つ。
今回はバス&テナーさんへのバレンタインケーキ。
ハート形の大きなチョコレートケーキ。


歌の後の飲み会がバス&テナーのお楽しみ。
グラス傾けアレコレ語る。あれこれ熱く語るオジサン達。
ms.N と私はdriver。
毎回話のネタが途切れないのだ。
きっと彼らは学生時代に戻っているのだろう。
「男というものは...」と今の世代が目を回すようなことを豪語する。
きっと楽しいんだろうな〜!


  

Posted by jun1940 at 21:44Comments(0)岡田邸ーMix

2017年02月15日

Isabella Lucy Bird

第一巻、第二巻、そして終に第三巻が机の上に!
Isabella Lucy Birdの伝記を娘が次々と積み上げて行く。
終に第三巻になったら読まざるを得ない。


1878年来日。大英帝国の旅行家、探検家、ナチュラリスト、写真家...
日光⇒新潟⇒山形⇒秋田⇒北海道
明治の頃の日本を旅するのは想像するだけでもとてつもない行動力。
読み始めると面白くて読破。

速読? 
マンガだからサラリと読める。
久しぶりの読書かな?  

Posted by jun1940 at 21:08Comments(0)歴史

2017年02月10日

雪の前に上野界隈花見

一週間上京している幼馴染と3人のデイト。
雪予報に反して明るい日射し。
上野公園口に集合し東照宮の牡丹苑へ直行。
「シルバーは?」とオズオズ尋ねてみたが "No!"


大切に育てられた牡丹。風情のある和名に思いを馳せて花見。
白、黄色、紫... 様々あるが、「赤」は目を惹く。


所々に水盤に盛られた牡丹。香りは黄色の牡丹が一番。


園内には春の花々。


??? 柿! 小さな小さな豆柿。

ランチは精養軒。

存分に時間をかけたランチが終わる頃、青空が雲に覆われた。
次は湯島天神へ!
不忍池へ下りる手前の五条天神社の花に立ち止まる。桜! 河津桜。


先日歌仲間の古事記オタク2人が神々の話を熱気をみなぎらせて語り合っていたのを思い出した。
五条天神とは? なるほど! 医薬祖神。
日本尊が東征の折り、上ノ忍が岡に大巳貴命と少彦名命を祀ったのが、この五条天神社とか。

賢くなった気分で不忍池を縦断し春日町に向う。



旧岩崎邸の重厚な塀を見ながら坂道を進む。
そして大きな門とビルの立ち並ぶ一角!
「なに?」 東京大学ではないか!
3人は益々賢くなった気分で湯島天神様にお詣り。
お詣り済ませ梅の香りに心地良くなったが、白いものが落ちて来た。
梅はデジカメしていなかった。
御徒町で1人見送り、2人はアメ横を抜けて上野駅。
「やすいよ〜!」と呼び止められると、主婦は弱い。
ブラックタイガー20尾=1000¥ 2人で分けることにした。
彼女は天婦羅に、私は塩ふって焼くだけ。

雪になる前に帰宅。10437歩。心地良い運動。

手の込んだお料理は不得手な私。もっぱら単純に焼く、煮る、蒸す...
フライパンで焼いたブラックタイガーはレッドに変身。
かなりなヴォリューム。調味料は塩 only。







  

Posted by jun1940 at 17:49Comments(0)自然の姿

2017年02月08日

Ensembleエリカ会場下見&たまゆらの♡割り!

Ensembleエリカ、明日の練習会場下見。
雪予報の明日。車は恐ろしい。歩くのがベスト。
西原まで歩いてみた。往復で4.4k。大丈夫優に歩ける。
歩きながら頭は「♡♡をいかにして割るか?」
今月20日にEnsembleたまゆらのMusic-present。
ロッシーニの猫の二重唱。
バリトン猫を取り合うソプラノ猫とアルト猫のストーリー。
今朝団扇で赤い♡を2つ作ってみた。

♬miao♬ばかり繰り返す二重唱。
ストーリーを楽しくせねば客席は退屈する。
振られたメス猫2匹... 最後に♡を割ることにしたのだが。

4.4k 歩いて考えた!
半分に切って、棒を付ける...
帰宅後、普通の挟みじゃ切れない。
花鋏の大きいので切れば?... 夫のアドヴァイスを素直に受け入れて... バリバリ.....
太めの菜箸をつけてみた。
切り口が剥がれるのでべったり糊で固定。固まる迄固定。


こんなことに時間と智恵を浪費して... これも音楽の一部だよ〜〜〜 と言い聞かせながら。


今回は私は三人のアンサンブル2曲、猫の二重唱、Cats(Memory)をソロ。
猫気分の舞台になる。
会場と「みんなで歌いましょう」のコーナーで数曲リード。
  

2017年02月05日

'16.02春を探す

ららかな日射しに誘われて、歩き過ぎた!
クシャミ&鼻水。。。。
平熱、食欲あり、関節痛なし。風邪か花粉症?
食糧買い込み、風邪に決定し、マスクして就寝2日間。体力取り戻したのか no-クシャミ&no-鼻水。

古墳公園walkに復帰。walk-goodsの一つは万歩計。
ガラ系携帯の万歩計にするかオニュウのi-phoneにするか?

ガラ系に決定。長年の愛用でi-phoneより小さいから。

森はまだ冬枯れ。花は水仙のみ。


我家の梅は満開。

秋から咲き続けているのはヤブツバキ。

森の野鳥が運んできた椿。森には数種類の野鳥が居る。

どの小鳥かわからないが、背丈以上になって庭を深紅で彩ってくれている。

  

Posted by jun1940 at 14:19Comments(0)古墳の森

2017年02月01日

美味しい新年会♬

日曜のレッスン後打ち合わせをかねて親子丼。
♬たまゆら♬の音楽アドヴァイザーと親子丼。
すみれさんが大抵美味しい所を見つけて来る。
2時間以上唱った後で先生も弟子も空腹。

お教室と異なり、日頃の疑問を投げかける。先生真面目にレッスンの続きのように... 
オバさんパワーは凄い!先生をたまゆらのヴォランテティアーアドヴァイザーに引き込んでしまったのだ。
メンバーの声に合わせて編曲して下さる... 仕事にならないのにいいのかな〜〜〜????

今日は風も無く暖か。
運河を歩いて暗譜せねば!
Songbirdsの ♬Oberon♬ あ〜〜〜 難しい! ドイツ語だよ!
Music-present で来月唱う予定の  Sans toi mamie を今月唱え!とすみれさんが曲目にいれた!
暗譜せねば! フランス語だよ!
人気のない運河土手で唱いながら歩く。
でも チビコに影響されて野鳥が気になる。
ゆったり水面に群れる鴨,オオサギ、枯れ木に群れる小さな小鳥は? きっとチビコが教えてくれるだろう。

 
野鳥をデジカメするのは難しい。遠くの小鳥をズームしても上手く行かない。
ヤ〜〜メタ! と足下を見ると工事用のポ−ルに数本の釘?
よく見ると蓑虫。時代に乗った蓑虫。逞しい蓑虫!





  

Posted by jun1940 at 18:07Comments(0)音楽

2017年01月22日

琵琶演奏会&日本三景

このところ実に和風な生活。
1月14日 新春邦楽舞台始め「琵琶楽名流大会」
鈴木洲漣さんから招待状を頂き、家族3人で東京証券ホールへ。

素晴しい緞帳。

正午開演の前に証券会館のレストランでランチ。
激辛の美味しいカレーで神経を刺激。

正午から五時間半 素晴しい琵琶の語りで歴史の世界に引き込まれる。
楽器と言葉の間、と緩急に心をこういう風に表現するのか! と。
無形文化財の「人間国宝」はもとより、選りすぐられた琵琶奏者の舞台始めに5時間半に退屈することはなかった。
最年少の若い女子大生の素晴しい語りとバチさばきが蘇る。そして若い世代に受け継がれて行く安心感。
邦楽に浸る一日だった。

和風その二はシャモジ。
中野のKさんがご夫婦で厳島を旅し、お土産に下さったシャモジ。


junjunに御利益があるようにとの温かい心配り。さっそく使い始め! 御利益で健やかな一年になりますように!Kさんありがとうごさいます。毎日愛用させて頂きます。

和風その三は酒。
昨夕〒パックから電話:着払いの荷物ですが。
junjun: 品物はなにですか?
〒バック:酒です。金額は....。 受け取り拒否も出来ますが。
こんなやりとりで ?????
依頼主が娘だったので、聞いていないが受け取ることにした。
それでも不信で娘に慣れないi-phoneでmailすると、言っておくの忘れていたとのこと。一件落着。

京都府宮津市の酒屋。


昨夜は海の幸の日。日本酒に合う食卓。
丹後の宮津&天の橋立を懐かしく思い出しながら。
子供の頃橋立の海で泳ぎを覚えた、橋立の内海の町岩滝にあった母に実家に泊ると機の音が響いていたことなど遠い日々を思い出す。丹後縮緬の土地である。
しかしこの酒のラベルは甲殻機動隊とか言うアニメとコラボの商品。
時代の流れそのもの。
益々流れる時代に溺れないように浮いていきたいものだ。






  

Posted by jun1940 at 10:56Comments(0)音楽family

2017年01月12日

常陸太田の松飾り仕舞

2017.1.10 松飾りのお仕舞は暦ではまだだが、気にしない!急遽常陸太田へ走ることにした。
明るい日射しの中を左に筑波山を眺めながら田舎道を走る。
途中こだわりの蕎店「田なべ」でランチ。
田畑の中の一軒家のような風景。駐車場は店の裏庭。
ロウバイが満開。


先客のペアーが広い和室で寛いでいる。
玄関など数カ所に油絵がかけてある。なんとなく身内の画家の作品の感じ。

ガラス容器入りの説明付きそばのサンプル、綿の実、ベニバナ、稲の束... 店主のこだわりが伝わって来る。
「おすすめ蕎膳」は蕎の前に野菜の煮物。


壁の張り紙に「蕎の命は5分、豪快にたべるべし」とある。
シコシコ美味しい歯ごたえを味わいながら豪快に頂く。
以前から気になっていた蕎麦屋だった。

常陸太田は暮に掃除をしたばかりでまだすっきりしている。
真っ赤な紅葉が目を惹く。

4日朝 TVで「水戸で椿が咲いた」と報じている。庭の椿も咲いている。
赤もピンクも咲いている。


この時期の色モノといえば梔の実のはず!
沢山付いていた筈なのに赤が目に入らない。小鳥が食べてしまったらしい。
今年はどうしたことだろう?


流山在住の蝶の蒐集家木村勇之介さんが1000種類に登るタイの蝶の本を出版されたので立ち寄ることにした。ヒマラヤ、カナダ始め日本の山々を一緒に連れて行って頂いたご夫婦。
お嬢様の木村弓さんは素敵な音楽家。
昔話は近況で時間を忘れる。
お庭に蝶を飼ってらっしゃいましたね?  とお聴きすると最近は庭に蝶が来ないとのこと。
そして 「南に生息していた蝶がよく目に付くようになった... 自然の変化でしょうね。」と。

一泊の往復だったが、遠い旅をしたような充実感!


  

Posted by jun1940 at 10:18Comments(0)常陸太田の庭

2017年01月05日

カケス⇒ヒヨドリ

チビコが帰って行ったあとも、なんとなくチビコのムードが溢れている。
昨日も焼いたパンを切りながら、サンドイッチ作って車の中で食べたら?と言うと大喜びで作り始めたチビコの姿を思い出す。
生ハム! ジャム! バター! 好きな具材を楽しそうに入れて自分で作ったサンドイッチ。


3日は平常に戻らねば!
秋頃から携帯が不調。終に秋葉原でゲット。
娘にオンブにダッコの買い物 はi-phone。
意味が分かるようで分らない若いスタッフと娘の会話をひたすら聴いているだけの買い物&契約。


分らないたって、カヴァーくらいは自力で選択。真っ赤なノート型に決定。
とりあえず e-mail と c-mail が出来ないと活動に支障を来す。
夜も昼もi-phone ! 練習に親しい友達や兄弟に 「あいほんげっと」とmailするのがやっとのこと。
PCも 携帯もローマ字入力だから、難しい。
「一年かかるよ」という人、「一ヶ月かかるよ」という人様々。「教わるより慣れろ」と返信あり。
電車の中で画面操作に余念のない人々を少々軽視していたが、今ではあの素早い指さばきに驚嘆するばかり。

♬そのうちなんとかな〜〜〜るだ〜〜〜ろ〜〜さ♬



庭の柿の木にりんごを刺した。
野鳥がやってくるが、カメラを向けると飛び立ってしまう。
やっとゲットしたのはヒヨドリかな?
自然の姿にほっとする。

チビコからメールがきた「バアバのブログの鳥はヒヨドリだよ!」と。
もちろんすぐ訂正。
「ちびこさんありがとうね。」

  

Posted by jun1940 at 11:47Comments(0)family

2017年01月04日

2016常陸太田の大晦日

大晦日の朝は分厚い氷に大喜び!


常陸太田の名物「いずみやのうどん」でランチしてお岩神社へ向う。

樹齢500年の三本杉。
お掃除も完了した清らかなお岩神社は思いのほか若者が目立つ。杖を持ち「歩くぞ〜」スタイルの参拝者!
日本一の霊感スポットになったらしい。



人形の紙で浄めたい箇所を拭き浄めてお祓いの池に流す... これは出羽三山の湯殿山でのお祓いと同じだ!
水面に映る杉木立と青空に中に浮かぶ白い人形が神代の空間に吸い込まれるようだ。

お岩神社の近くに名水がある。おいしいお豆腐屋は閉まっていて残念。
持参したポリタンクで名水を汲む。
2つの蛇口に次々と人が並ぶ。

帰宅後畑へ野菜を採りに行く。姪のミオちゃんが拘りの農産物を作っているので「採っていいよ」を有難く頂戴している。

霜が降りている風景は朝の風景。

4時ごろ 義弟4が甥2人と来宅。9人で乾杯はワイン。
Ms-義弟4が夕食準備して待っているからと3人は水戸に戻る。

お魚センターでげっとした生蕎と海の幸山の幸で年越し。除夜の鐘は待てずにダウン。

2017元朝参りは馬場八幡様。

朝食後3台の車で流山に再集合。

我家の氏神様は諏訪神社。静かな神社の急階段を登る。神殿の寄付者名簿にある姑の名に一緒にお詣りした頃を思い出す。


ジジババはのんびり田舎の一般道を流山に向うが、甘くはなかった!
常陸太田の外れの静神社で渋滞に巻き込まれた。交通整理していても渋滞は渋滞。

いつも素通りする佐竹寺にお詣り。徳川家に押されてひっそり佇む誇り高い佐竹寺。

御神籤には「運気盛んにして事をなすによいけれど万事細やかに気をつけて...」つまり脇目もふらずにやれば何事も成功する〜ということだ。元気を出してまた帰途につく。

さて笠間を抜ける愛用のルートは驚異的な渋滞。
笠間稲荷の参拝者でいつもの道は車進入禁止。ぐるぐる周り道してなんとか筑波山の坂道。
筑波学園都市を抜けて水海道に入り休憩。
振り返ると筑波山がくっきり!


流山には既に2台が到着していた。
あらためて良き新年の「御目出度う乾杯」で祝う。
そして夜は百人一首で脳トレ。

  

Posted by jun1940 at 09:56Comments(0)常陸太田の庭family

2017年01月03日

2016.常陸太田の暮1

12.28 夫と常陸太田に向う。
一息ついて大掃除。
蔓延る蔓桔梗を取り除くと紫の花が現れた。キチジョウソウ(吉祥草)。お目出度い花。大歓迎!


庭の氏神様のところに赤い実。ヒャクリョウ? 鳥が運んできたのだろうか? これまた大歓迎!


12.29 昼前に「常陸太田に入った!」とチビコのメール。息子2一家が到着。
鳥に夢中のチビコ。ミカンを木に刺し、野鳥を待つ昼下がり。ジョウビタキがやって来て感激している。
ヒヨドリ、ムクドリ、次々と飛来。

夕暮れに娘到着。6人で焼き肉。

息子1は大分県。間もなく転勤かも?... とセッセと九州旅をしている。
    これもまた好し!

夕食後は百人一首。数枚覚えたチビコは熱が入る。回を重ねる度に獲得枚数が増える。
読み手はトットさん(息子2)のi-phoneにダウンロードした音声百人一首。

12.30 大掃除で見つけた一円box。チビコが数えて「どうしようか?」「郵便局で両替?」と悩む。


晦日と思えない暖かな日差し。6人で墓参し、源氏川walk,& birdwaching。
青鷺、白鷺、様々な野鳥探しながら、助さんの寺「正宗寺」へ。

池に知らない鳥を見つけたらしく、父娘が戻って来ない。

寺の周りに穂綿が今にも飛びそうにふくれあがっている蒲。

快晴にセンダンの実たわわ!


午後は日立の海の近くのお魚センター。
震災で閉鎖してからしばらく訪れなかったセンター。
昔通りの賑わいに、蛤、甘エビ、サーモン... 種々ゲット。
チビコに蛸を茹でると赤くなるのを見せたくて、生の蛸一匹ゲット。
蛤はお嫁ちゃんの酒蒸しが絶品!常陸太田の酒「久慈の山」タップリ注いで酒蒸し。

海の幸の夜。
食器はバラバラだけれども、震災時に幸運にも壊れなかったものばかり。


  

Posted by jun1940 at 11:18Comments(0)常陸太田の庭family