さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年05月04日

東京は白山の友

GW3日 すみれさんと白山の友訪問。
柏や流山の私たちにすると とにかく大都会のどお真ん中。
地図と携帯ナビで目的地に向う。
見つけたマンションは入口は? オズオズ近づくと壁が動く。
部屋番号をinput。「いらっしゃ〜い」の声でまたドアらしきものが開く。
人っこ一人いないビルの中。
操られるようにエレベーター。目的階でドアが開くと友が待っていてくれた。
異次元に入り込んだすみれさんとjunjun。
機能的間取り、近代的器機のお住まい。
3時間程積もり積もった話の種。
美味しいケーキとカフェラテを頂きながら。カフェラテも器械が作る!


丸い器機に命令すると、掃除機が動く、照明が点滅、TVがつく... 異次元の部屋。


コーヒーの後にアフリカのお茶を頂く。


体調を整える薬用にも春ヘルシーなお茶とのこと。
帰り際に筍の水煮を頂く。
大都会の真ん中のロボットのいる部屋で 「筍の水煮」を頂く... ギャップに心がほころぶ。
4日今日は頂いた筍を庭の山椒の芽 と煮付けた。
昨日の想い出とともに不思議な美味しさ!


  

Posted by jun1940 at 20:29Comments(0)諸事

2018年03月04日

プラド美術館展&ブリュ−ゲル展

春の陽気に乗って上野へ出かけた。
プラド美術館展とブリューゲル展が目的。


読売新聞でもらった招待券。
日曜日でもあり、長蛇の行列を怖れていた。待つことなく入場。
落ち着いて観賞。
学生の美術研修に付いていったのと、夫と個人旅行で訪れたプラド美術館。
懐かしい絵画を想い出とともに観賞。
ベラスケスも良いが、好きなのは穏やかなMurillo のマリアの絵だが、残念ながら展示無し。
タップリ時間を費やし、ランチ。
公園は沢山の人出。
やっと順番が来て、美味しいランチ。


食後は都美術館でブリューゲル展。
辿り着く前に芸大生のテントに引っ掛かった。
テントの中でソプラノ二人とピアニストの演奏♪
大好きな「ある朝...」で始まる日本歌曲に釘付。


そしてスワロスキー ですよ!と美しい装飾品のテントに立ち止まり、娘はネックレス、私はイヤリングゲット。デパート等では一桁違うそうだとのこと。
展示会の案内をもらったが、一桁違えば手がでないに違いない。

ブリューゲル展も込み合わず、ゆったりと観賞。
プラド展の迫力から、ぐ〜〜〜っと寛いで観賞。
気づいたら4時過ぎ。
まだ温かい日射しのなかを駅に向う。


今日は一度も花をデジカメしていなかった。
やっと見つけた梅の花。





  

Posted by jun1940 at 20:34Comments(0)諸事

2018年01月05日

長年の友:Olivetti, Oxford & etc

長年の友に辞書がある。自宅の棚にも常陸太田の棚にも。
常陸太田の棚を整理することにした。
田舎へ持ち込んだ仕事の愛用書籍。
暮に資料等ボロボロのモノは庭で煙と化した。
今日は古紙、古書回収日。
持ち帰った辞書類をだすことにした。 「ダンシャリ」と言いながら未練あり。
ついデジカメしてしまった。デジカメしたらblog-upしたくなった。


研究社の英和大辞典は皮表紙。学生の分際で贅沢したものだ。
OxfordのEnglish-English Dictionaryはしっかりした表紙がビクともしない。


どちらも友達と神田で書店を見て回り、夢を膨らませて重い辞書を持ち帰ったのだった。
大学のキャンパス内の寮に入っていたので神田は結構遠かった。
街全体が書店。指定テキストが英語だと英語専門の店や古本屋で探して回った。
学生している〜 と楽しんだ週末。
雑木林の中にある津田塾大学はバスか西武線で国分寺に出て東京へ出かけた。
東京の大学だとおもったが、恐ろしく何も無い田舎だった。故郷舞鶴よりおそろしく田舎だった。
雑木林と桑畑と玉川上水の土地。
上野文化会館でアンコールを聴くと帰れなくなる所だった。

校舎⇒図書館⇒寮 のみの日々。
そして安保闘争の時代である。

構内の売店でポータブルのタイプライターが3万¥で売られるというので飛びついた。
スイス製の「ヘルメスベイビー」だったとおもう。
卒業後も使っていたら、壊れてしまった。妹が使っていたOlivettiを譲ってくれた。



何十年後? インクリボンが手に入らなくなった。もうタイプライターの時代は終わったのだ。
ワープロになり、それも壊れ、昭和の終わり頃パソコンを使うようになった。
大きな宇宙的な可愛らしいi-mac 。そのMacも今は3台目。

お正月に孫がタイプライターを見たいというので物置から出してきた。
お話や映画に出て来るのだろう。
インクがカスカスで文字がはっきりしないが、お友達に手紙をかいていた。
「あげるよ」にキラリと笑顔。両親に「ダメダメ」だされ、孫とバアバはショボン。
タイプライターのダンシャリは不成功。
Kさんがシャーロックホームズにはまっている... ヤッター!
「あるよ、あるよ」と押し付ける。「絶対に返さないでね」と念を押す。
「Agatha Christie なら原書も訳書もあるよ」と誘ったが、読んでしまったそうだ。
ダンシャリまたも不成功。


  

Posted by jun1940 at 10:37Comments(0)諸事

2016年05月24日

オケ合わせ⇒ホウバ開花⇒エコー通過

22(日曜日)緊張するマタイ49のピアノ、サックス初合わせ。
フルートをサックスで演奏。ソプラノを歌っている時も、歌っていない時もフルート(サックス)の音が常に頭の中に流れているように!... と太田先生の注意。「Ifそれが出来ないと...」「Ifそれが出来れば...」と...


歌い出しから e,f,g... が続く。とにかく高音が出ること、拍をずらさないこと... 緊張で迎えた合わせ。
サックスは瀬川先生、ピアノは有紀先生。太田先生に指揮してもらったので拍をズレることなく練習。
ギターの北村先生も加わり4人の先生達があれこれ話し合って作り上げていくBach!
こんな贅沢なレッスンってありだろうか!
3人の音楽が合うあの心地良さ!
有難う!先生達!
興奮覚めやらず、23日のエコー検査のための薬服用してもなおあのアンサンブルの一時が頭の中でくり返し繰り返し♬♪♩
23日明けてもまだBachモード。エコー予約は5時。 とにかく歩く。古墳の森を歩く。
ホウバの大樹が森には沢山あるが、花が見えるのは2本のみ。
赤い大きな実になりかけているいるものもある。



ホウノキは木彫りによく使った馴染みの木材。彫り易い材質の感触が蘇る。
昔鎌倉彫を習っていた。小物はいいが、次第に大きな作品になると塗り代がバカにならない。一月の非常勤講師のペイでは追いつかなくなって、普通の木彫りに変更した。
一通り作ってこれも卒業。去年刀と砥石一式息子2にゆずり、名実共に卒業。


ホウノキに両手で寄りかかり気をもらう。
そして足下に目を落とすと深紅の蛇苺や一面のニワゼキショウ。


エコーは5時予約。腎臓その他の臓器や血管が次々映るpc画面をベッドに横になったままで見て説明を受ける。
癌その他の異状なし!
長い長い異種の緊張の中に過ごした2日間だった。


  

Posted by jun1940 at 10:02Comments(0)諸事

2016年05月24日

オケ合わせ⇒ホウバ開花⇒エコー通過

22(日曜日)緊張するマタイ49のピアノ、サックス初合わせ。
フルートをサックスで演奏。ソプラノを歌っている時も、歌っていない時もフルート(サックス)の音が常に頭の中に流れているように!... と太田先生の注意。「Ifそれが出来ないと...」「Ifそれが出来れば...」と...


歌い出しから e,f,g... が続く。とにかく高音が出ること、拍をずらさないこと... 緊張で迎えた合わせ。
サックスは瀬川先生、ピアノは有紀先生。太田先生に指揮してもらったので拍をズレることなく練習。
ギターの北村先生も加わり4人の先生達があれこれ話し合って作り上げていくBach!
こんな贅沢なレッスンってありだろうか!
3人の音楽が合うあの心地良さ!
有難う!先生達!
興奮覚めやらず、23日のエコー検査のための薬服用してもなおあのアンサンブルの一時が頭の中でくり返し繰り返し♬♪♩
23日明けてもまだBachモード。エコー予約は5時。 とにかく歩く。古墳の森を歩く。
ホウバの大樹が森には沢山あるが、花が見えるのは2本のみ。
赤い大きな実になりかけているいるものもある。



ホウノキは木彫りによく使った馴染みの木材。彫り易い材質の感触が蘇る。
昔鎌倉彫を習っていた。小物はいいが、次第に大きな作品になると塗り代がバカにならない。一月の非常勤講師のペイでは追いつかなくなって、普通の木彫りに変更した。
一通り作ってこれも卒業。去年刀と砥石一式息子2にゆずり、名実共に卒業。


ホウノキに両手で寄りかかり気をもらう。
そして足下に目を落とすと深紅の蛇苺の一面のニワゼキショウ。


エコーは5時予約。腎臓その他の臓器や血管が映るpc画面をベッドに横になったままで見て説明を受ける。
癌その他の異状なし!
長い長い異種の緊張の中に過ごした2日間だった。


  

Posted by jun1940 at 10:00Comments(0)諸事

2015年10月26日

訪問者

昨日は厳しいレッスン。
27日のクリニックコンサートで歌うソロの「サムソンとデリラ」、すみれさんとのデュエット「ゆかいに歩けば」のピアノ合わせ。
レッスン前に思いがけないギターの先生や仲間の来訪でお喋りしているに歌う心構えが違う方向に飛んでしまった。
「思いがけないハプニングがあっても冷静に歌えなければいけない!」と予期せぬ状態でどのようになったか分析されると余計にハチャメチャになる。
リコーダーは思い通りに吹くことができた。
声の方が繊細だと解った。

今日は冷静に在宅で明日の準備。
ベランダに訪問者。三角の目にちいさな黒い目玉がある訪問者。

暖かい陽だまりを楽しんでいる。

カマキリに別れを告げPCに向うとココにも訪問者。
これはあまり歓迎したくないし、近づきになりたくないので早早にお引き取りねがった。

  

Posted by jun1940 at 11:29Comments(0)諸事

2015年08月06日

能講座&我孫子手賀沼花火大会

連日の熱暑。流山市からの熱射病、熱中症、... 種々の警報で携帯で受信。
エアコンの居間に長時間過ごすと体調が狂って来る。だから高齢者には危険かもしれないが出かける。
誘われるとツイツイOKしてしまう。
8/1 千駄ヶ谷の津田ホールの小部屋で友人の能楽師:杉澤陽子さんの能楽講座に出席。
偶然にも唐事「王照君」を取り上げているので興味津々。


目下 サムソンとデリラのアリア「我が心はあなたの声で開かれる」を声楽で練習中。
絶世の美女の王照君、西施、貂蝉、楊貴妃などの話もあり、権力者、勇者を虜にする美女をいかに表現するか?
聖書の世界も唐の世界も歴史はにた事を残している。
「溢れる感情、それを感情を露にしない能のように表現してみろ」と課題を出されているのでGood-timing!



センスや襟の色、面の向きで変える表情のお話に聴き入った3時間。
オシャレなお裁縫道具は瞬時の衣装付け替えに大活躍。
着付けも興味深かった。

4時過ぎに千駄ヶ谷を出て柏でottoと合流。
歌友のチッコロさんに手賀沼花火大会招待券を頂いたのだ。
特等席は椅子座席。北柏から2k程歩き。
持ち込んだ軽食と招待券に付いているおつまみと飲み物で、日没を待つ。
5カ所の打ち上げ地点を全望できる。13000発以上の大花火大会。


デジカメ画像では感激は1/100も表せないのが残念。
チッコロさんがfacebookに動画でアップ。
やはり動画にかぎる〜〜〜!... と引っ込んでしまったが、アップすることにした。

  

Posted by jun1940 at 09:49Comments(0)諸事

2014年12月02日

'14.11.30 越谷産業フェスタ

越谷産業フェスタに出展の付番をする娘についてドライブ&car-naviーtry。
広大な敷地と体育館など屋内の展示物やイヴェント。
大々的なエヴェントと人出に圧倒される。


農産物、精密器機、IT関連、葬儀社 ... 何でも有りの展示とブース。
この辺はお狩り場だったので葱や大釜の汁物... 

付番の娘から離れ、うろうろ〜〜〜〜

先ずはPolaさんの「腕のエステは如何?」に座り込む。
「白いですね」と言われ、もしかしたら髪かもしれないのに悦にいりエステ。



テントの売店でクワイに目星を付けてあったので、大きな袋のクワイを2袋ゲット。
無農薬のテントでマーマレード用のオレンジゲット。

畳の上敷は2枚予約取り置き。

風船はいかにもフェスtィヴァル

柵の周りに長い列。きっと楽しいことだろうと一応並んでみた。
Wao~~~~!
ハーレーの試乗会ではないか!
列を見れば、親子連れやカップル! 残念ながらバアさん1人で占拠するのは控えることにした。

公園でしばしフェスタの喧噪から離れる。

e.m. Foster のタイトルに 'Far from the Madding Croud' というのがあったな〜と学生時代や武蔵野を思い出す。

館内にもどるとロボット2機が人間の動きに合わせて作動していた。

1:00 offになった娘と麺類に並ぶが列が長過ぎる。
隣のマグロ丼をゲット。サービスにマグロのトロをボッタリと追加。
ベンチは満員。車の中でマグロ丼ランチ。

結局 Car-naviは 動かない。「この前動いたのに!」
帰宅してから調べたら、電源への差込が甘かった!.... 全く初歩的ミステイク。

一休みして夜は松戸へ ♫マタイ受難曲の初回練習♫



  

Posted by jun1940 at 10:43Comments(0)諸事

2012年06月12日

wireless mouse 電池交換

発表会終わり翌10日 柏合唱際
明響で参加。モツレク:Dies irae とLacrymosa 
飯守泰次郎先生のモツレクから高宮モツレクに微妙に変えながらの練習。
つい飯守ムードで歌い隣のJさんに注意されたりもする。
来年黒岩マエストロで演奏会の予定。きっとまた 別の色合いになることだろう。
これまた 楽し! 合唱際などで小出しに歌っているのだ。

今回は会場誘導係。たまにはお役も引き受けねばとOKした。
会場、練習会場、会場、... 仲間の車でアチコチ移動。時間の合間にモツレク歌った感じ。
終了後は連盟の打ち上げにMs団長と参加。
同じ音楽会ではあるが前日と全く別世界の一日。
各団の指導者や評論家先生のお話に耳を傾けるが聴き取れない。合唱指導者や評論家先生の声が聞き取りにくいのは私の常々の疑問の1つでもある。
老化? 隣の若目の人に聞いても聴き取れないとのこと。老化でないと判明。

昨日12日 衣装の洗濯や後始末、夜はスメタナホールでの演奏旅行にむけてのドヴォルザーク「スタバト」の練習で東京。
さすが本日は花観察をキャンセル。
PCを立ち上げるとマウスの形が出て「電池残量少々」と警告。
wireless は便利だが電池交換が面倒。単純な作業だが、覚えられないからEveryting Mac を開く。Mac の解説書である。ページを探し、交換の手順に従う。
Wireless Mouse はApple Magic Mouse の名称であることを今になって知る。
Magicなんて なんで?magicなら電池不要にしてもらいたいものだ。
キーボード は Apple Wireless Keyboard と書いてある。
筋を通したい私としては???? と作業が停止する。
マウスは最初の Imac はいかにもMouse の形だったが、二台目、三台目のimac はmouse(ねずみ)の雰囲気ではないので、??? となるのだ。
ブチクサしながら電池交換無事完了。気のせいか、カーソルが軽い気がする。
次回の取り替えには手順は忘れているだろう。

  

Posted by jun1940 at 09:56Comments(0)諸事