さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年10月10日

Home-Doc:定期検診

歩いてHome-Doc. 毎月の検診。
生活習慣病は歩いて健康管理。往復8000歩。
この生活を維持せよと。
朝食後一錠服用を3週間分処方される。
血糖値とコレステロール管理の薬。
薬局で100kcalのカレーをゲット。先月試したら結構良かった。
出来合の食品は滅多に食べないが、薬局で販売しているのだから... と言い訳してゲット。(手抜き料理に)


今日のオマケはこのカレーだけでなく、帰途に古墳の森で見つけたクサギに似た木の実。

運河で見るクサギに似てるが、全く別もの。

クサギは
何だろう?  と花仲間に写メすると、答えが返って来た。
やまさん曰く「ゴンズイ」と。
ルンルン気分で森を抜けようとすると、携帯メール。
しばらく逢わなかった故郷の友からだ!
ルンルンルン.... 気分よくmessage-mailに近況を書き綴って送信したら字数超過で拒絶された。
短縮すると心残りで不満が広がる。
贅沢はイケナイ。
本日はオマケが3つも授かったのだから。  

Posted by jun1940 at 17:56Comments(0)自然の姿古墳の森健康管理

2017年09月05日

乳癌術後3年精密検査

08/22 検査日。術後3年の検査を前にして一ヶ月ほど前から声に不調を感じ始めた。
仲間にいつもと同じ声だと言われても喉の不調を感じる。
熱無し、咳無し。
エアコン? 深夜の外気? ... 原因考えては対処しても悪化するばかり。
検査後、益々悪化。先週終に話し声も出しづらくなった。
気分転換せねば!

9/01 楽しみしていた名無し会。グランドヒル市ヶ谷で8人集合。
美味しいコースを頂き、話題は年齢相応に広がりすっかり声不調も忘れる一時。


とにかく寛ぐ仲間。十年以上 野山を一緒に歩いてきたから、東舞鶴高等学校の同級生だから...
また逢う日まで元気でいたいと思う仲間。
常連に2人欠けたのは淋しいことこの上も無い。そろって逢いたい仲間。
夕方から雨予報。次回を期して、降る前に解散。

9/02
声不調は変わらず。精密検査の結果は9/04。「喉、声帯への転移なら数値で現れる筈」と言い聞かせるが、万一伝染性の病なら仲間に迷惑かける... 。
我慢できずHome-Dr. の診察をうける。
「風邪」... 伝染しない、歌ってもかまわない。 
喉を温め清潔にするウガイ方法を教わり7日分の薬をもらう。
癌センターの医師だった先生、「エコーかけよう」と言われるかと思っていたが「風邪」と軽く診断。

9/03 Lesson。太田先生に喉を使わない発生を教わる。
   難しい! 下げて歌う、背中で歌う、口をはっきり動かす...
   何時迄も歌いたい。「声がでなくなったらリコーダーで歌う」と♬エリカ♬と♬たまゆら♬で宣言し   たが、やはり歌いたい、自分の声で歌いたい。

9/04 癌センター。

「異状なし」... なんと心地良い響きだろう!
センターの前には東大のキャンパスが広がる。
林の中に大きな樹が天に向かって沢山枝を伸ばしている。
いつもこの樹に「異常なかったよ!」と幹にてを添えて声に出す。

帰宅後血液検査の表の文字をネットで確認していると気のゆるみ。ドット疲労感に襲われた。

42項目。 知ってどうなる? 異状なしならそれでいいじゃないか?

9/05 快晴。さあ! 3年目の出発だ!
   2Fのベランダにのぼってきたゴウヤの花。
   飛んで来たのか登って来たのか?カマキリの子供。2人の孫の瞳と重なる。
   バアバは出発するんだからね!



 
  

Posted by jun1940 at 11:01Comments(0)健康管理乳癌

2017年07月14日

千葉大学柏の葉鍼灸院で鍼初体験

終に鍼!
予約 11:00。
早めに到着。研究林をブラブラ。


徐々に近づき、薬草園ブラブラ。
ムベ とホップ。 ムベの花は何時だろう?


ジリジリ焼け付くような暑さ。
東洋医学研究所の前のアンティチョークは花もあれば種もある。


時間だ!

落ち着かず、東洋医学の生薬や器具をデジカメしながら呼び出しを待つ。


初めてだから、ゆるく施術して下さるとのこと。
聴かれるままにお話ししているうちに既に24本ほど鍼が刺された様子。
さらに 背中、肩、首... 
そして温灸 とマッサージ。
躯が楽になった気がしてくる。
2〜3日様子をみて☎することになった。
術後は激しい運動禁物。
静かに在宅。
痛さに起きることもなく夜があけた。
初体験というものは緊張するものだ。



  

Posted by jun1940 at 11:20Comments(0)健康管理

2017年07月06日

千葉大の鍼灸院で巨大アザミ

終に身体が硬くて眠れない。柔軟体操では追いつかない。


千葉大学柏の葉キャンパスにある東洋医学研究所に電話。
11:00~11:30 予約ゲット。
車で10分。
千葉大、東大、癌研究センター、その他国立の研究所が立ち並ぶ一角。
駐車場の廻りは研究林、畑、研究所。
ヤマナシが実っている。

小さな実が豊作。どんな味? いつか手入れしている研究員に聴いてみよう。
秋には彼らがギンナンを収穫していた。売店で売って研究費に当てるのだそうだ。

東洋医学研究所は漢方薬と各種施療の為のもの?
ハーブ園があり、ネームプレートが付いているから良く解る。
玄関前のプランターに巨大なアザミが沢山開花。


iphoneが13cmだから24〜5cm以上の半径。

30分マッサージを受け、軽くなった。気分よくなり受付さんに巨大アザミの名前を尋ねる。
「あっ!どわすれした。今流行の食べられる食材...。薬剤師さんに尋ねてみる...。」
巨大アザミは「アンティチョーク」。
だるほど研究所のプランターにあるのも当然。ハーブ。食用。
蕾を食するらしい。


受付さんとのおしゃべりついでに、治療の話。 鍼のほうが効果が長持ちするとのこと。
来週の予約をとった。



  

Posted by jun1940 at 09:57Comments(0)山と植物健康管理

2017年06月18日

抜糸後ゆっくり平常生活

6/13 抜糸前に名無し会。non−アルコールで乾杯。
24人参加。女性は6人。
諸事情を抱えながら、参加出来るものはhappy!
遠くは沖縄、京都。
元気な姿にまた逢えた!
来年も逢おう....
話に夢中になりすっかりデジカメせず。 これもまた好し。

体調維持に毎日歩く。自分の足で歩いて出かけねば!
歩いて美しいものを楽しむ。薔薇が美しい。ブーゲンビリアも深紅。


年中花がさくゼラニウム


カタバミは雑草。除草忘れに花。


垣根の梔が甘く香る。


午後のレッスンに持って行こう。甘い香りを深呼吸すれば声がでるかも。
♬さくらんぼの実るころ♬ ♬O der mio amato ben♬ を練習中。
さくらんぼ~ はシャンソン。語りとリズムが難しいが、一度歌ってみたかった曲。
O der~は先生のカリキュラムに組み込まれているらしい。
バロックではなく、ロマン派。この違いを教わりながらレッスン。
アンサンブルのブレッツア ではロシア曲。
昔昔買ったロシア語講座のテキストを出してみた。1962年四月購入と書き込み。
故郷舞鶴はナホトカと姉妹都市。ロシア語を始める人がいた。
それでは私も... と。
もちろん続かなかったが、テキストは捨てないでいた。




  

Posted by jun1940 at 11:53Comments(0)健康管理

2017年06月10日

琵琶茶

歌友のお庭の琵琶を頂いた。
女流琵琶師の洲漣さんから琵琶をいただいた。


「葉は要らない?」
「葉も食べるの?」
「食べないけど痛いところに貼ると治ると言われてるよ」
... 葉も頂いて来た。
痛い? 治療中は歯だが、まさか歯に貼る訳にいかないし、今の所痛みはない。

昨日9日は超音波検査。肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、大動脈検査。
癌もポリープも無し。

検査異常なしだったが、心配なことは声。
歯の手術後、口を動かさないので思うように歌えない。声も出なくなった。
声楽のレッスンで歯も口内も動かさない発声法を教わったが、今迄のような歌い方は出来ない。
声がでなくなったら?... 胸キュン。
洲漣さんにいただいた琵琶の実は食べてしまったが、葉は御利益がありそうで残してある。
声帯に貼るのは不可能。
琵琶茶にしよう!
ネットで検索。
癌、花粉症、その他いろいろ効能が記されている。
レシピにしたがって、葉の裏面の毛を奇麗に磨き取り、挟みで切り、フライパンで焙じた。


カラカラになった。

パックに入れて煎じた。
紅茶色。


花粉症の家族にも効きますように!
娘が同僚から舟和のくずもちを頂いて来た。
とろりとした黒密でいただいた。
琵琶茶と黒密... 喉によいだろう。 きっと良いに違いない!
信じるものが勝ち。  

Posted by jun1940 at 21:28Comments(0)健康管理

2017年05月26日

歯の手術

5/25 調子の悪かった左下奥歯の手術。
歯を抜いて奇麗に治療して元に戻す。自分の歯でいられる最後の手段とか。
一時間半、3人の先生の連係プレイ。
術後すぐ抗生物質と鎮痛剤を服用して帰宅。
安静に過ごした一夜。
痛まなければ鎮痛剤は使わないようにといわれたが、一夜明けても痛みなし。
今朝 診察と消毒。奇麗に治まっているので、次回は一週間後。

森にはチシマザサが開花し実がついてる。周囲の開花した笹は枯れてしまっている。


金襴も実

白い花が咲いていたアオダモも実


蛇苺

柚子の花

一週間まえに取り溜めた古墳公園の写真を取り出してみた。

   

Posted by jun1940 at 18:49Comments(0)自然の姿健康管理

2016年07月07日

Maintenance & オルガンの会

Concert後は自分の姿に現実を知る。
右乳房全摘と歳で身体が歪んでいるのだ。横からの姿が特にそれを教えてくれる。
稲毛の治療院に通っていたが、往復4時間以上は辛い。同病の歌友に東洋医学研究所を紹介された。

7/5 
朝 10分程車で走り、柏の葉キャンパスの千葉大へ。薬草園などの農園が広がる高原のような風景。マッサージを受けて少し身をほぐしてもらった。
気分よくなり12:00〜の練習に参加したが、ホグレた身体でフワフワ睡魔が襲う。

7/6 期日前の投票を済ませ、梅郷へオルガンの会。
拘りのサンドイッチ店に立寄、9人分ゲット。

musicの前に腹ごしらえ 
先月あった 教会のバザーでのConcertの録音で皆さんの演奏を聴く。
さてM U S I C開始 はorganistのカンちゃんがオルガンで全パート弾き始める♬ 

すると次々と手が伸びて他の楽器パートを引き継ぎ参加。


あらあら私もフルートだ! リコーダーだ! と音だし開始。


Bach数曲トライ。
そして Organistが持ち込んだFrancのクリスマス用の曲にみんな魅せられ、次のトライ♬

2〜3回繰り返すと何となく様になって来る。
ホッとして休憩 
音楽、社会事情、海外への貴重品をいかに安全に贈るか? ホヤホヤのオバアちゃんのお目出に紅茶で乾杯!... 終わることのない会話に 不思議な音が参加。


どちらもYoungが持って来た。チベットの鐘。広がる不思議な響きを聴きながら瞑想するらしい。
黄色い衣を着た僧侶のチベット寺院を思い出す。
他の一つは邪気を払う音叉。水晶の固まりで叩く。聴いているうちに身が清らかになったかな?
これは G? A? と...。 誰かがピアノを叩いた。どっちだったかな?
用事のある人を送り出し、あとはいろいろ歌ったり弾いたり。



あ〜 musicな一日だった♬

ms.jazz = Lady-ワーゲンの「小さな花」。メロディーしかない楽譜にアドリブや左の和音を入れるのだから信じられないスキル。


  

Posted by jun1940 at 06:41Comments(0)健康管理

2015年10月25日

リハビリ順調&ブービー賞

車とストックで何とか日常をこなせるようになった。
骨折患者本人より落ち込み、暗い方にばかり向いていた夫は徐々に元気を取り戻して来た。
なんで私が叱咤激励するねん!... と納得出来ないのだが。
「カミサンが骨折して」を理由にあれこれキャンセルしていたが、安心したのか外に向いだした。
向いだしたら楽しい。連日のように外に向う。
久々にゴルフに向った。
そして大きなパッポウスチロールの保冷箱を持ち帰った。


高級豚肉スライスだ。
箱もデジカメしようとすると、それは止めろと言う。
止めろといわれたら止めたくない。
「ブービー賞」の豚肉スライス。
旨味充満の美味しい生姜焼きになった。
ブービー豚肉に赤ワインで乾杯!
あまりブービー、ブービーと乾杯したら「次回は牛肉取って来る。」と公言。

参加賞は世話人さんちの「つくばピーナッツ」


そうだ、いつの間にやら新豆のシーズンだ。  

Posted by jun1940 at 08:52Comments(0)健康管理

2015年10月22日

リハビリ driving & cooking

10/17 に運転OKが出た。
晴れた日から始めよう! 1k程のスーパーにtry!
自分で好きな時にスーパーに買い物に行けるのは何と幸せなことか!
昨日 オルガンの会に誘われて5〜6k のお宅にdrive。
生意気にも最寄り駅(運河の次)で友人2人ピックアップ。
ゆるりゆるりの安全運転。
今日は休んでいたアンサンブルエリカへ50分かけて出席。
バスと電車を2度乗り換えて歩いて会場に行けば、きっと今夜は足が腫れていた事だろう。
身体の痛みは全くなかったが、国道16号は手に汗を握った。
安全運転は何度も何度も追い越されて、実に恐ろしかったので、復路は裏道のノンビリ道で時間をかけることにした。

出かける事ばかりかいているが、台所も真面目にこなし始めた。
家族の為でもあるが自分の体調管理でもある。

先日習志野の道の駅でおかしなネーミングの大豆製品をゲットした。

湯で戻して調理すると肉料理に似た物ができた。



「牛肉みたいな肉らしい豆な親父」は美味しい牛丼になったので「ニクラシイマメなオヤジ!」と連発しながら3人で乾杯。


「肉らしい豆な姑」はキャベツをふんだんに加えてヘルシーは豚肉炒めになった。
これは「美味しいわね」としか連発しないで乾杯。
2ヶ月近くの変則的な食生活を戻さねば!

急に寒くなったので、明日は放りっぱなしの衣料の整理をせねば!
放りっぱなしというか、出来なかったことに各種手続きがある。
最近は本人確認などが面倒で、その内〜と放っておいたら期限切れになったりしたものもある。
近場のものから一つ一つ整理していかねばならい。
自転車はまだ恐ろしくて乗れない。
車で行けるところから!  

Posted by jun1940 at 22:03Comments(0)健康管理

2015年10月08日

市内循環グリーンバスでBach-Lesson

市営の循環バスの乗り場が家の近くにあるので時間を確認。ゆっくり歩いて10分弱。


東武野田線江戸川台駅⇒ 柏 このルートならほとんど歩かなくてよい。
ザックを背負ってストックついて「山ババア」スタイルでリハビリルート拡張しよう。
Lessonは柏駅徒歩1分のMusic-Cafe-Line。

Bach研究会は4人の生徒と見学1人。先生はBachオタク。
Bachと数、譜面の解釈、音程と人間の心理... 質問すればそれだけ深く広く解説が発展。
ワンフレーズ歌ってはあれこれ質問され,解ったような解らないような。
ノリ乗りの先生の授業運びに生徒もノリ乗りに乗せられ、時間は30分以上延長。

Bachのあとは私の個人レッスン。
サムソンとデリラ「あなたの声に私の心は開く」
あれ! 持って来た筈の楽譜がない!
うろ覚えの暗譜で見切り発車。
持って来た、ザックに入れて来た... 惚けの妄想かしら?
高齢者は骨折して惚けが始まるのだ。
気が動顛してくる... リズムに乗れない ... やっぱり惚けにちがいない!

「ボクのピアノが悪いのかな? んん〜 それじゃアカペラにしましょう。」
真剣な顔をコチラに向けて、「はいどうぞ」と指をパチンとならして ... よけいに歌えないじゃないか!
サンザンな状態で熱くなったり青くなったりしているところに携帯の呼び出し音!
「ごめんなさい、junjunの楽譜持って来ちゃった!」とMMさん。
あ〜 よかった、惚けじゃなかった。勉強不足だっただけ。

翌日 6日は藤丸先生のSong-birdsの練習日。
会場は馬橋。
遠いのだがムーちゃんの「送迎するから」という好意に甘えて door to doorで参加。
MMさんもメンバー。前日のサムソンとデリラの楽譜を受け取る。
そしてオマケに「骨によいからどうぞ」と海産物の醤油漬け材料を頂いてしまった。
帰宅後さっそく袋からだして佃煮作り。
せっせと食べて骨にします。
MMさんかえってお気遣いありがとう。

  

Posted by jun1940 at 08:49Comments(0)健康管理

2015年10月05日

骨折のリハビリはウオークから

腰痛もなんとか治まった。こんなに太陽を浴びないでいたら骨も弱くなる。
先ずは玄関先の陽だまりで日光浴 ⇒ 「松葉杖付きながら100mゆっくり歩いて休憩」
疲れ具合を見ながら回数と距離を伸ばす。
昨日はポカポカ陽気に誘われて運河土手を500mばかり。数分の距離なのに...
自転車がきたら立ち止まりやり過ごす、ランニングの姿をみたら又立ち止まる。
一時間近くかけてやっと1780歩。
運河は秋。
黄花コスモス 

私を植物観察の世界に誘ってくれた月一回発行の「花通信」に最初に載せた花はクサギ。秋に天に飛び立ちそうなクサギの実... あ〜 今年も秋を迎えてクサギに逢えた!

次の日曜日に結婚式を挙げる姪がいる。ミズヒキソウもゲット。名古屋まで行けないのでミズヒキソウに心を託す。


休憩中に携帯の呼び出し音 ♪♪♪
チビコさんの勇ましい姿。鎌倉の流鏑馬。弓を引いている姿。


  

Posted by jun1940 at 10:19Comments(0)健康管理

2015年09月28日

杖1本で復帰開始はレッスン

9/27の運勢は「平常の活動に戻る」と出た。
練習会場迄娘が送ってくれるというので活動開始。
ギブスが外れ、外出許可ゲットだからと、練習出席を知らせると、仲間がSurprise!
以前ご一緒していた大先輩のお声掛かりで我孫子の宇田川の鰻ランチの会が用意されていた。
私の席も予約済み...!!!!!
特上鰻重ご馳走するから...と娘に宇田川迄送迎快諾させ、食後は柏のお教室へ直送。

お教室は2F。先生やすみれさんが荷物を持って下さるのでご好意に甘えて無事入室。
心配した声は久々でも何とか出た!
サムソンとデリラを思いっきり歌う。相変わらぬ厳しい諸注意を受けるのも至福の時間。
帰途は松葉杖代りの山行きのストックで電車に乗ってみたくて、買い物済ませた娘におおたかの森でピックアップしてもらう。


帰宅に合わせたかのように、古墳の森に中秋の名月が登り始める!
御来光を拝む気分!
「お月様〜 歌ってきましたよ〜〜〜!」


お月見&復帰祝。
アルコールは控えてレモンネードに氷を浮かせる。新鮮野菜はオクラの花にオカカと常陸太田の梅醤油。


月見団子の代りに月見プリンはモンブラン。

そのうちに自力で、自分の足で歩いて行くから。
自分の足、自分の両足で歩いて行くから... でも焦らない、絶対に焦らないんだ!

  

Posted by jun1940 at 10:30Comments(2)健康管理

2015年09月18日

松葉杖で両足の練習

「両足に均等に体重をかける」というのは非常に難しい。
自然に右足を庇い、返って左足や体全体に負荷がかかる。

雨続きの合間に青空が覗き、「空が真っ赤に燃えて奇麗だよ〜〜!」と二階から主夫の声。
臀部でずりずり、両手でよいしょ,よいしょと身体を持ち上げて二階へ登った時には、夕焼けは終わりかけていた。

ここ数日、左に疲労が出てきた。骨折した右足は痛くないのに、左足の裏や甲が痛く、腫れている。
湿布をグルグル貼っていたら、3日目に痛みも、腫もとれた。

焦るな〜、焦るな〜... と言い聞かせる。

家の中だけの生活で読書&音楽三昧... 優雅に響くが、「これだけでは退屈だ」と贅沢も言ってみる。

折よく、娘が同僚から沢山栗を頂いて来た。
一日かけてお姫様のお料理。


美味しい甘露にになりました。  

Posted by jun1940 at 16:30Comments(0)健康管理

2015年09月06日

ギブス用のサンダル、おいしいパン、& CD

怪我や病で自分が思いがけずたくさんの優しさに恵まれているかが身にしみる。
9/12 ギブス生活3週間。
     検診予約。X線結果「ズレが起きてないから、ツキマショウカ?」.... は〜ッ?
     両足均等に体重かけて立って!  ... 右庇うし、高さが(靴の)違うから難しいです。



Drはサンダルみたいな履物を用意させ、ギブスに着け「松葉杖使って両足に同じように体重かけて歩いて〜
3週間左足だけ使っていたので、恐怖もあり、右足を床に着けるのは至って難しい。
診察室で体重の掛け方練習。


やがて何とか4本足歩行できるようになり、思わず「あの〜 外出してトレイニングした方が〜」と言いかけると、Drは無言で「何を言うんだこのばあさんは!」の反応。
「はい、安静に在宅...」と少々悪びれて反応する。
9/26 ギブス外しましょう! やったー! ... 
後3週間もある、 いやいや、(それはいけない)。⇒ 3週間で良いのだ!

8時前に家をでて、11時ごろ帰宅。介護人の方が疲れ果てている様子。
元気を出して、彼は午後 紀尾井ホールへコンサートに出かけた。

そして大きな袋に大きなパンを友達から頂いて来た。軽井沢の美味しいパンらしい。


午後は電話やメール。
すみれさんから音源CDが届いた。
11月のLine Christmas Concert の音源。
太田先生がパーティー全体をConcertのようにアレンジしてくださった音源と楽譜。
各種楽器教室と声楽教室の全員に出番があるように組んでくださったものだ。
リコーダー、ヴォカリーズ、ソロ、デユエット... での自分の出番にカラーペンでマークしてみる。
沢山の弟子達をよくこんなに上手く組み込んだものだ! と先生の演出、気配りに驚く。
すみれさんから届いた = junjun しっかり暗譜せよ  ということだ。
3週間しかないギブス生活だ、大いに有効利用せねば。

この機会にi-Pad mini やってみない? という勧めもあるのだが... これは店まで行けるようになってからのお預けにしよう。
あ〜、普通に歩けるようになったら、何から手をつけようか! ... あせるな、あせるな!  

Posted by jun1940 at 14:45Comments(1)健康管理

2015年09月02日

8/31骨折後初外出は癌センター

家の中では松葉杖、両手、膝、左足、臀部... 使えるものは全て活用し何とか日常生活。
8/31 は術後一年の検査結果面談。
 玄関から道路に出る段差が恐ろしい。
夫の手助けで乗車。癌センターの玄関前で下車。車は駐車場へ。
さすが癌センター... 車椅子用のバリアフリー。
扉の前で早めに開く??? 親切な方がセンサーのところでドアを開いて待っていて下さる。
そして更に先のドアも開いて待っていて下さる。
慣れない松葉杖を見てヴォランティアーのお助けマンが車椅子を持って来て下さり、PCで受信手続きもして下さった。 感謝感謝。
駐車してきた夫に押してもらって外来へ エレヴェーターで上がる。

怖れていた検査結果!
異状なし ⇒ このママ治療継続
「骨の強度は普通」 骨強化に付いては整形外科の医師の指示に従うべし。  了解


ギブスの安静な生活のお友達
ラジオ、レコーダー、CD, 電話(子器)、携帯...  一階の和室に移って10日で周りがにぎやか。

次々と長電話をするのは初体験。
ラジオはCD,レコーダー、録音... 種々機能付にしておいてよかった!
文明の利器のお友達。

もう1つお友達はムーニーちゃんのクリーナー

入浴禁止。シャワーも控えねばならない。
浴室はもちろん、洗面所で片足で立っているのは恐ろしい。
娘が ムーニーちゃんのクリーナーを買って来た。
赤ちゃん用のクリーナーだから 高齢者にも優しい筈だ...と。
大事な友になっている。

昨夜はお助けマンに鮭のムニエルを焼かせた。
「スモークサーモンを生鮮コーナーでゲット」を命じたら、「解んないよ〜」と生鮭をゲット。
私なら少し躊躇したかも! 立派な生鮭3切れゲットし、「焼けばいいんだろう」と答える。
不用意に焼くのは折角りっぱな鮭がもったいないでしょう....!
傍で口うるさく指示し、ムニエル完成!
私はノンアルコールで乾杯!
  

Posted by jun1940 at 11:10Comments(2)健康管理

2015年08月24日

右足首骨折

全くバカなことをした。
いつも手摺近くを降りるのに、真ん中を降りた。
いつも足下を注意するのに、目前の電光掲示板にめをヤッタとたん!
一段踏み外した。
貧血も無く痛みはあるが歩き方で何とかなるのでそのまま出かけた。
我慢出来ない痛みじゃないが次第に腫れて来た... 捻挫?
湿布薬をゲット。店頭で早速貼り、帰宅。
翌日 午前中 高齢者講習会で自動車教習所。痴呆、判断力、... 検査。
年齢の割に好成績... と喜んじゃ居られなかった。
午後整形外科で「骨折」と診断。ズレがないので手術不要。

フェマーラ服用で骨が弱くなったのでしょうか?... 関係ないでしょう。若い男の子が結構骨折しますよ。

ギブス&松葉杖。
車で来たのですが?.... ダメですよ。
夫に歩いて来てもらい以後可哀想な病人生活。



安静にしろと言う人有り、極力動けという人有り、助言は様々。
「貴女も骨折したのね。命があるじゃない、歌えるじゃない! 治るんじゃない!」と心強い先輩の励まし。
人の痛みが解るし、人が優しくなるよ... と。
松葉杖付きながら教壇に立ち続けたと彼女は言う。  

Posted by jun1940 at 10:18Comments(2)健康管理

2015年07月18日

お野菜を頂いた

地震や台風... 目まぐるしい地球。
断続的な豪雨の合間に雨装備で昨日は3回目の稲毛のバランス治療院。
頸椎と脊椎の何カ所か骨がズレているのを治してもらっている。
自転車の乗り降り、立ち座りに痛みが消えた。でもまだまだらしい。
歩けない、歌えない... の「~ない」が重なるのは避けたいと心底願う。
8月は一年経過の検査検査...  無事通過したら、また稲毛に通おう!

Home-doctor と食生活を含む日常生活を正しく継続すると約束した。
娘が同僚から新鮮野菜を沢山頂いて来た。  ゴーヤ、カボチャ、キュウリ、トマト、青じそ...

母上様が野菜作りなさっていて、食べきれないから〜 と頻繁に頂いて来るのだ。
有難いことこの上無し!

早速食卓に。「新鮮」を軽視し、煮過ぎたカボチャは煮崩れしたが、美味しさには変わり無し。





  

Posted by jun1940 at 11:15Comments(0)健康管理

2015年05月30日

体重管理怠っていた!

体重管理を怠っていた。
歌っては美味しいもの、聴いては美味しいもの... 当然4k上昇していた。
加えて朝食後のwalkを止めていた。
古墳の森のmorning-walkだ。
花のない季節。 地面の穴が気になる。


もぐらかな? 蟻かな? どんな生き物が地下の世界にすんでいるのだろう?
奇麗に青く光る虫も地下からでてきたのかな?

不思議な抜け殻のようなものは何だろう? 卵? 小鳥の巣?

森のwalkは不思議が満ちている。怠らずあるこう!

体重管理に欠かせない野菜サラダ。
洲漣さんに紫タマネギを頂き毎回スライスで頂く。


「洲漣」とは琵琶奏者としての名前、つまり錦心流の名取りなのだ。
琵琶を弾き、語りする彼女は我が合唱仲間。ボランティアー仲間でもある。
忙しい彼女は家庭菜園で野菜を育て、収穫物をみんなにくださるのだ。
頂くものは野菜だけではない。
6/21 琵琶楽演奏大会のチケットを頂いた。娘と聴きにいくよていだ。




  

Posted by jun1940 at 09:39Comments(0)健康管理

2015年03月16日

春なのに一喜一憂

この冬 鼻から喉にかけて異物感が気になっていた。
朝鼻血が出ることもある。食にも呼吸にも歌にもなんら支障はなかった。もちろん体調は良い。
ところが一週間前声が掠れて来た。
これは大変!
歌仲間のバリトン氏がポリープで休んでいることもあり、心配になった。恐ろしくなった。
ポリープか転移か?

3/3 Home-drに駆け込む。
駐車場満車で奥の難しいところしか空がなく,切り返しを重ねて何とか駐車。

乳癌の時は診察後すぐ「多分乳癌と思うがエコーをかけてみましょう...」となった日を思い出す。
症状の説明をするとDrは「忙しくしているんでしょう?」など、言いながら紙に頭部の断面図を描き始めた。「鼻から入った花粉がこの辺で...」と説明し、
「心身疲労と花粉症でしょう。15分下さい...」と。

別室で舌下錠を入れ待機。
15分後 診察室。「治ったでしょう?」... なるほど治っていた。

つまり私の症状は花粉症だったのだ。
花粉注意報が連日だされ、花粉症のottoは泣きの涙で暮らしている。
私のは喉に取り憑かれたのだ。
「ぬるま湯を時々飲むこと、のんびりすること」と注意され無罪放免。

緊張がいっきに消え、駐車時に起きた腰通が現実味を持って来たのは帰宅後。
身体が痛くて動かせない... むかし何度も経験した腰痛。
外科、整形外科、内科、... 何処へ言っても骨の写真をみて「よく使いましたね。あるいて筋肉でささえられるようにしましょう。」
それで歩き始めて山歩きにが始まった。
もう腰痛はないと思っていたのに!

練習はキャンセルし、ゴロリと痛みをこらえて寝ているだけ。
今朝少し楽になる。
胡蝶蘭がひらいているのに気がついた。


COOPの抽選券が溜ったのでottoに頼んだ。
私は大抵ポケットティッシュ。引き出しに一杯になっている。

たぶんティッシュよ... と言ったが珍しく実のあるものをゲットしてきた。

これからは抽選会はottoに頼むことにしよう!











  

Posted by jun1940 at 11:38Comments(0)健康管理