さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年12月22日

19.12.21.たまゆらMusic-Present& 夜home-Concert

♬たまゆら♬ 都内のHome で Music-Present。
ホールに歓迎の掲示。


舞台setting。


流れに沿って声出し開始。響き確認。


Homeの美味しいランチを頂く。


久しぶりに全員で記念撮影。


White0Christmas でopening


junjunがAve-Mariaを歌い、チッコロさんに引き継ぎ ⇒ Medrey.
そしてすみれさん&nisshiのソロで会場を魅了する。


みなさまと声を合わせて楽しむ一時。


終演後、美味しいケーキと飲み物。

有り難うございました。
声をかけて下さり、Concertの場を作ってくれたChikkoroさん ありがとうございました。

4時に辞し、帰途。
パプア—ニューギニアから一時帰国した息子1と鎌倉在の息子2一家、そして娘の大集合。
息子1の家族はインフルで山口。早い快復を願う。

食後は息子1が学生時代吹いたテナーサックスで大騒ぎ♬
孫娘が組み立てて吹き始める。「音が出る! 天才だ!」と大騒ぎ。


サンタ色の息子1が応援。


息子2も吹き始める。大音楽会♬


22日 先程鎌倉に帰って行った息子2。しばらくして引き返してきた。
「サックス一週間借りて行く!」
時間がない中学生。車中で一週間なら...と親の許可が出たらしい。
嬉しそうに積み込んだ!
  

Posted by jun1940 at 13:34Comments(0)familyたまゆら

2019年12月20日

19.12.20:たまゆら 木下リヴィアンデールで X'mas-Concert

19.12.20. たまゆら 木下リヴィアンデールさんでX'mas-Concert。
1時集合。
いつもの様に控え室で小道具&衣装 確認。

カメラ向けて4人カシャ!


会場へ移動。スタッフさんたちが出し物のリハ。
セラピーdogちゃんにご挨拶。
介護の役割を担うDog!


White-Christmas で Opening。
会場満員のお客様で、歌いながら入場は無理。嬉しい無理!
舞台に並んでOpening♬


早速 junjunの Ave Mria。


そしてクリスマス—メドレー♬

皆様と一緒に♬


大失敗!
デジカメをスタッフさんにお願いしていたのだが、「バッテリー切れで少ししか撮れませんでした」!
なんとしたことか!

明日も本番。
充電しておかねば!
残念 残念!  

Posted by jun1940 at 17:19Comments(0)たまゆら

2019年12月14日

19.12.13 たまゆら:アビリティーズ柏へX'mas-Music-Present

前回の本番は体調不良で不参加。メンバーに迷惑かけてしまった。
健康第一と肝に銘じて精進。
19.12.13:アビリティーズ柏で Christmas-Concert
玄関の掲示「たまゆら」のお知らせ確認してChristmas-mood!


控え室で予定 & 持ち寄った小道具確認。

お買い物上手なすみれさんとnisshiが 百金でゴッソリゲットし、大きな袋を抱えてきた。

会場のレストランにはお客様がお食事なさってるので音だし遠慮していると「皆様Concertにいらしているので歌ってください」とスタッフさんからお声が掛かる。


舞台横に大きなTree! サンタクロース大のTree!



控え室に戻り衣装をつけ時間待ち。
 ♬White Christmas ♬ 歌いながら入場。 舞台に揃って再度歌う。


さっそく junjunのAve Maria 大好きなグノーの歌。

頭の赤いものはトナカイの角。リボンではない。

Christmas Medley
3人で歌い途中フルートとリコーダーを入れる。


ソロはすみれさんの ♬忘れな草♬
nisshiの ♬禁じられた音楽♬
会場をウットリさせるソロ 2曲。


そして皆様とご一緒にうたいましょう!


♬冬の夜♬ を歌い終わると明治生まれの方が「新潟生まれで、懐かしい夜の風景」だととても喜んでお話してくださった。囲炉裏の蕎で縄をなわれた雪国のお話だった。
詞から客席と会話が生まれ、広がっていくは楽しい事。
皆様とお話していくうちに心の繋がりが幾重にも伸びていくから。
「ありがとうございました、来年またおあいしましょう!」
ご挨拶後、今回はピアノ、フルート、ケーナー、リコーダーで演奏し皆様を送り出そうと計画した。
ところがスタッフさんに車椅子で運ばれる人以外はそのまま聴いていてくださるのだ。
「◎◎さ〜〜ん、○がきていますよ〜」と呼ばれても「いいのよ!」と笑ったまま。
予定外の成り行き。
もっと楽器練習しておきましょう! ということになった。


着替え済ませ、レストランで美味しいアンミツを御馳走になる。
ありがとうございました!
  

Posted by jun1940 at 09:58Comments(0)たまゆら

2019年10月11日

19.10.11 たまゆら:アビリティーズ柏へMusic-Present

台風前日の今日。道路渋滞を読んで早めに出たら、早く着き過ぎた。
皆集まり、準備♬。
Opening は ♬小さな木の実♬ ご挨拶して ♬広い河の岸辺♬


先日の会場と同じプログラムだが、雰囲気は会場それぞれの個性があるから不思議だ。

♬かやの木山の♬ 説明にマイク渡され1喋り。昔取ったキネズカ で喋っているうちに落ち着く。


sumire & junjun の二重唱は ♬秋の歌♬


師匠に厳しく指導を受けた後なので緊張しながら一気に歌う。

みんなで歌いましょうは2曲。そしてnisshi とsumire のソロ。
両人乗り乗りのブラボー!


♬ビア樽ポルカ♬ の後、sop & alt  リコーダー説明。


楽しく歌い継ぐうちに時間が来てしまう。
皆様ありがとうございました!


クリスマスに再会!
待っていて下さいね!
嵐の前の楽しい一時だった!
帰途スーパーは棚が空 空。
ガソリンスタンドも終了してしまっていた。
どうか 無事に台風が過ぎ去りますように!
  

Posted by jun1940 at 18:24Comments(0)たまゆら

2019年10月04日

たまゆらMusic-present at リヴィアンデール

暑い8〜9月はお休みしていた ♬たまゆら♬ music-present 再開。
柏のリヴィアンデールさんで歌う。


素敵な掲示に出迎えて頂き、力んでしまったかもしれない。
♬小さな木の実♬ で Opening。
♬広い河の岸辺♬ イントロ の alt-リコーダー で気分入れて、3重唱。

初めて人前で歌う ♬かやの木山の♬ はやはり緊張する。
暗譜した筈だのに!

二重唱の ♬秋の歌♬ でホッとする。




nisshiの ♬イヨマンテ♬ 乗り乗り! Pianistも乗り乗りで♬ ア〜〜ア〜〜〜♬と弾きながら歌った!
sumireの ♬愛の小径♬ 気持はいってた! 凄いな〜〜〜!

反省、反省!
  

Posted by jun1940 at 18:15Comments(0)たまゆら

2019年09月08日

第一回歌の会

歌仲間で「歌の会」を開くことになった。
ヴォランテイアーで施設や病院のロビーで歌っているのだが、「自分の好きな曲を歌おう!」ということになった。
いつもと異なる緊張。
各自2曲歌う。junjunは 山田耕筰の「かやの木山の」とグノーの「アヴェ マリア」
明日は太田先生にピアノ合わせを見てもらう。
昨夜娘がチラシを作ってくれた。
仲間にmailで添付。
便利な文明の利器。


ぜひ応援よろしくおねがいします。  

Posted by jun1940 at 09:19Comments(0)たまゆら

2019年07月27日

19.7.26たまゆら:アビリティーズ柏でSummer-Concert

アビリティーズ柏でConcertだ!
時間余裕をもって12:10 出発。
驚いた!R16が渋滞。
一時間も掛かってしまった。
駐車場にNisshiが心配して待ってる。控え室では2人が「もう!心配したんだから!」と。
本当に御免なさい。
急いで着替え開場に間に合った!素敵なポスターの待つ会場へ。


舞台間際迄沢山のお客様。


Openingに続いては楽器を入れ「ナポリは恋人」


今回は語りをユックリ そしてハッキリに注意して。 そしてSummertimeを歌う、子守唄になるように。



打ち合わせのないメンバー紹介を始めたすみれさん。
pianist石渡:沈着冷静
Nisshi :天真爛漫
junjun: 不言実行
Sumire:大器晩成
ビックリしながらメンバーは乗り乗り気分。
「ビア樽ポルカ」は楽しく益々乗って〜〜〜♬


「カンパ〜〜〜い」ではフルートでは乾杯に不十分なのかペットボトル持ち出すすみれさん。


あっという間の一時間。
お名残惜しいけれど、「何かリクエストが〜〜〜」と聴くSumireさん。
アンコールの中に「永遠の花」をもう一度〜〜〜 。嬉しいリクエストだった。


終演後お茶を頂き、お近くにお住まいのHさんも交えて歓談。
お馴染みのお客様からお取り寄せの御銘菓を頂く。ありがとうございます。


12月迄の2回のお約束をする。
楽しく歌わせて頂きありがとうございました。
秋にまたお会いしましょう!  

Posted by jun1940 at 08:12Comments(0)たまゆら

2019年07月14日

190713:たまゆら♬ハミング♬でSummerconcert

13日 今日もSummer-Concertはハミングさんで。
到着早早 Stuffさんからホールのピアノの調律完了を知らされる。
ヴォランテイィアーさんの娘さんが調律学校生。資格取得したが、まだ学生。
彼女から調律も申し出でがあり、たまゆらのconcertに逢わせて昨日調律してくださったのだ。
ハミングさんも私たちも大喜び。
なかでも石渡Pianistは即ピアノに向い、音色を入念に楽しんでいる。


声出で、会場の立ち位置、音響チェック。
衣装つけてConcert-mood充満。


ホール一杯のお客様は100人近くOpeningを待っていて下さる。
お馴染みさんたちにサインを送りながら入場、Openingは「2人はポリホニー」


迎えて下さる笑顔と暖かいまなざしで「さあ、うたいますよ〜〜〜」の気が充満して来る。

「ナポリは恋人」でフルート&リコーダーと歌。
フニクリフニクラ は手拍子で乗り乗り。


ソロは「禁じられた音楽」「Summertime」「忘れな草」


「ビア樽ポルカ」は笛も声も心底楽しめた。


アンコールはロッシーニ「猫の二重唱」... ビールで酔っぱらった猫ヴァージョン。


ヴォランテイアーの会の方々、ご近所さん、ご家族さん、付き添いさん... 皆さんの拍手に送られて...

心から楽しんで準備してくださるStuffさん達に感謝感謝。
秋とクリスマスのお約束をして辞す。

石渡Pianistのご子息様に写真をお願いしました。
ありがとうございます。

Facebookでも up しております。 
Junko Ikeda です。ご訪問お待ちしております。

  

Posted by jun1940 at 10:44Comments(0)たまゆら

2019年07月12日

190712 たまゆら:リアンレ—ヴSummer-Concert

たまゆら:リアンレーヴ 1300集合
着替え後、荷物を受付に預け、会場へ。
会場作り開始。
コンセントの位置、舞台...

施設のstuffさんたちがテーブルや椅子、電子ピアノを動かして下さる。

譜面台の位置は?


小道具のチェック!


今回から音楽監督太田賢治先生作詞作曲「2人はポリホニー」で Opening♬


「ナポリは恋人」「フニクリフニクラ」とアンサンブル2曲。


ソロはNisshiの「禁じられた音楽」


久しぶりに「琵琶湖周航の歌」アンサンブルにフルート&リコーダー。

Summertimeは初めて思いっきり語り歌いで出来た。


数曲歌い、「猫の二重唱」をアンコール。

無事 夏ヴァージョン終了。
10 & 12月の予約を入れて辞す。
同じプログラムで あすはHummingさんの予定。
  

Posted by jun1940 at 17:46Comments(0)たまゆら

2019年05月18日

5.17:たまゆら アビリティーズ(千葉柏)母の日Concert

5.17 ♬たまゆら♬ アビリティーズ(千葉柏)で 母の日Concert。
素敵なポスターで迎えられる。


これまでのConcertの写真を入れての温かいポスターに♬たまゆら♬は「うたうよ〜〜〜!」 気分充満。

△の舞台で照明を浴びてOpening。


一年以上♬ウイーン我が夢の町♬ で開幕だが、毎回新鮮で緊張。
♬Over the Rainbow ♬ も導入talk で目で一人一人にご挨拶しているうちに、Pianistさんが静かに前奏を流し始める。 自然に歌い出せるtiming♬


スタッフさんがtalkと歌を動画にしてFacebookに流して下さっていた。
動画は歌だけではなく動き、姿勢の勉強になるから有難い。

反省積るアカペラ♬時計台の鐘♬ は 三度目の正直... 3人は自己満足の世界に入れた。


sumireさんもjunjunもすでに歌っているの声も出し易いが、Pianistさんはこの曲で初めて声出し、しかもアカペラ。
たまゆらの唯一の音大出だからそこはお手もの。彼女の指揮に乗って歌うだけ。

sumire & nisshiのソロ ♬母の教えたまいし歌 &マンマ♬
の後時間にユトリがあるのでtalkを入れて気分転換。




残り時間でアンコール2曲。
皆様と一緒に歌うとホールがm u s i c で充ちる 一体感の一時。
 女学校で歌った歌がうれしかったわ。: 女学校で歌われたおスキな歌は?
 邪魔にならないように歌っていましたのよ :邪魔なんてとんでもない、大きな声でご一緒しましょう
..... 終演ごみなさまにご挨拶方々 お話をして回るのも楽しい一時。

After-Concert はお客様からのプレセントのSweetsと アビリティーズさんからの飲み物でホット一息。



いつも来て下さるお客様で 写真やDVDを焼いて下さる方も交えてしばし歓談。
7月の再訪をお約束し辞す。
   

Posted by jun1940 at 08:46Comments(0)たまゆら

2019年05月13日

19.5.12たまゆら:南柏Mothersで母の日Concert

5.12:
朝 声の調子が気になる。
古墳公園でオゾンを浴びよう! 広場の運動器機で躯をほぐそう!
30分程 もりで過ごす。
金柑の蕾が可愛らしい。


あれっ! 「ミカンの花」も今日の曲目に入っていたかしら?

1:30 Mothers着
いつもの様にホールで音響、立ち位置などチェック。
2:30 衣装を整え、入場。90人以上のお客様。 たまゆら 熱が入って来る。
沢山の顔なじみ様達に目線を送りながら ♬ウイーン我が夢の町♬ でOpening。


日曜日で「母の日」 付き添いや面会のご家族さまの風景は心が温まる。
Talkはゆっくり大きな声でと、当然のことなのについ忘れがちの初歩を前回おしえていただいた。
今回はマイク片手にはっきりゆっくりTalk。


目次は先日のリヴィアンデールと同じだが、倍以上のお客さま。
Over the Rainbow にも一層夢がこもる。


前回の反省でアカペラの ♬時計台の鐘♬ も一応満足。


nisshiはベストを変えて ♬マンマ♬ 熱唱。


♬ローレライ♬ に急遽リコーダーを入れることになり、緊張。


そろそろEndingになるころ、
スタッフさんから「遅れていらした方があるので、何か歌って下さいませんか?」 と嬉しいお申し出。
もちろん快諾。
♬ この道 & 見上げてごらん夜の星♬ 皆様もご一緒に!
付き添いのご家族が手をとり拍子をとり一緒に歌われるとホームの方も歌われる。
そんな風景がチラホラ。
終了しお客様は車椅子で、またご自分でゆっくり退場なさる。
その間 たまゆら はお客様に声をかけてお礼を言う。
Pianistの石渡さんは休むこと無く弾き続け、ときには誰かがピアノの傍で歌ったり。


次はクリスマスシーズンだろうか?

控室でお菓子とお茶を頂きながら,反省とたまゆらの予定確認。
美味しいお菓子のなかで 面白もの Best 2



  

Posted by jun1940 at 08:36Comments(0)たまゆら

2019年04月12日

お客様からDVD

2月の ♬たまゆら-Concert♬ の時の動画をDVDにして贈って下さった。
いつも来て下さっているお客様からの嬉しい贈り物。
仲間で回しあい、junjunの番。
さっそくPCに取り込む。


声、動作、特に目線、表情... 気になることばかり。




仲間の素晴しさに見せられ、「あ〜〜〜!」と自分のマズサに落ち込む。
深くお落ち込んでいると、sumireさんからmail
「師いわく反省はh度程に良いイメージを持って次の本番へ...」と。
だわね~ と気分転換。
玄関のクンシランが笑っている


柿の新芽が笑っている


山椒も「摘んでよね」と笑っている。


カシャカシャデジカメしているとクロネコの車。
景品のビールが届いた。


今夜は乾杯して次回本番に向おう!
  

Posted by jun1940 at 11:10Comments(1)自然の姿たまゆら

2019年04月07日

たまゆら:ハミングさん訪問

4.5 たまゆらは前日練習にいそしむ♬
  「真珠のコラーゲン豊富な伊勢の飴でお肌を...」とニッシーから3人にお土産。

夕食後 真珠のような飴を含み美しいお肌を夢見ていたのだが、真珠のストラップで袋が留めてある!
大きな真珠!
ペンダントにしたくなり、goldの鎖を探す。
ストラップの真珠をはずして鎖に付け替える。


4.6 真珠を首に飾り、ハミングへ走る。
驚いた! すみれさんも同じことをしてきたではないか!
思わぬ利用法に送り主のニッシーは更に驚く。
衣装を着けてデジカメ カシャ!

pianistイッシーも「真珠のストラップもってくるからつくって!」
3人お揃いのアクセサリー... と本番前に盛り上がる。

時間前後するが、着替え前にロビーで音合わせ、立ち位置確認。窓の外は満開の満開の桜。


ホール一杯のお客さまを前に♬たまゆら♬ いつものOpening。


Tennessie Walts を思いっきり語りかけて歌う。客席との一体感が得られると歌に心が入り込む♬


女性3人のアカペラにも慣れてユトリがでてきた。


アンコールも済ませ、「楽しかったわ!」「また来てね!」... 
客席を回りながら嬉しいやり取りは至福の限り。

先週のヴォランティア—交流会でお会いした方々も何人か応援にきてくださった。
有り難うございます。
利根川カッパ村(ヴォランティア名)の方からカッパのハンカチをプレセント。


有難うございます。大事に使わせて頂きます。

そして7日 6時すぎ たまゆらのLineに昨日の動画を受信。


恐る恐る ▷ をクリック。我が歌声に早朝から反省することしきり。
有難くそして恐ろしい文明の利器!
明日はたまゆらの音楽監督 太田賢治先生に女声のアカペラ、ソロのピアノ合わせの指導受ける予定。
  

Posted by jun1940 at 09:25Comments(0)たまゆら

2019年03月31日

'19.3.31 ハミングさんで交流会

介護施設ハミングさんからこ交流会へご招待。
ハミングさんでヴォランティア—をしている人達、40人が参加。
たまゆらの4人そろって参加。
11:45 開会。

各団体や個人の活動の自己紹介。
入所者さんと対話をするヴォランティア、体操指導、お掃除、車椅子移動のお手伝い、入浴お手伝い...
様々なお手伝いがあること、80代〜90代の方々が元気にお手伝いをなさっている!
長い方は20年間続けていらっしゃる...
皆様のお話に驚きと感嘆! 
「たまゆら」はまだまだひよっこ。
「皆様のように清らかな気持で続けなければ!」... とたまゆらは反省&決意。

お話のあとはハミングさんの賄いお料理を頂く。
優しいお味のヘルシーなランチ。何れをいただこうか? 迷いに迷う


皆様とお話をしながらランチを頂く。

石渡さんの提案で歌を歌うことになった。
会場にあるカラオケで「花」を選曲。
いつものように4人は前に並び、「みなさまご一緒に〜」と誘導。
sumireさんは後方に立ち、小節毎に歌詞を誘導。
素敵なお声の方と組むことにして「私アルトつけますから、メロディーお願いします。ハモリましょう!」


楽しい一時、有意義な一時でした。
柏病院の駐車場は満開の桜。
たまゆらは記念撮影。



  

Posted by jun1940 at 21:19Comments(0)たまゆら

2019年03月09日

'19.3.08:たまゆらリヴィアンヴェール柏でConcert

19'3..08 たまゆらリヴィアンヴェール柏でConcert。
ホールにはお雛様と案内板。


控え室で着替え、ホールで調整。


お客様が揃う迄Pianistは 次々と鍵盤を叩き、調節ポタンを操作。
ユーモレスクを弾き始めたので ラララ... と歌うと客席からもメロディーが響き始める。
お嬢様とピアノを弾きますの... とおっしゃる方はもちろん音楽大好き。Concertを楽しみにして下さっているときくと嬉しくなる。
「ね〜きて!」の目線を受け行って見ると「お話できないけど、歌ってるのよ、彼女。涙出しながらうたっているの聴こえるでしょう」ついハグして私もジワ〜〜〜と。
Openingは ♬ウイーン我が夢の町♬


♬赤い屋根の家♬ に続いてjunjunのソロ。
ジャズっぽく歌う太田先生の編曲で Tennessie Walts。
「語れ! 自分の世界観を持って歌え!」 と言われた曲。クラッシックではないリズムの難しさに挑戦。


すみれさんと二重唱「春の唄」は少し慣れてきた。


続いて春のメドレーはニッシーの東北弁「どじょっこ」とすみれさんの「すみれの花咲く頃」など。

アンコールの オーソレミヨ は会場の男声がしっかり歌って下さっていた。「大好きな曲」とか。

温かい拍手に送られ、控え室へ。


いい気分のたまゆらは、ニッシーとすみれさんが撮った動画をline に送信。
歌声も姿勢も 反省、反省。
深く反省して 家路に向うたまゆらでした。
  

Posted by jun1940 at 10:36Comments(0)たまゆら

2019年02月22日

♬たまゆら♬ Music-Present

アヴィリティー柏で Music-Present。
12:30 集合。

先ずは会場の立ち位置や照明チェック。


13:30 いつもの♬ウイーン我が夢の町♬ でOpening。ご挨拶の後は ♬赤い屋根の家♬


気温のせいか、リコーダーが少し違って響く。
引き続いて Cats。

なんども歌っているCats。 思い入れし過ぎて一瞬空白!
それも junjunの歌! ... と勝手に言葉を繋いで歌う。 英語の歌でよかった! 何とでも喋れるから。
sumireさんと ♬春の歌♬をフルートとリコーダーを交えながら二重唱。
初めて舞台に上げるので緊張と楽しみで歌いきる。気がついたら、猫の姿のままだった!


sumireさんの♬菫のお花咲く頃♬ にnisshiと オブリを入れるのも楽しい。


nisshiのソロは♬人知れぬ涙♬


4人のアカペラ♬小さな空♬ 


アンコールを2曲。
終了後はお客様が記念写真を撮って下さった。


美味しいお茶を頂き、次回のお約束をして、お雛様に「さようなら、また参りますね。」とご挨拶。




  

Posted by jun1940 at 22:31Comments(0)たまゆら

2019年01月15日

The First Music-Present in 2019

2019 : Music-Present 開始は ♬たまゆら♬ 
13:25 成田線湖北台 駅で 「レモン」さんの車でPick-up。

オレンジさんや施設に入っていらっしゃる方々が沢山来て下さり、ホールが一杯になるのだが。
今日はインフルエンザのため 10数名のお客様。
皆様の団欒室でat homeな Concert。
お客様は少なくても ♬たまゆら♬ は Power全開。
Pianistの石渡さんが 優しい声で体操を始めると、空気が和む。


Openingは ♬ウイーン我が夢の町♬
そして♬赤い屋根の家♬


これを歌うのは何回目だろう? Catsの ♬Memory♬
説明にも熱が入り、Catになりきれるが、歌い終わると「まだまだ足りない!」と痛感する。


♬春の唄♬はすみれさんと二重唱。


ご存知の方はご一緒に.... と春のメドレー
♬早春賦:どじょっこふなっこ(ニッシー): すみれの花咲く頃(すみれ):花♬




「どじょっこふなっこ」は青森出身のニッシーがお国言葉にもどって熱唱。
「すみれ...」はjunjunがオブリを入れそびれ半分だけ「あ〜あ〜」。
「花」は皆様と一緒に....

♬ 人知れぬ涙♬ の説明でオペラの場面が良く解る。ニッシーのソロ。


♬小さな空♬ は アカペラ。4人で歌う。
そして最後は 太田先生作詞作曲 ♬2人はポリフォニー♬
先生が「たまゆら」の為に作って下さった曲なので、毎回歌うことにしている。


アンコールにいつもの「ふるさと」
♬う〜さ〜ぎ〜おいし〜 ♬
部屋中に声が広がり楽しいThe First Music-Present in 2109 だった。
これからもよろしくお願いします。
   

Posted by jun1940 at 18:10Comments(0)たまゆら

2018年12月25日

'18.12.24:たまゆら♬Music-presentの〆

'18.12.24:♬たまゆら♬:南柏Mothersさんで今年のThe Last Music Present!
いつものメンバーで訪問の予定が、大事なサンタさんが急用で不参加と朝連絡あり。
急遽プログラム調整し Mothersさんへ駆けつける。
なんとかせねば! と3人は緊張気味で入ったロビーに素敵なポスター!
温かく迎えて下さるスタッフさんに感謝し「楽しいChristmas-Concertにしようね!」と誓う。


施設内は将にChristmas!


石渡Pianistはピアノに飾るスカーフを持参し飾る。


立ち位置は2人だからピアノに近くにしよう!
Openingは ♬聖夜♬ 日本語で歌い次にSilent Night... 英語でハモル。
日本語も英語も会場から歌声が響いて来る♬

クリスマスのサンタはきっと赤い屋根の煙突から来るに違いない... と♬赤い屋根の家♬ 
Eveを思いながら 夢を誘うように...


一年を振り返って、と言うよりこれ迄の想い出を振り返りながら ♬ Cats: Memory ♬
客席もスタッフさんもご家族の方々も一緒にmemoryの世界に入って下さるのが伝わり、熱いものがこみ上げる。

しっとりした所で ♬Christmas-Medley♬
賑やかに沢山の人出歌っているように聴かせる太田先生の編曲。これはNisshi が欠けると淋しい!
明るく楽しい賑やかさは出せなくて残念だったが、最後の ♬ White Christmas♬ で挽回。


サンタさんがくるには子供は寝なければ! ♬コサックの子守唄♬
Cats で着たベージュのオーヴァーオールを ペットボトルに巻き 赤ちゃんをダッコする雰囲気に。

「これ私の赤ちゃんよ。赤ちゃんに見えるでしょう?」というとすみれさんが「え〜? 孫でしょう?」

Nisshiの♬誰も寝てはならぬ♬ の差し替えにすみれさんが「春は先ですが...」とTalk。
♬すみれの花♬ を 宝塚風に歌い上げる。 微かに「 あ〜あ〜あ〜」とオブリを入れる。


♬2人はポリフォニー♬ の二重唱で プログラム無事終了。

そして「螢の光:お正月」を皆で歌う。客席に入ってお顔まじかにして歌いかけると心が返って来る。


世田谷から来て下さっている息子さんに幸せそうなお母様が「♬荒れ野のはてに♬を歌って下さってありがとう。ミッションスクールでしたので懐かしく。大好きな歌なのです...」と色々お話。
皆様とお話しするのも楽しい心通う一時。
最後にいつもの ♬故郷♬で さようなら! お元気で! 又お会いしましょう!

控え室でお菓子とお茶を頂く。
今回お勉強したことは「Talkはユックリ、大きな声で。2度繰り返すのも良い。」ということ。
スタッフさんに教えて頂いた。
つい夢中になって喋ってしまう私たち。
曲はカラオケに無いような歌曲、アリア... なんでもよろこんで下さりそうだ。
次回は来年の母の日Concertをお約束。
中庭のトナカイさんにさようなら! 
Merry Christmas!


  

Posted by jun1940 at 12:00Comments(0)たまゆら

2018年12月22日

18.12.21:♬たまゆら♬木下リアンヴェーヴでChristmas-Concert

18.12.21: ♬たまゆら♬ 木下リアンヴェ−ヴ柏 12:30集合
ホールに Christmas-Concertの掲示!


クリスマス色に迎えられ♬たまゆら♬はConcert気分に入ってく。
スタッフさんのハンドベルリーダーと打ち合わせして、衣装を着ける。


会場でハンドベルのリハ。スタッフさんたちご多忙の中、準備はさぞ大変だったことだろう。
デジカメしそびれたが、リーダーさんは可愛いペットのワンちゃんと一緒。
月一でペットとの接触によるヒーリングをなさっているとか。ワンちゃんも介護士さんのお役目だのだ。


ハンドベルによる♬星に願いを & きよしこの夜♬の演奏。たまゆらのコーラスも加わるOpenning。
そして♬たまゆら♬登場。
Silent night,holly night..  2番は日本語で「き〜よ〜し〜〜〜」


サンタさんは赤い屋根の煙突から入って来るんじゃないかしら... などとすみれさんが客席に風景を描かせて、♬赤い屋根の家♬ を3人でハモル。


そしてjunjunのソロはCatsの ♬Memory♬
今宵限りのこの命。場末の野良猫。夜明けとともに新しい命をもらうが、この残りの時間に何を思うでしょう? きっと若く美しかったころ、日の当ることもあった日々、幸せだった日々... などと前置きをして
Midnight... と始める。
他人事だったcatsがいまでは身じかな切なさでjunjunに乗り移る。


高く高く夜空に消えるcatの魂を 明るく楽しいChristmas-Medleyで歌い継ぐ。

数曲のMedley の最後は騒々しく楽しいジングルベルでもりあがる。
そして「こんなに騒いでいたらサンタさんは来ませんよね〜〜〜、子供はめなくっちゃ〜〜〜!」
すみれ&junjunで♬コサックの子守唄♬ 二重唱している間に サンタのnisshiはタキシードに変身。



静かに眠らせる子守唄の後再登場したnisshiは「誰も寝てはならぬ」を熱唱で会場ビックリ。
途中ですみれ&junjunでオブリを二重唱。


「螢の光」や「故郷」そして「お正月」でEnding。
あっという間のConcert。
ありがとうございました!


会場を去り難いお客様とお話を交わすのも温かい一時。
元アナウンサーでいらした素敵なご婦人が大阪出身とわかり、とたんに2人は関西弁に変身。
会場のピアノはお客様のお嬢様が子供の頃使ってらしたとか。
写真のお上手な方は終始カメラ。
すばらしい会場の雰囲気。

控え室で美味しいコーヒーを頂き来年のお約束をして辞す。

  

Posted by jun1940 at 10:22Comments(0)たまゆら

2018年12月05日

♬たまゆら練習♬⇒Gleeful

「忙しく駆け回ってるのね、池ちゃん」とよく言われるが、「そんなに駆け回っていないわよ。」と応じる。
しかし考えてみれば、そうかしら?
12:00~15:00 アミュゼでたまゆらの練習。みっちり歌う。
recorderでとりながら石渡、小山、junjunでアカペラ-トリオを何度か聴いては反省、又歌う.

練習後ピアニストの石渡サンに誘われGleefulへ。一度入りたかった店だと言う。


ワッフルが美味しいらしい。私はコブサラダワッフル。


香ばしく焼きたてのワッフルにサラダがタップリ乗っている、ヘルシー!
夢中で喋りながら頂き、店内見渡す。どうもyoungの来る店のようだ。若い女性客。

レジは? あれ? レジなんて言っちゃ行けない「お勘定場風味の古〜〜い器械」


「え〜ッ? 動くのね。アンティークの飾りかと思った!」「いえ これは売り物です。アンティークの店です。」
壁の装飾を観ながら目をパチクリ。
興味津々のオバさん3人はまた聴く「ねえ、おくの部屋は予約客用?」「いいえ作業室です。」
結局見せて頂くことになった。
外国から買って来た古道具をここで修理して売るのだそうだ。作業中のMasterが手を止めて色々説明。


3人はとっても古〜〜い外国に行ってきた気分になり、帰途。

   

Posted by jun1940 at 18:07Comments(0)たまゆら