さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年11月09日

たまゆら:リアンヴェール柏へMusic-Present

♪たまゆら♪: 初めての施設「リアンヴェール柏」へMusic-Present。
「初めて」というものは緊張するものだ。
1:00 玄関ロビーに集合すると 「た ま ゆ ら」の文字が待ち受けていた。
   これだけのことで「さ〜楽しんで頂こう!」と心に灯がともる。


控え室に荷物を置き、譜面台&楽譜を持って会場へ。
電子ピアノを動かし、響きやピアノの調整、立ち位置など...


soloやメドレーを歌って再度立ち位置調整。

2:00 Openingは いつもの ♪ナポリは恋人♪ でフルート、リコーダー、Vocal...


初めての舞台は不思議と客席との間に隙間がある。
2曲目の ♪太陽がいっぱい♪ で隙間がなくなり、客席とのEye-contactがとれ始める、そして会場の空気が和らぐ。


solo の ♪Annie Laurie♬ に入ると 説明Talk で一体感...


すみれさんとの duet にフルート&リコーダーで ♬小さな木の実♬ で たまゆらムード!


「ご存知のかたはご遠慮なく大きな声で歌いましょう!」
数曲メドレー。


そしてNisshi のソロは ♬君こそ我が心のすべて♬ ... 熱唱そのもの!


♬ウイーン我が心の町♬ に続くのは 最後の曲:太田賢治先生が ♬たまゆら♬ の為に作って下さった
♬2人はポリフォニー♬
歌い終わるとホールが一体となりま〜〜るくグルグル笑顔がグルグル。

驚いた! 無口なPianist石渡サンが グルグルモードを大きな声で破るではないか!
「あ〜ん〜こ〜る!」


ホールは我にかえり 笑い声とともに「あ〜ん〜こ〜る!!!!」
 
♬O sore mio♬ junjun ⇒ すみれ ⇒ Nisshi  と出番とりっこするように歌い継ぐ。
最後はNisshiが 熱く 熱く 「オ〜ソ〜レ ミ〜ヨ〜〜〜〜」


最前列から 「来月待ってますよ!」と。
みなさまとご挨拶して回り、「あ〜 伺ってよかった!」
来月の再訪をお約束して会場を後にする。


玄関ホールでスタッフさんにご挨拶しようとすると、温かいコーヒーとお菓子が面談室に待っていた。
美味しいコーヒーだった。
ありがとうございました。
  

Posted by jun1940 at 18:55Comments(0)たまゆら

2018年10月12日

'18.10.12 Ensembleたまゆら:気まま館でMusic-Present

♪Ensembleたまゆら♪ 気まま館でMusic-Present

12:30 控え室で準備 ⇒ 舞台チェック(立ち位置:照明 &etc)


客席は Tea-room風のtable配置で寛いだ空気。

Openingはいつもの ♪ナポリは恋人♪
<

ニッシーのソロ ♪太陽がいっぱい♪ にalt-recorder とフルートを入れる。


junjunのソロ ♪Annie Laurie♪ 優しい表情のつもりが少々怖い顔になっていた。もっと 優しく!


続いて Sumire & junjun 楽器と歌の二重唱は 2人の大好きな ♪小さな木の実♪


可愛い歌、懐かしい歌を5曲 会場と一緒に楽しむ。
♪赤とんぼ♪ になると客席に涙が浮かんで、それぞれの思いが伝わって来る。
ニッシーのソロ ♪ひばりの 終わりなき旅♪ ではひばりの公演をご覧になっていた方々が想い出話をして下さる。
舞台と会場が一つになって盛り上がる。
♪ウイーン 我が夢の町♪と最後に太田賢治先生作詞作曲♪ふたりはポリフォニー♪ で Ending.

アンコールに応えて ♪オー ソレ ミヨ♪
ニッシーが歌うと見せかけてjunjunが しゃしゃり出て歌い始め、Sumire にバトンタッチ。
最後ニッシーの唱い上げで会場を魅了する。


別れ難い会場のリクエストで ♪ふるさと:赤とんぼ:紅葉:〜〜〜♪ 歌い続ける。
歌いながら客席を回り、ご挨拶~~~


こんなに喜んで頂いて、来春のお約束。
元気で歌っていたい!...
ありがとう!


  

Posted by jun1940 at 18:26Comments(0)たまゆら

2018年10月06日

10/5:♪たまゆら♪れもんさんへMusic-Present

♪たまゆら♪は 「れもん」さんへMusic-present。
湖北駅でお迎え車にpick-up。
控え室で準備整え1Fのホールへ移動。
オレンジさんやアップルさんからのお客様到着を待つ。
スタッフさん入れて40人ほどの満席予定と聴き、歌気分盛り上がる。
石渡Pianist は待つ間も大切に、歌に動作をつけて客席を楽しさで満たす。


他の3人は廊下の端でフルートやリコーダーの調節をしたり、最終打ち合わせ。


いつもの♪ナポリは恋人♪でOpenning!


♪太陽がいっぱい♪はニッシーのソロをリコーダーとフルートが引き継ぐ。


junjunは♪アニー ローリー♪ ソロ。

そして可愛らしい歌、懐かしい歌 5曲メドレー。「ご存知の方は大きな声でうたってくださ〜〜〜イ」


一緒に歌った後はニッシーのソロ ♪終わりなき旅♪ ひばりの歌で会場をシンミリさせる。


後は アンサンブルで♪ウイーン 我が夢の町♪ と♪ふたりはポリフォニー♪
「フタポリ」と呼んでいる ♪ふたりはポロフォニー♪ は指導して下さっている太田賢治先生がたまゆらのために作って下さった曲。一年かけて練習したが若者風でリズムがたまゆらには難易度高く四苦八苦で仕上げた。世界中で たまゆら が初めて歌う 「たまゆらのための曲」

歌えてよかった! と自己満足でending。

アンコールは O sole mio!
sumire の演出で楽しく歌い継ぎ、最後にニッシーが 思いっきりうたいあげる。

皆が拍手、拍手!

夏は暑さで控えていたMusic-present。
久しぶりで歌った。
客席の温かい応答も楽しく、素晴しい午後の一時だった。

成田線湖北駅まで送って頂き、帰途。  

Posted by jun1940 at 18:24Comments(0)たまゆら

2018年10月03日

台風一過:秋はMusic!

古墳の森には枝や木の葉が台風の猛威を思わせる。
しかし、秋!
木犀が香る。森には色とりどり、形や大きさ様々な茸がにぎわう。

2種選ぶとしたら? 
迷った末に「赤い茸 & パウンドケーキのような大きな茸」にした。


午後は柏アミュゼで ♪たまゆら♪ 練習。イタリア古典歌曲の練習に山本さんも加わり練習。


一昨日(月曜日)は前夜の台風で睡眠不足。疲れた躯に疲れた声。
どうなることかと心配したが、今日はみんな体力&声を取り戻した様子。

3時間の練習中、窓に止まってじ〜〜〜っと聴いている昆虫あり。
コツコツガラスを叩いても知らん顔。
奇麗な昆虫。


終了後、拘りの地元野菜の店に立ち寄る。
トマト一袋ゲット。夕食のサラダに。

明後日は♪たまゆら♪の本番。
声のためにも健康が第一。
おやすみなさい


  

Posted by jun1940 at 21:31Comments(0)古墳の森たまゆら

2018年07月14日

たまゆら:ハミングさんへMusic-present

Ensemble♪たまゆら♪は柏市立病院内のハミングさんでMusic-Present。
介護施設の広いロビーでのConcert。
一時間前に集合。声出し、楽器合わせ... 
14:00 開演には満員のお客様。
    施設に入っていらっしゃる方、Day-cerviceの方、付き添いの方など... 
    ロビーは7〜80人のお客様。
スタッフさんに紹介され、openingはいつもの♪ナポリは恋人♪

毎回歌っているのに緊張する。リコーダーの指に変に力が入る。

ニッシーのソロは♪誰も寝てはならぬ♪ 
バッチリ オブリを入れようと緊張する。


続いてjunjunのソロ ♪芽生えてそして♪
すこしユトリが出てきたきがする...

一人一人に目を移し、語りかけると確実にresponce!... 嬉しい瞬間。

♪たまゆら♪の初めてのtryは ♪太陽がいっぱい♪
フルート&リコーダーで入り、2番から ニッシーの歌にリコーダー。
伴奏が良く聴こえるようにピアノの横に立って歌う。


♪砂山:初恋:浜辺の歌:手のひらを太陽に♪
二重唱の♪初恋♪はいつもの調子で歌う。


「ご存知の方はご一緒にどうぞ!」と声をかけているので、客席からの歌声が徐々に増えて来る。

オペレッタ♪メリー ウイドー♪ はすみれ&ニッシの板についた演技。
袖でオブリを入れるのも楽しい。


最後はフルート&リコーダーを入れ、三人で歌う ♪ウイーン 我が故郷♪


アンコールがかかり、♪オー ソレ ミヨ♪ をリクエスト。
バリトンのニッシーはOKと承諾したが、楽譜が無い。
ピアノニストはキーを探して伴奏はじめる。何でも弾いてしまうイッシー。
どうもテナーのキイーだったらしい。「得意な曲なのに...」とニッシーは悔しがる。次回は雪辱歌唱だ!

皆様ありがとうございました。


秋のConcertをお約束し、ハミングさんを辞,猛暑の県道をdrive。
  

Posted by jun1940 at 18:19Comments(0)たまゆら

2018年06月22日

たまゆら:れもんさんへMusic-present

成田線湖北駅で「れもんさん」のお迎え車。
新しい施設のれもんさんは春に初訪問。今回は2度目。
ホールでさっそくsetting開始。
石渡pianistは機会の調節に余念がない。


2時開始と同時に石渡さんはグーチョキパーの体操を指導して観客惹き付ける。
そして いつもの ♪ナポリは恋人♪でOpning♪ フルート、リコーダー&歌。


トリオで ♪赤い屋根の家♪ に続きすみれさんのソロ ♪この道♪ に途中からアルトを入れる。


♪芽生えてそして♪をソロ。終わってから「貴女のあの歌、泣いてしまったわ。」との感想に私が感涙。

伝えたい心が客席に伝わるのは至福の時、「歌って良かった!」と感謝する。

3人で4曲メドレー。

ニッシーのソロは ♪誰も寝てはならぬ♪ すみれさんと2人で il nome~ とオブリを入れる。
最好調のニッシー。


半分の紅い♡を手に演技タップリ歌うのは すみれさんとニッシーの ♪メリーウイドー♪
♪ら〜ら、ら〜らら〜r...♪と陰で歌うと2人は踊りだす。


瞬く間の一時間。 ありがとう〜 のご挨拶。


秋は10月5日の訪問を約束して、湖北まで送って頂く。


  

Posted by jun1940 at 21:39Comments(0)たまゆら

2018年06月16日

♪たまゆら♪meetingは鶏良

反省会&計画相談は鶏良で。
3時間たっぷり練習した後。たまゆらは少々ハイ気分。
途中のYork mart 裏の焼き鳥屋台に釘漬け。
セキレイが店主と仲良くしている。
カメラ向けるとカメラ目線でポーズ。

おじさんのお友達?... 違いますよ。シャッキントリだよ! 
しばし シャッキントリと遊ぶ♪たまゆら♪

meetingは乾杯でOpening.


次々出される美味しい料理。
喋る材料満載でも箸は順調に動く。


6時前で店内は貸し切り状態。遠慮なくmeeting。


歌仲間は声が響くので迷惑になることがあるのだ。

仲間は6&7月の3回の本番のこと、そして今後の希望を語る。
語りだしたら止まらない。
歌いたい歌がそれぞれ満載なのだ。

♪たまゆら♪には「2人はポリフォニー」と題した曲がある。
音楽監督になって下さっている太田賢治先生が ♪たまゆら♪の為に作詞作曲してくださったのだ。
というか、すみれさんが「たまゆらの曲をつくってくださいよ!」と強固に懇願したのだ。
なんとかモノにせねば...と頑張って練習している。
若い先生の曲は唱歌のようにはいかない。
我々の年齢にはリズムが非常に難しい。
ピアニストのイッシーの指導を仰ぎながら四苦八苦。
秋にはまとめたいのだが。









  

Posted by jun1940 at 08:32Comments(0)たまゆら

2018年05月14日

母の日:gave & given presents

南柏マザーズさんから「母の日Concert」にお声がかかる。
♪たまゆら♪ 喜んで ♪母の日 music-present♪に出かける。

素敵なポスターにデジカメ!


開場チェック&リハ。 控え室で衣装に着替えた すみれ&ニッシーは 動きの練習♪


2:30 Opening はいつもの ♪ナポリは恋人♪


ニッシー ♪最後の歌♪ に続き ♪初恋♪(啄木)をニッシー&junjun 二重唱


すみれ&junjun ♪この道♪ 二重唱


初めてポップス歌う ♪芽生えてそして♪


懐かしい数曲を開場と一緒に歌う。
歌っているうちに開場は感極まってくる不思議な空気。
皆様歌が大好きなのです。
声の出ない人も目が、頬が歌っているのです。


瞬く間の一時間。
遅く着き聴けなかった方からの「一曲でいいから〜」とリクエストくださり ♪みかんの花咲く丘♪


終了後も話しかけて下さり、胸キュンしながら再会を約束して辞す。
外は土砂降り。車内は余韻に熱くシンミリの ♪たまゆら♪。
さあ! 次のConcertに備えての練習予定確認!

帰宅すると山口や鎌倉からpresents!





赤ワインで乾杯!





  

Posted by jun1940 at 10:10Comments(0)familyたまゆら

2018年04月04日

たまゆらーMusic-Present:松ヶ崎-Carepartner

年一回お呼びがかかる「松ヶ崎-Carepartner」さんへMusic-Present。
♪ナポリは恋人♪でOpening: sop,alt,ten,& flute、recorder 持てるもの全てでご挨拶。

nisshi: Rosa ソロ
nisshi & junjun : 初恋(二重唱)


何度も本番繰り返しているうちに2人の息が合うようになってきた... と2人で自己満足
初恋をおもいだしながら歌の中に入って下さる客席が多い。
客席との一体感は雰囲気をどんどん盛り上げてくれる♪
ペダルも譜面台もない電子ピアノを石渡さんが心とスキルでカヴァーして伴奏してくれる♪


え〜っ! と客席の歌声に緊張していた顔がほころんだのは ♪春の日の花と輝く♪ を歌いだした時!
数人の方が懐かしそうに歌っていらっしゃるではないか!
英語と日本語 が半々の歌をず〜〜〜と歌って下さるのだ。
「女学校でうたいましたのよ」「娘が武蔵ので声楽を〜〜」 などとおっしゃるのだ。


メドレーの司会にすみれさんは熱が入る。


♪An Die Music♪ は何度目になるだろう?


♪ウイーン我が夢の町♪ はflute& recorder と三人のアンサンブル。
まだまだ練習不足の初舞台の曲。


最後の♪花♪ でEnding.

アンコールに「りんごの歌」「故郷」等。


就職 3日目の若いStaffさん Care-Partner にきて 覚えたばかりだという「故郷」を前で指揮しながら歌ってもらった!
ざんねんながら デジカメできなかった!
みなさまありがとう!
叉あいましょう!


  

Posted by jun1940 at 18:33Comments(0)たまゆら

2018年03月18日

♪たまゆら♪のチラシ

♪Ensemble-たまゆら♪ のチラシを作って施設にご挨拶することになった。
Music-presentの風景を元に写真を合成してみた。
悦に入っていたら,娘が「え〜〜〜!」と言う。
良いでしょう? : ちょっといじっていい?
そこでチョットイジッテもらうことになった。
メンバーは大喜び。

うれしくなって Blog-up することにした。
みなさま宜しくおねがいします。

  

Posted by jun1940 at 17:35Comments(0)たまゆら

2018年03月10日

Ensembleたまゆら:Music-presenは柏市民病院ハミングで♪

快晴!柏市民病院「ハミング」さんへMusic-Present。
庭の樹々に花!ガラス越しにデジカメ。



ホールには観葉植物やお魚


控え室に荷物を広げ、持ち物確認 ⇒ ホールで準備
piano , マイク、小道具置き場所、譜面台、客席からの距離... そして形ばかりの声出し。


衣装を着替え、2:00 opening。

二階の客席にも「宜しくね〜!」 と合図を送る。

前日のLemonさんと同じプログラムだけれど、ホールの形、大きさ、色々異なるから...
ニッシーは白いブレザーに黒シャツ&赤いネクタイで ♪Rosa♪


すみれのフルートのイントロで♪春の日の花と輝く♪
altのそろは気分的に前日よりゆったり歌い込み、三重唱に入る。


♪初恋♪2度目の今日は落ち着いてきたかな?
やはり、故郷の砂浜が浮かぶ。遠い二階席を見上げると余計に 遠い、遠い想い出に浸る。


春のメドレーはハミングさんは「ひな祭り行事の一環」とのことで、急遽「ひな祭り」を加える。

junjunの♪An Die Musik♪ は昨日より高音が響かせられたが、反省点多々。


♪花♪など有名な日本歌曲を客席と一緒に歌い繋ぐ。


最後の最後は♪故郷♪

皆様一人一人と握手し感謝。


「リュウマチで痛くて生きているのが辛いの。でも今日来て良かった。辛いのを忘れていたわ。...」
「生きていて下さいね、そしてまた聴きにいらしてね,約束よ。」
~~~~~
今日も喜んで下さり、感謝、感謝。
5〜6月に再訪することをお約束。
3日間のMusic-Present 無事終了。
  

Posted by jun1940 at 18:14Comments(0)たまゆら

2018年03月09日

♪たまゆら♪:Music-presentはHarvest-Garden-Lemon

昨日はEnsemble-Erika。今日はEnsemble-たまゆら でMusic-present。
いつも訪問しているDay-serveceのOrangeさんの新設高齢者住居に付属する施設「Harvest-Garden Lemon」へ。
果物の名のDay-service が幾つかあり、それぞれに所属しているところから新設のホールへ着て下さったお客様で広いホールは一杯。 Orengeさんで見知ったお顔もチラホラ。嬉しい合図を送受信。

♪ナポリは恋人♪を聴くと「たまゆらさんだ!」とConcert気分になるからと言われ、以来openingに歌う。

Nisshiの司会でご挨拶。

次は早速 ♪初恋♪ 砂や〜まの〜 砂に〜〜〜
バリトン&altの二重唱。 故郷の天の橋立の砂浜に思いを馳せて歌う。


トマス モア が「病に侵され姿が変わろうとも、君を愛する心は変わる事無し」と言う詩で歌うのは
♪春の日♪

すみれのフルートのイントロの後、alt で Believe me, if all those endearing young charms...
と歌う度に胸が熱くなる。

♪春のメドレー♪をトリオで歌い、懐かしの小学唱歌を皆さんにも一緒に歌ってもらう。


junjunの ♪An die Musik♪
すみれの ♪すみれの花咲く頃♪

最後はトリオで♪ウイーンわが町♪

スタッフさんがウイーンにお住まいだったとかで、終わった後も想い出話を楽しむ。
客席に入り、お礼を言いながらお別れの握手: これは何時でも何処でも感動的な一時だ。
「伺って良かった!」と感じられる一時。
客席のスタッフさん達がこころから迎えて楽しんで下さるのがさらに嬉しい。


次回も... と言って下さるとすぐ手帳を出し6/22 に決定!
成田線湖北駅まで送って頂く。有難い送迎のHarvestさんだ。
ミスを反省しながら、車中は明日のMusic-Presentへ。


  

Posted by jun1940 at 18:02Comments(0)たまゆら

2017年12月25日

クリスマス&風邪&クリスマス

12/21 岡田邸-Mixアンサンブル:横浜のBase&龍ケ崎のSop欠席:9人はChristmas-Charolを次々歌う。
恒例のイギリス風Puddingに青い炎。今年は上手くゲット。
ドイツ風シュトーレン& 岡田さん手作りのApple-Pie。


「良いお年を!」とご機嫌で過ごしたが、翌22日!
クシャミ、鼻水、鼻づまり、喉はガラガラ!
25日は柏マザースでChristmas-Concert。 これは大変! Home-Dr. へ駆けつける。
平熱、食欲あり、気分は上々... でも大事。数種類薬をだされ、3日間熟睡。
「遊び過ぎ、飛び跳ね過ぎ!」といわれるので、ひたすら沈黙で熟睡。
24日 Christmas-Eve は娘と買い出し。 体調は上々! but お病気だったから...手抜き料理ゲット。
赤ワインで乾杯するも、私はホンの一口のみで我慢。


25日 快調そのもので「南柏Mothders」へ車で駆けつける。
2時開演。ホール一杯のお客様に♪たまゆら♪ は盛り上がる。

Opneningはいつもの♪ナポリは恋人♪

♪小さな木の実♪

nisshiが急用で不参加。すみれ&junjun そしてピアニストーisshi

すみれさんのSolo♪慕情♪


♪コサックの子守唄♪二重唱につづいてロシアの歌 数曲。
昔の歌声喫茶で良く歌われた歌。客席から沢山の声が聞こえて来ると舞台も燃える。

nisshi- に代り「え〜こ〜ら〜」と超低音で歌う。
「私もしかしたら男かも?」と言うと「男前だよ!」と返ってきた。

気分一新、中田喜直の♪おやすみ♪をjunjun。


サンタクロースのいないクリスマスの歌を会場のみなさまと歌う。



アンコール:埴生の宿、遠くへいきたい、故郷。

南柏Mothersさん 楽しい時を過ごさせて下さってありがとうございました。
また伺える日を楽しみにしております。




  

Posted by jun1940 at 18:06Comments(0)たまゆら岡田邸ーMix

2017年12月07日

Ensembleたまゆら:Music-presentオレンジさんへ4回目

'17.12.06 Ensebleたまゆら:オレンジさんへMusic-present
天王台駅でお迎車にpickupしていただき晩秋の道を走る。
Homeの庭に檀が二本真っ赤な実をはじかせている。前回はホトトギスが満開だった。


控え室で準備。
スタッフさんに「いつもOpeningは♬ナポリは恋人♬でまんねりでしょう?」と尋ねると返って来たのは
「あ〜たまゆらさんだ!... と思いながら非日常の世界にひきこまれるのですよ。」と嬉しいお言葉。
気を良くしていつものパターンでOpening。
フルート、リコーダー、歌で

♬小さな木の実♬ をすみれさんのフルート入り。トリオで歌う季節たけなわの曲。

ニッシーのイタリア歌曲「忘れな草」
すみれさんの♬慕情♬とソロ2曲。

次はロシアのコーナー:すみれさん&junjun で ♬コサックの子守唄♬ なんとか覚えたロシア語で。


赤いサラファン⇒ baseを効かせた♬ボルガの舟歌♬ ⇒ペチカ ⇒ モスクワ郊外の夕べ

ロシア民謡最後は♬一週間♬ ピアニスト石はピアノを離れ語りかけ踊りだす。
junjunは代りに鍵盤叩く!
客席みんなも手拍子でチュラチュラチュラ...


結構消耗し室内に熱気が充ちる。

一息ついてjunjunが中田喜直作曲の ♬おやすみ ♬ 歌謡曲と言うよりクラッシック。
伴奏にショパンやドビュッシーの雰囲気がちりばめられる。正直いって変わった曲。
太田先生の助言「日本語の解らない外国人に絵本を語り聴かせるようにうたえ!」
語った、語った。ピアニストと音楽とお話を遊んでいる気分で楽しんだ。
ひゅ〜〜る、ひゅ〜〜〜る、風が吹く...
サンタクロースはコッソリと窓を叩いておりまする....

客席ののめり込んで来る一体感が面白かった。石さんありがとう、お付合い下さって。


幻の世界に引き込んだところで、サンタクロースを呼ぶ。

クリスマスの歌で盛り上げる。

スタッフさんも引っ張り込む。

同じ歌を歌っても会場によって別物になる。これが生の舞台の面白さに違いない。
皆様ありがとうございました。


次回の約束をして辞す。
心地良い晩秋の一時だった。

   

Posted by jun1940 at 09:40Comments(0)たまゆら

2017年11月26日

17'11.25:本番1:ハミング

柏市民病院のハミングさんへ♬たまゆら♬のMusic-Present
紅白の垂れ幕で迎えられた「はみんぐ祭」

カシワニさんが!
ポスターも迎えてくれる「はみんぐ祭」


控え室も用意され、さっそく忘れ物の有無チェック!


一息ついて展示室散策。施設会員さんや職員さんの作品。スタッフさんたちの熱意が伝わって来る。


ほのぼの隊さん達の楽器と歌とトークで会場が歌う。カラオケ喫茶というより昔の歌声喫茶。
歌集をいただいて一緒に歌い発声代わり。
100部準備なさったとのこと。会場は100名近くの観客に熱気溢れる。


いよいよ♬たまゆら♬ 登場。


すみれさんのフルート、junjunのリコーダーを入れながら♬ナポリは恋人♬ でOpening。
会場の熱気でいつもと楽器の響きが違う。こんなに満員の会場は初体験だった。
ペットボトルを放せない舞台。
しかし満員の観客の前で盛り上がり歌に入り込む♬たまゆら♬。

ソロとなると更に感情が盛り上がって来る「歌い手は泣いてはいけない、観客を泣かせるのだ!」と昔言われた言葉が蘇る。



♬遠くへ行きたい♬の後奏でやっとリコーダーが空気に馴染んできた。難しいのもだ!


すみれさんの♬慕情♬に観客は惹き付けられ、すみれさんに釘付け状態!


すみれさんと♬コサックの子守唄♬をデユエット。
最後はロシア民謡の♬一週間♬
ピアニストのイッシーが「私一週間ロシアへ旅して来ました...」とトークを始めるではないか...!


イッシーの指導で「はい! ちゅらちゅらちゅらちゅら ちゅらら〜」と客席に練習させ、すみれさんと歌う。junjunはピアノを叩く。
A4の薄っぺらい紙に書いた楽譜は空調の風邪でフワフワ飛ぶ! 次回はクリアファイルに入れなくては!


喜んで頂き無事終了。
つぎは是非たまゆらさんでタップリ歌って下さいね... とスタッフさんに言われその気になって辞す。
次の和太鼓を聴きたかったが、3日連続の本番初日。明日に備えて帰途。
秋空に映える銀杏を見上げてエンジンスタート。

  

Posted by jun1940 at 09:30Comments(0)たまゆら

2017年11月10日

'17.11.10:Ensembleたまゆら:北柏Day-ServeceでMusic-present

'17.11.10 Ensembleたまゆら:北柏Day-Service でMusic-Present

半年ぶりのMusic-Present。秋ヴァージョンの曲目。
新しい電子ピアノが入っている。リコーダーの音合わせ、そしてスミレさんのフルートと合わせる。
これが一発で上手く行くと「さあ〜〜やるぞ!」と気合いが入る。

ホールの観客は馴染みのほとんどが面々。準備中からおしゃべりをしながら雰囲気づくり。
「待ってたのよ」と言われるとますます乗り気になる。


すみれさんの挨拶。司会をニッシーにバトンタッチ。
Opening: ♬ナポリは恋人♬ フルート&リコーダー で前奏。
個人レッスンでフルートを磨いたスミレさん 好調!

♬埴生の宿♬ はリコーダーの前奏と後奏付き。
♬遠くへ行きたい♬ リコーダー。ニッシーもソロ。スミレさんのオブリ。
自然に会場の声が広がる。

スミレさんとニッシーの ♬蘇州夜曲♬ にも皆様歌詞を覚えていて歌って下さる。

秋の曲メドレー:里の秋、紅葉、野菊....  会場の声も次第に大きくなり、笑顔も加わってくる....


客席に入り、語りかけながら歌いつづける一時。


こんなに沢山一緒に歌って、次はソロで一休み。
junjun:大事な人がどこか行ってしまった.... O der mio amato ben
ニッシー: しっとり日本の歌曲 ♬落葉松♬


百歳の方が一緒に楽しく歌って下さった。 みんなで Happy birthday to you! を歌ってお祝い。

まだまだ唱って... と アンコール。
数曲アンコールに歌う。
「また来てね....」「きっと来てね」 は何より嬉しい言葉。
別れ難く握手を繰り返して「 じゃね〜〜。おげんきでね!」

素晴しい午後の一時だった。
  

Posted by jun1940 at 21:13Comments(0)たまゆら

2017年10月04日

'17.10.4 Ensembleたまゆら:オレンジさんへMusic-Present

10/04  ♬Ensembleたまゆら♬ オレンジさんへMusic-present
オレンジさんは元気はご高齢の方々が昼間集う施設。歌がお好きな方達が来てくださる。

たまゆらはアミュゼの音楽室にて午前中、2時間程声出し。


Jonasan で軽くランチ後 お迎え車の待ち合わせ場所「天王台」に向う。
時間があるので駅前の焼きたてパン屋さんでHot-coffee。


駅付近の街路樹がネットを被っているではないか?

お迎えの方のお話:夕暮れから何千羽というムクドリがやって来て夜中じゅう鳴き続け、樹木の下は小鳥の糞で覆われるとのこと。
ヒッチコックの「鳥」を思い浮かべた。

オレンジさんでのMusic-Present は2:00開演。
電子ピアノの音が一音高い! フルートとリコーダーがはいるので一音ズレると合わせられない。
アレコレボタンで調節。やっと合った!

無事開演♬

気持よく「ナポリは恋人」でスタート。フルート&リコーダー入り。


秋に因んで:小さな木の実(フルートで間奏)
      埴生の宿 (リコーダーで前奏)
      蘇州夜曲 (スミレ&ニッシーのソロ)

秋のメドレー数曲3人で歌う(客席からの参加大歓迎)
      ゴンドラの唄(3人がソロで歌い4番は三重唱)
      ずいずいすっころばし(イッシーのお遊び指導)子供時代に戻る一時
      野バラ(アカペラでスミレ、ニッシー、イッシー、& junjun)
      遠くへ行きたい(リコーダーで前奏&後奏)

客席の参加も元気よく、皆様よくご存知で楽しんで下さると、たまゆらも楽しく、熱く乗って来る。

みんなで歌うのは一息おいて、聴いて下さいコーナー。
 O del mio amato ben (junjunソロ)
 落葉松(ニッシー ソロ)
 琵琶湖周航の歌 (フルート&リコーダー:ソロや二重唱、三重唱で変化をつける)
 
楽しんでいるうちに一時間経ってしまった。
アンコール! の声に懐メロ「高原列車」をみんなで歌ってEnding 。

12月にChristmas songs持参で再訪の約束をして、オレンジさんを辞す。
花壇のホトトギスに"See you again!"


 
  

Posted by jun1940 at 18:34Comments(0)たまゆら

2017年07月30日

Ensembleたまゆら:ハミングでLive

'17.07.29 Ensembleたまゆら: ハミングでMusic-present

会場はロビー。ガラス窓の向こうに広がる庭は高原のムード。
Lobby-live! openingはフルート&リコーダーのイントロで歌う ♬ナポリは恋人♬


♬赤い屋根の家♬ 三重唱
♬イヨマンテ♬  Nisshiのソロ

懐かしい唱歌を「みんなで歌いましょう」をメドレー
カモメの水兵さん:トンボの眼:七夕さま:海:われは海の子:砂山:椰子の実
次第に声が多くなり、くつろぎ、なつかしい昔がよみがえる。
最後に♬埴生の宿♬を「リコーダーで吹き歌う」予定が嬉しいムード!リコーダーに合わせて会場から歌声が沸き上る!


ピアノから離れたPianist 「さあ、みなさん躯をほぐしましょう!」と肩たたきコーナー。
1、2,3、4,...
動作を教えたら3人の歌に合わせてタントン、タントン、タントントン♬

引き続き
♬金髪のジェニー♬ ソロ junjun

♬慕情♬ ソロ すみれ
♬琵琶湖周航の歌♬ リコーダー,三重唱
♬切手のない贈り物♬ 三重唱
アンコール
♬猫の二重唱♬ ♡ブレイク篇


45分でlive 終了

ホールの中央の丸い吹き抜けに向って声を出すと二階のお客さまが見える。
声が響いて心地良い会場。調律されたピアノも心地良い。
「また参りますね、お元気で...」と握手してお別れ。
108歳のご婦人との握手と会話は明るいパワーを頂いた。

窓の外の夕立は終了と共に通り過ぎた。
秋-Live のオファーを快諾し、辞す。


  

Posted by jun1940 at 06:28Comments(0)たまゆら

2017年07月07日

Ensembleたまゆら:デイサービスおれんじ

'17.07.07 七夕。
♪Ensemble-たまゆら♪:「デイサービスおれんじ」で七夕Concert。
団地の中にあるデイサービス。
At-home な住宅に集まる歌大好きの方々。

いつも通り ♪ナポリは恋人♪ でオープニング。


「ちょっと聴いて下さい」は♪赤い屋根の家♪
動作をつけてなるべく若々しく元気に歌う。


皆様歌が大好き。ご存知の方は一緒に.... とお誘いしたら、プリントした歌詞を見るのはたまゆら。
懐かしい唱歌で夏の歌メドレー。
七夕に因んで庭の竹で七夕飾りを作って行った。



ニッシー:イヨマンテ 
junjun: Jeanie with the Light Brown Hair
すみれ:紅い花、白い花

♪琵琶湖周航♪ は三重唱。
♪埴生の宿♪ はリコーダーの前奏に続いて、懐かしい想い出に浸って...


皆さんと楽しんで、あっという間に一時間。
あと2〜3曲... 等とリクエストされるて、次々うたってしまう。
客席は笑顔で何でも大合唱。
たまゆらも幸せ。
「楽しかった」と言って下さり握手を交わした皆様の笑顔。

季節毎に... と言うことで秋にまたお邪魔することになった。
ありがとうございました。
  

Posted by jun1940 at 18:42Comments(0)たまゆら

2017年05月17日

Ensembleたまゆら:北柏Day-service-center:母の日Concert

5/16 Ensembleたまゆら 3つ目の母の日concertは北柏Day-service-center。
前回は電子ピアノを使ったが、pianoも使用可とのこと。石渡さん鍵盤に指を走らせて試し弾き。
この施設の楽器は関係者さんたちの寄付らしい。きっとその方の想い出深い楽器で、ご自分の家で弾き込まれたものに違いない。
高音の4鍵盤は音が出ない。石渡さん演奏に支障のないように工夫を考えながら試し弾き。


Openingはいつもの♬ナポリは恋人♬ 本日は4人でConcert。

ニッシー、junjunのソロ♬ ⇒ 母に因む歌をみんなで歌いましょう♬

Day-service-center だから、皆様昼間コチラに集って、リハビリ、ゲーム、音楽などお楽しみで過ごされる所。いっしょに歌って下さる。

我家に眠っていた赤い蛇の目傘は♬あめあめ降れ降れ♬ に大活躍。

アンコールに猫の二重唱でお魚ヴァージョン。干物にすべく干しておいたお魚が誰かに盗られて大騒ぎ...
今回は思いがけないヴァリエーションに発展。
前列の楽しい方が、私も盗っちゃう... と「ミャ〜〜〜オ」と歌詞の猫語で参加し会場は大喜び。


ハプニングなんでもOKのたまゆら。

楽しい一時のあと、次回のOffer頂く。
さあ、また企画ねらねば〜〜♬

  

Posted by jun1940 at 06:41Comments(0)たまゆら