さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年11月10日

Opera 原城哭く

師匠「太田賢治先生」が出演のオペラ。
すみれさんと調布へ。


調布駅前でランチ

駅前からカトリック調布教会まで徒歩15分
15分なら1k程度だが、彼女歩きたくないというのでバス。
富士見町住宅下車、チラシの地図見ながら方向定めていると「ご一緒しましょう」と声が掛かった!
出演なさるお嬢様に地図を書いてもらったとのこと。

数分お喋りしながら教会着。樅の木には小さなライトが張り巡らされている。夜は美しく光ることだろう。


整然とした教会の建物。四日市で勤めていたメリノール女子学院のsister達との日々が蘇る。


庭に待ち受けていたStaffさんに庭の向こうにある史料館の地下にチマッティー神父の墓所を教えられる。


白い棺が眠る地下室。デジカメは控えた。
ロミオとジュリエットの地下室の墓所の場面が浮かんで来る。庭にキアラ神父様のお墓。戒名?
物語のモデル?


時間になり会場へ。


すっかり教会の雰囲気に入り、神父様のお話でOperaの世界に♬
5人のテナーとバリトン、3人のソプラノ、メゾ、アルトの素晴しいソリスト。
合唱もこの8人の様々な組み合わせで演奏。
深く広く広がる素晴しい演奏。
天草四郎の話は十分知っているが、この舞台環境の中で迫力あるソリストの演奏に島原の乱の情景が迫ってきた。
大合唱団以上の迫力に魅せられる2時間だった。

先生ありがとうございました。


  

Posted by jun1940 at 10:11Comments(0)音楽

2019年11月06日

Cafe Lineの鵜の岬合宿 2

Ocean Viewの窓から常陸の海

合宿2日目 5:30 8Fの展望風呂の温泉に手足を伸ばす。そしてしっかりエネルギーを


蓮の美しい池に青空が映える。


それぞれ持ち場の準備。プラザではドロシー先生声出し、瀬川先生音だししてる!サックスも練習始めてる.
有紀先生の伴奏で6年生のお嬢さんlesson開始。


9:30 各パート 発表曲練習開始。
♬Nella Fantasia ♬ ドロシー先生指導
♬ I could have danced all night ♬ 太田先生指導

ほぼ初見で合唱するとは!
Nella~ はイタリア語。音と歌詞を追うのにモタモタ感
I could~  裏拍で入るのがマチマチ。いつもの熱い指導でなんとか合唱の体をなしてくる。

10:30 ピアノ、カホン、サックス入れて 全体合わせ。
「行きますか?」 記録オジサンがDVD on。
あっという間にリハが本番になっていた。

Nella~ の全体合唱Start!


サックス演奏を挟み 楽器と合唱。
お嬢さんのソロで始まる。お嬢さんは有紀先生と連弾でピアノも弾く!


12:00 発表会終了。あっけなく終了。
本館前で記念写真


レストランでランチは海鮮丼。
デジカメしないで頂いてしまった。

盛りだくさんのようで、歌不足のようで、ぼ〜〜んやりの After-合宿を3時迄 鵜の岬を散策。
太田声楽クラスは朝食後岬散策された田中さんの案内で優雅に自然を楽しむ。



  

Posted by jun1940 at 09:16Comments(0)音楽

2019年11月05日

Cafe Lineの鵜の岬合宿 1

11月3日 Cafe-Line Musicrooms 鵜の岬で合宿
40名弱 バスで一路茨城の海 鵜の岬へ。
国民宿舎の「鵜の岬」はカントリープラザやカラオケルーム借り切り。


びっしり詰まったLesson時間割チェエク。
カラオケルームへ移動し、キーボード持ち込み準備の太田声楽クラス。


プラザへ戻り、ドロシー先生の声楽体験Lesson順番待ち。

自分の写真は撮れなかったが、サックスの瀬川先生が送って下さったのでUP。反省スベキは姿勢。



♬Summertime♬を渡される。発声⇒歌
太田先生との大きな違いはドロシー先生は女性! 
「喉の力抜きましょう! 私の喉にさわっていて!お腹に力をいれて〜〜〜!」

45分間 空白。
散策。


太田クラス揃って デジカメカシャ!
藤本先生くわわる。「この鐘ならすといいそうですよ!」
先生2人に鐘をならさせたが,裏に「愛の絆の鐘」と書いてあった。 まっいいか!


時間だ!時間だ! サックスLesson の次はカホン体験Lesson。


藤本先生の座っているのが打楽器「カホン」箱の中に線があり、箱は共鳴板。

手の平 左右交互に箱を叩く。上の方が高く、下の部分は次第に低い音になる。
配られた楽譜見ながら バンバンバン!


リズムが合って来ると、先生はキーボード弾きながら歌う。
我らは声楽クラス。すぐ乗って歌おうとするが、手元が狂ってくる~



ハイ お疲れさまでした。

ホールは講義室に早変わり。


16:10~16:55 太田賢治先生の音楽史 
& 
17:05~17:50 藤本亮平先生のリズム講座 

19:00〜 先生方 ありがとうございました。お疲れ様! 
     皆よくお勉強いたしました。
カンパ〜〜〜 い!





  

Posted by jun1940 at 11:19Comments(0)音楽

2019年10月30日

第一回歌の会

10.29 念願の歌の会 初回
施設や病院でMusic-serviceしている仲間。
ボランテイアーだけど、blush-up 願う仲間。
「歌の会」を計画した。♬たまゆら♬の音楽監督 太田賢治先生も加わってくださることになりみんな熱が入ってきた。
先生に教わったことのある仲間も誘い6人が参加。


1人2曲。
最高齢は90歳。「健康の為に歌っています。これが私の最初で最後の舞台です」とおっしゃる。
「最後の〜」というのは聴かなかったことにした。ベッリーのの「喜ばせてあげて」はイタリア語。
矍鑠として、会場のアミュゼにタクシーでもちろんお独りで荷物もって駆けつけて下さった。

今朝は学生時代の仲間から贈られた立体のカードを眺めながら雨の昨日を思い出している。


アミュゼ柏の小さな音楽室はほぼ満員。
友達、家族、... そして 我らがお教室のママさんも駆けつけて下さり、喜びの緊張がみなぎる。
さてブログしようとしたら、カメラマンの夫の写真ではこのブログに拒絶される。
どうしよう? 様々試みても拒絶。
でも 初回だ! UP したい!
PCに取り込んだ画像をデジカメすることにした。粗いがしかたない!

3:30 お客様にご挨拶。

前半はプログラム通り 1曲歌って行く。
最初は西村さんの「禁じられた音楽」


チッコロさんは「月光値千金」で優しいムード」
私は「かやの木山の」
小山さんは「ただ憬れを知るものだけが」
前半最後は太田先生の立川界隈の紹介の歌。小平近辺のハケの道を歩いた仲間は嬉しくなった筈。


クラシックの時は「太田賢治」だが Singersong-Writerの時は「太田けんじ」だそうだ。

休憩後の後半は順番をお客様にカードを引いていだだき順番が決まる。
舞台度胸がつくとか。しかしハラハラと思いがけないスリル。
山本さん「あなたの声に私の心はひらく」(サムソンとデリラ)


有岡さんも凛とした舞台度胸「喜ばせてあげて」
そして junjun「アベマリア」

小山さん「愛の小径」


自然なしかも順当な籤決めの最後は西村さんの「木菟」に続いて先生の演奏♬

予定通り1時間少々でおさまり、会場の皆様といっしょに先生のリードで数曲歌う。

最後に「ありがとうございました」


沢山のお友達に応援していただき盛会に終えられた「第一回歌う会」
感謝あるのみ!
ありがとうございました!
これからも宜しくお願い申し上げます。
チッコロさんの作詞作曲「こころの木」   

Posted by jun1940 at 12:49Comments(0)音楽

2019年09月09日

19.09.08常磐会&台風にそなえ

昨日8日はYoung宅で常磐会。
のどかに「やはりBachはいいわね〜!」と
ハープシコード、ピアノ、リコーダー & 声で様々に組み合わせてBach:Inventionを楽しむ。


夜は大型台風に備える。
電気が止まると大変!
炊飯器で余分に炊き、パンも余分に焼く。
猛暑で不機嫌だったベーカリーに「災害に備えるんだからね!協力たのむよ!」と声かけてスイッチーon。
ふっくら焼いて応えてくれた。


野菜は買い込んだし!
ゆで卵も作っておこう!

困るのはトイレ!
停電でもトイレは必要!
ペットボトルにミズを汲む。


今朝は電気も止まらずTVで台風情報確認。
今は東武野田線再開待ち。
常陸太田が心配だが、いかんともし難い。
神に祈るばかり。
電線にかかる樹木を伐ってもらっておいたので懸念事1つ救われる。
  

Posted by jun1940 at 08:36Comments(0)音楽自然の姿常磐会

2019年09月08日

第一回歌の会

歌仲間で「歌の会」を開くことになった。
ヴォランテイアーで施設や病院のロビーで歌っているのだが、「自分の好きな曲を歌おう!」ということになった。
いつもと異なる緊張。
各自2曲歌う。junjunは 山田耕筰の「かやの木山の」とグノーの「アヴェ マリア」
明日は太田先生にピアノ合わせを見てもらう。
昨夜娘がチラシを作ってくれた。
仲間にmailで添付。
便利な文明の利器。


ぜひ応援よろしくおねがいします。  

Posted by jun1940 at 09:19Comments(0)音楽たまゆら

2019年07月21日

樋口達也Summer-classic

樋口達也のSummer-classicの招待券を頂いた。
娘と昨日 東京文化会館小ホールへ。
まずはレストランでランチ。


招待券を窓口で受け取り、全席指定を確認。



初めての歌手、興味とお付合い気分のクールな開演待ちだったが、始まったら、次第にheat-up!

歌も 語りも PianistとのCombinationも すばらしく惹き付けられて行った。

モーツアルトのピアノ曲で「熱き心に〜」が流れ、耳と心がテン……!
静かな「無縁坂」の語り...
「1人歌劇」の自叙伝で、思いがけなく 「道化師:衣装をつけろ」の熱演に半世紀以上昔を思い出す。
マリオ デル モナコが初来日してオペラファンを熱狂させた 1960年代。
.... パリアッチョ〜 の声と演技が鮮やかに蘇った。

最後の「誰も寝てはならぬ」は仲間のソロに袖でオブリを入れた馴染みの歌。

アンコールは Perche だったかしら?

素晴しく楽しいConcert.
断捨離中なのにCDゲット。娘はピアノ、私は歌。
サインの列に並ぶ。


早速 I tuneに取り込み、誘って下さった方に CD を回そう!
ありがとうございました!



  

Posted by jun1940 at 10:31Comments(0)音楽

2019年06月23日

Bach研究会演奏会&晩餐

6.22 トリトンスクエアーへ友人のBach研究会演奏会。
30年程前 彼女から誘われていたが、結局入会しなかったが、毎回演奏会に招待されてきた。
厚かましくも、彼女のお宅でのvoice-traing に空席があると声を掛けてもらったこと4回ほど。
青木洋也先生や藤崎美苗先生のlessonを受ける機会をいただいた。
もちろん 緊張で上がりに上がったlessonだったが、良き経験だった。


今回はカンタータBWV128 にリコーダーが入り素晴しく、魅せられてしまった。

帰途夕暮れの運河駅では4つある燕の巣では親鳥の運ぶ餌を待つ雛たちが可愛らしい。



家では夫&息子1が夕食を待っている。
一週間滞在した息子も土曜日で出社することも無く4人で晩餐。
到来ものの冷酒で健康を祝し、盛り上がる。


来週又上京するのが待たれるが、来月始め 遠くパプアニュ−ギニアに向う。


  

Posted by jun1940 at 10:02Comments(0)音楽family

2019年06月01日

The Ice KIng

ice-skate好きの娘に誘われ 8:45 上映開始
先日はおおたかの森で初めて見るチケ販売機にオタオタして、友達任せ。
今朝は少し落ち着いて自分で画面確認。 silver でゲット。


The Ice King: John Curryの人生
ice-skateを「スポーツ」⇒「芸術」 へと昇華させた伝説の五輪フィギユアスケート金メダリスト。
重く苦しい人生だが、画面のスケートの動きが何れも美しい。音楽も素晴しい。
「牧神の午後への前奏曲」など鳥肌が立った。

after-cinema で買い物ついでに島村楽器へ。
楽器、楽譜、グッズなど見ているうちに、ピンクのリコーダーが欲しくなった。
能楽師がリコーダーを楽しく上手に演奏する番組を見たことがあった。
プラ製の気軽なリコーダーを美しい音色で吹いていた。
ピンク、シルバー、ブルーの3色並んでいた。
楽しいかも〜〜とピンクをゲット。


焦げ茶は子供が小学生時吹いていたお下がり
茶は ドイツ製で梨の木。温かく美しい音色の私の愛用器
さてピンクのプラでどんな音色にだるだろう?  

Posted by jun1940 at 13:58Comments(0)音楽

2019年05月31日

19.5.30 エリカ:アビリティーズ柏でConcert

19.5.30 Ensemble-Erika アビリティーズ柏でconcert
素敵なポスターが目に付く


エリカはハモリが大好き。
お客様と歌集を繰りながら一緒に歌うのが大好き


リコーダーとピアニカが大好き


客席に入って歌うのが大好き


アンコールに しっとりとカッチーニの ♬アヴェ マリア♬ でハモって締めくくるのが大好き

AfterーConcert に頂く館からの飲み物とお客様からの差し入れSweetsが大好き

血糖値の高い私だけ「ところてん」


反省と予定の打ち合わせして解散
  

2019年05月29日

命 

恐ろしいニュースに愕然。
穏やかな自然がいい! ... と古墳の森へ朝walk。
緑の中に真っ赤な実、グミが沢山実っている。遠くからカラスの鳴き声が!


万歩計に見ながら歩いていると、カラスの鳴き声がキツくなり近くなってきた!...と思ったら二羽が頭や肩すれすれに威嚇を繰り返す。
恐ろしいので早足で進むと益々威嚇が激しくなる。
前方に雛がいた。巣立ち失敗か?
番のカラスが雛を守ろうと必死だったのだ。
恐ろしさより親鳥の真剣な姿に胸熱くなった。

運河駅にも燕が巣から溢れそうだ。
人間が危害を加えないことが分っているからだろう。カメラ向けても親鳥が飛んで来たりはしない。


駅で燕ゲットしておおたかの森へ映画を見に行く。

ヴェルディーの「運命の力」

重く暗いstory の4時間余り。
アンナ ネトレプコ:ヨナス カウフマン :ルドヴィッく テジエ の素晴しい歌に惹き付けられる。

四人で行ったが、after-cinema でお茶する気分でもなく解散。

駅からの道に赤い ブラッシュツリー 。


ホット気分がほぐれる。
職場の文化学院の庭で初めて知った ブラッシュツリー。
30年以上昔のキャンパスを思い出す。  

Posted by jun1940 at 09:07Comments(0)音楽自然の姿

2019年05月26日

体調メンテ&Music(太田先生のConcert)

5.24 朝一で千葉大の研究所でマッサージ。
揉みほぐしてもらた後はいつもの実験林散策。
先生と雑談しながら、喉の為のツボを教えてもらう。
実験林には梅の実、キーウイーの開花。常陸太田の畑にキーウイーはあるが花は見たことが無かった。
義弟4の丹精の実を頂くだけだったのだ。


薬草園にはヤマユリ


帰宅後 柏のアミュゼでたまゆら練習。
マッサージのおかげか、喉のツボのおかげか? 声が久しぶりに伸びた。

15日 すみれさんと立川からバスで新堀公民館へ。
声楽の師「太田賢治先生」のConcert。地元のウクレレの方達との at-homeなConcert。


いつもながら全力投球の熱い先生のConcert。
途中で床が揺れた。鉄筋の1F なのに揺れが続く。
安全確認してConcert続行。
すみれさんが携帯で千葉の地震情報調べる。
気になるのは帰途の交通網。
それでも、楽しすごし、バスで立川へ。
バスのなかで隣席のご婦人とおしゃべりの結果、おいしい柿の種専門店へ案内してもらうことになった。
すみれさんがご主人様へお土産を買うと言って、見知らぬ方に案内してもらうことになったのだ。

試食するうちに私も柿の種ゲット。


帰宅後 大阪の妹とパプアの息子1から「大丈夫?」とのmailに「大丈夫」返信。

26日 古墳の森散策しながら「今夜は柿の種で乾杯かな!」と。

真っ赤な実のグミが沢山なっている。野鳥の多い森だが、他に餌が沢山あるのだろう。
グミはまだ残っているから〜。



  

2019年04月15日

Brokat Phil定期演奏会:創立30周年

昨日 4月14日 トリフォニーホールへBrokatの定期演奏会


30周年記念演奏会。
モーツアルトをサラリと聴き、楽しみのマーラー「巨人」
大構成のオケ。様々な音の渦。
迫り来る情景と感情!
翻弄され、音の世界に引き込まれた一時。
指揮者の温かさと熱意。
夫は前の席を好む。 指揮者の話を顔の見える席で聴きたいと言う。

30周年でこれ迄のパンフの一覧にBrokatとの想い出が蘇る。
出会いは2005.2 テイアラ江東 でシベリウス。
小人数のオケ。トラさんの音が聞き分けられるオケ。しかし澄み切った音と指揮者の温かさに惹かれた。
終演後会場まえの公園を歩くと、2月の厳しく澄んだ空気がBrokatのシベリウスの音色。
アマオケの素晴らしさにすっかりファンになってしまった。
いつの間にか後援会に入っていた。
想い出の1番は2009.2 ピーターと狼。


演奏も解説も楽しかったが、籤運のない私が「演奏会のCD」に当った!
嬉しくなり 3歳になったばかりの孫娘に贈った。
彼女は大のお気に入りになり、毎晩このCDを聴きながら夢の世界に入るようになった。
「私 ホルンが好きなの...」などといいだした。小学校では合奏が楽しくなり、今年中学生。
人生の音楽への球根になって、彼女の心を潤して行くに違いない。
中学生になったら吹奏楽団に入りたい... と言っていたが、どうなっただろう?

想い出の2番は吉川さんのトロンボー。カラーズを聴いて、終演後 娘はCDゲット。
私は4年前乳癌で入院するとき、何曲かレコーダーに入れて持ち込んだ。
毎日 病室で異常なく迎えられた安心感を一緒に優しく温かく喜んでくれたのはこのトロンボーンの「カラーズ」とBach。

その他いろいろ想い出はあるが、これからも想い出を重ねて行きたいとおもう。

想い出とは全く関係がないが、この演奏会は休憩時の女子トイレが空いているのだ。
会場はほぼ満席だが、男性客が多いのだ。
東京電機大学OB関係だろうか?

  

Posted by jun1940 at 08:48Comments(0)音楽

2019年04月12日

お客様からDVD

2月の ♬たまゆら-Concert♬ の時の動画をDVDにして贈って下さった。
いつも来て下さっているお客様からの嬉しい贈り物。
仲間で回しあい、junjunの番。
さっそくPCに取り込む。


声、動作、特に目線、表情... 気になることばかり。




仲間の素晴しさに見せられ、「あ〜〜〜!」と自分のマズサに落ち込む。
深くお落ち込んでいると、sumireさんからmail
「師いわく反省はh度程に良いイメージを持って次の本番へ...」と。
だわね~ と気分転換。
玄関のクンシランが笑っている


柿の新芽が笑っている


山椒も「摘んでよね」と笑っている。


カシャカシャデジカメしているとクロネコの車。
景品のビールが届いた。


今夜は乾杯して次回本番に向おう!
  

Posted by jun1940 at 11:10Comments(1)音楽自然の姿たまゆら

2019年04月07日

たまゆら:ハミングさん訪問

4.5 たまゆらは前日練習にいそしむ♬
  「真珠のコラーゲン豊富な伊勢の飴でお肌を...」とニッシーから3人にお土産。

夕食後 真珠のような飴を含み美しいお肌を夢見ていたのだが、真珠のストラップで袋が留めてある!
大きな真珠!
ペンダントにしたくなり、goldの鎖を探す。
ストラップの真珠をはずして鎖に付け替える。


4.6 真珠を首に飾り、ハミングへ走る。
驚いた! すみれさんも同じことをしてきたではないか!
思わぬ利用法に送り主のニッシーは更に驚く。
衣装を着けてデジカメ カシャ!

pianistイッシーも「真珠のストラップもってくるからつくって!」
3人お揃いのアクセサリー... と本番前に盛り上がる。

時間前後するが、着替え前にロビーで音合わせ、立ち位置確認。窓の外は満開の満開の桜。


ホール一杯のお客さまを前に♬たまゆら♬ いつものOpening。


Tennessie Walts を思いっきり語りかけて歌う。客席との一体感が得られると歌に心が入り込む♬


女性3人のアカペラにも慣れてユトリがでてきた。


アンコールも済ませ、「楽しかったわ!」「また来てね!」... 
客席を回りながら嬉しいやり取りは至福の限り。

先週のヴォランティア—交流会でお会いした方々も何人か応援にきてくださった。
有り難うございます。
利根川カッパ村(ヴォランティア名)の方からカッパのハンカチをプレセント。


有難うございます。大事に使わせて頂きます。

そして7日 6時すぎ たまゆらのLineに昨日の動画を受信。


恐る恐る ▷ をクリック。我が歌声に早朝から反省することしきり。
有難くそして恐ろしい文明の利器!
明日はたまゆらの音楽監督 太田賢治先生に女声のアカペラ、ソロのピアノ合わせの指導受ける予定。
  

Posted by jun1940 at 09:25Comments(0)音楽たまゆら

2019年03月21日

'19.3.18:Erika合宿♬

8:30 ヒカンザクラに囲まれたおおたかのもり駅前集合。バスは一路鬼怒川温泉へ。肉眼ではよく見える富士山を右手に眺めながら。


3時間ほどで佐野インター。ランチをゲットし、車内で頂く。特製黒豚メンチカツサンド。

おしゃべり盛り上がっているうちに鬼怒川。
check-in までに2時間余り。カラオケルーム予約すませ、身軽になり W a l k の4人。

真青な空を映す鬼怒川。散策路ブラブラ、登ったり下ったり。


しっかりしたお湯の足湯に惹かれたが、タオル持ってないし、手だけ浸す。


部屋から鬼怒川の眺めは春。


楽譜とリコーダーを抱え、カラオケルーム。1時間しっかり練習。
温泉で手足を伸ばし、夕食。
お財布を金庫に入れてきたので、アルコール呑めず。
ウーロン茶で乾杯。

部屋にもどり、叉練習。
「いつも何処でも」がどうにも言葉が嵌らない。
リズム読み、歌詞の意味確認。
なんとかなる!  ... と安心したのは9時を結構すぎていた。
暗闇でおしゃべりしているうちに夢の世界。
2日目 19日晴
朝風呂 ⇒ 朝食 ⇒ お会計 ⇒ カラオケルーム 2時間



瞬く間の2時間。
ロビーでパソコンによるお客様アンケートに挑戦。アンケートに全問回答すると番号がもらえる。
レシートにその番号を記入すると売店で1割引。


1割引きでお買い物済ませ、会計さんの報告と精算。旅費も買い物も予算より安価になり、気分上々でご機嫌。


ランチは階下の中華でラーメン。


帰路のバスでは熟睡するか? ...と思いきや、おしゃべりの種は尽きず。
佐野インターで 主婦の顔にもどり、餃子をゲット。


音楽三昧、おしゃべり三昧の2日間。
秋にも合宿しようね!... 意見一致。







  

2019年03月11日

♬栢の木山の♬

イタリア古典歌曲に続いて ドイツ歌曲を習っている。加えて歌いたい曲を教わる。
Tennessie Walts が上がり、Over the Rainbowが上がり、日本の歌が恋しくなった。
山田耕筰作曲の「かやの木山の」を習い始めた。
「カヤ」植物観察の会で「一樅二榧」と教わった。

歌に「栢の木山の実は いつかこぼれて ひろわれて...」と歌っている。
拾って焼いて 爆ぜて...  どんな実だろう? 
気になって古墳公園を歩いたが、栢ノ木は見つからない。
これは樅だろう。公園に沢山聳えている。


ネットで実が分った。美味しいらしい。

葉先が1か割れて2か、分らない。カヤは3種類有ることが解った。

「分らない」というのは落ち着かないが。
室内の瀾が「ま〜いいじゃないか!」と笑っている。


娘が敦賀から桜ますをお土産に買ってきた。
去年からの懸案の雨樋の工事がやっと完了。
「桜ます」で乾杯。
家の工事は心身が疲れるものだ。




  

Posted by jun1940 at 10:42Comments(0)音楽

2019年01月15日

The First Music-Present in 2019

2019 : Music-Present 開始は ♬たまゆら♬ 
13:25 成田線湖北台 駅で 「レモン」さんの車でPick-up。

オレンジさんや施設に入っていらっしゃる方々が沢山来て下さり、ホールが一杯になるのだが。
今日はインフルエンザのため 10数名のお客様。
皆様の団欒室でat homeな Concert。
お客様は少なくても ♬たまゆら♬ は Power全開。
Pianistの石渡さんが 優しい声で体操を始めると、空気が和む。


Openingは ♬ウイーン我が夢の町♬
そして♬赤い屋根の家♬


これを歌うのは何回目だろう? Catsの ♬Memory♬
説明にも熱が入り、Catになりきれるが、歌い終わると「まだまだ足りない!」と痛感する。


♬春の唄♬はすみれさんと二重唱。


ご存知の方はご一緒に.... と春のメドレー
♬早春賦:どじょっこふなっこ(ニッシー): すみれの花咲く頃(すみれ):花♬




「どじょっこふなっこ」は青森出身のニッシーがお国言葉にもどって熱唱。
「すみれ...」はjunjunがオブリを入れそびれ半分だけ「あ〜あ〜」。
「花」は皆様と一緒に....

♬ 人知れぬ涙♬ の説明でオペラの場面が良く解る。ニッシーのソロ。


♬小さな空♬ は アカペラ。4人で歌う。
そして最後は 太田先生作詞作曲 ♬2人はポリフォニー♬
先生が「たまゆら」の為に作って下さった曲なので、毎回歌うことにしている。


アンコールにいつもの「ふるさと」
♬う〜さ〜ぎ〜おいし〜 ♬
部屋中に声が広がり楽しいThe First Music-Present in 2109 だった。
これからもよろしくお願いします。
   

Posted by jun1940 at 18:10Comments(0)音楽たまゆら

2019年01月12日

久しぶりの雨

昨夜歯の詰め物がとれた。
連休だし早朝医者に☎。9時前ならOKの返事。
レントゲンで確認し、とれたモノを詰めれば良いことになった。
心も軽く30分程歩いて帰宅。
「良い」事は重なり、帰宅後しばらくして久々のお湿り。
乾燥しきった空気に有難いお湿り。
玄関脇のセイヨウヒイラギに水滴。


水仙の葉の水滴が新鮮に!寒さ忘れてデジカメカシャ!


午後はwalkingも出来ないのでひたすら楽譜に向う。

ず〜〜〜っとクラシックばかり歌っていたのでこのところ毛色の変わったものに引かれている。
イタリア歌曲集が終わって、目下 ドイツ歌曲集をならっているが、他の一曲は別物を。
四苦八苦したTennesse WaltzのSwingだったが、OKが出た。次は Over the Rainbow♬



ドイツ歌曲はDein blaues Auge。 ドイツ語は難しい。単語を辞書の中に見つけるのからして困難。
英語はホットする。考えなくても入って行けるから。その代わりクラシックじゃない難しさがあるが、これもお楽しみ。知らないことを教わるのは楽しいものだ。

昨秋に始めたJazz-piano は休みが多くまだ3回しかlessonしていない。pianoを習っているけどまだ合計10分も弾いていない。
コードのお勉強。全音譜をつみかさねたお団子を積み替えしている。
Summertimeの楽譜をもらっている。なんとか弾き語れるようになるだろうか?



  

Posted by jun1940 at 16:46Comments(0)音楽自然の姿

2019年01月07日

2019: Musicな一年は師のLiveから

昨夜 1/6はCafe Lineで先生のlive


早めに着きLineのエスニックな キーマカレーで夕食していると次々仲間が現れる。
完食した頃 live Open ♬
レッスンで自分が習った曲、仲間が歌った曲...
いつものTalk と有紀先生のピアノで at-home。
後半はタキシードを軽快ムードに変身の太田先生。


楽しいLive だった。
帰宅後 7日の七草粥の下準備。


今朝 7日

健やかな年でありますように!

今日は声楽、Bachの講義、Jazz 3講座の初受講。
   

Posted by jun1940 at 06:57Comments(0)音楽family