さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年11月07日

After Cafe-Line合宿は大空の下

合宿終了で美味しい海鮮丼。2時間ばかりの自由時間。
m u s i c も楽しいが、常陸の自然を満喫しよう! と散策始めたが、所々に進入禁止!
東北大震災で岩や崖が崩れて、危険箇所になったのだ。
But これも大自然の成せる技。
階段登り下りで散策。
人工的だが睡蓮の池は秋空に優美に佇む。赤や白の睡蓮。
誰かが「モネだ!」 と歓喜の声。


丘には真っ白の浜菊が満開。木立の間にみえる紫はアザミ。外来種のような強烈な棘はない和薊。


一回りして長閑な昼下がりの芝生で一休み。

朝食後散策した田中さんが「向こうに鵜がいますよ。」と案内。
大きなCageに数羽の鵜。


鵜の岬は鵜を捕獲し、各地へ売られて行く。
捕獲場所のトンネルは season-off で入れなかった。


グルリと回って睡蓮の池の反対側にでると、鯉が押し寄せてきた。1mもあろうかと思われる大魚も。


集合時間3:00。
バスで一路柏へ。

  

Posted by jun1940 at 09:31Comments(0)自然の姿

2019年09月13日

'19.9大風15号猛威

猛威ふるった台風15号。
幸にも被害なく助かった!
同じ千葉県でもまだ停電の地区はどんなにか大変だろう!
流山水道局の給水車が被害地へ出動してるTVニュースに「頑張ってね!」と声援を送る。
目の前の古墳の森は倒木が猛威の爪痕を残している。


伐採手続き完了待の常陸太田の檜が気に掛かる。
常陸太田の建物が気に掛かる。
壊れたり、飛んだりして人様にご迷惑をかけてはいないだろうか?
見に行くにしても道路は大丈夫だろうか?
お寺さんの友人は境内の樹々倒木と言う。
雨戸が飛んで来たと言う友、雨樋が飛んで来たと言う友...
「森林組合にどうなったか?」問い合わせようかというと夫は「アチコチの被害で森林組合は大変な筈だから、問い合わせるな!」と言う。

昨日義弟2から庭木と建物異常なしとmail.
嬉しかった! 有難かった! 見に行ってくれたんだ!

流山&柏は停電はないが、一昨日の練習会場、近隣センターはaircon無し。
室外機が暴風で壊れたのだ。


贅沢言ってはいけない。
大きなセンプーキを2機回す。
35℃以上の外気だが、窓を開けた。
窓を開けたら蚊が猛攻撃開始。
被災地の方々はこんな事じゃ済まない日々なのに、やはりかゆ〜〜〜イ。

しばらくして空が一転かき曇り怪しくなってきたので解散。
大粒の雨と雷。
さすが恐ろしいので途中でスーパーに非難。

今朝の運河は暴風にもメゲズ、葛、キバナコスモス、菊芋花盛り。
朴の実もかろうじて枝にしがみついているのもある。




  

Posted by jun1940 at 11:49Comments(0)自然の姿

2019年09月09日

19.09.08常磐会&台風にそなえ

昨日8日はYoung宅で常磐会。
のどかに「やはりBachはいいわね〜!」と
ハープシコード、ピアノ、リコーダー & 声で様々に組み合わせてBach:Inventionを楽しむ。


夜は大型台風に備える。
電気が止まると大変!
炊飯器で余分に炊き、パンも余分に焼く。
猛暑で不機嫌だったベーカリーに「災害に備えるんだからね!協力たのむよ!」と声かけてスイッチーon。
ふっくら焼いて応えてくれた。


野菜は買い込んだし!
ゆで卵も作っておこう!

困るのはトイレ!
停電でもトイレは必要!
ペットボトルにミズを汲む。


今朝は電気も止まらずTVで台風情報確認。
今は東武野田線再開待ち。
常陸太田が心配だが、いかんともし難い。
神に祈るばかり。
電線にかかる樹木を伐ってもらっておいたので懸念事1つ救われる。
  

Posted by jun1940 at 08:36Comments(0)音楽自然の姿常磐会

2019年06月30日

06.30 運河駅の燕

運河駅の燕の巣が増えている。
親を待つ雛の姿。
セッセと餌を運ぶ親の姿。
待ちきれずに巣から出て待つ雛の姿。
気がつくとまたデジカメしていた。


古墳の森には小さな子供がアマガエルと遊んでいる。
小さな小さなアマガエル。
気がつくとまたデジカメしていた。



  

Posted by jun1940 at 15:01Comments(0)family自然の姿

2019年05月29日

命 

恐ろしいニュースに愕然。
穏やかな自然がいい! ... と古墳の森へ朝walk。
緑の中に真っ赤な実、グミが沢山実っている。遠くからカラスの鳴き声が!


万歩計に見ながら歩いていると、カラスの鳴き声がキツくなり近くなってきた!...と思ったら二羽が頭や肩すれすれに威嚇を繰り返す。
恐ろしいので早足で進むと益々威嚇が激しくなる。
前方に雛がいた。巣立ち失敗か?
番のカラスが雛を守ろうと必死だったのだ。
恐ろしさより親鳥の真剣な姿に胸熱くなった。

運河駅にも燕が巣から溢れそうだ。
人間が危害を加えないことが分っているからだろう。カメラ向けても親鳥が飛んで来たりはしない。


駅で燕ゲットしておおたかの森へ映画を見に行く。

ヴェルディーの「運命の力」

重く暗いstory の4時間余り。
アンナ ネトレプコ:ヨナス カウフマン :ルドヴィッく テジエ の素晴しい歌に惹き付けられる。

四人で行ったが、after-cinema でお茶する気分でもなく解散。

駅からの道に赤い ブラッシュツリー 。


ホット気分がほぐれる。
職場の文化学院の庭で初めて知った ブラッシュツリー。
30年以上昔のキャンパスを思い出す。  

Posted by jun1940 at 09:07Comments(0)音楽自然の姿

2019年05月10日

パプアでも九州でも地震

 7日: 息子1がパプアニューギニアへ立つ日 パプアでの地震情報。
 8日: 無事現地着mail
10日: facebookにupした風景にホットし、古墳の森へ。

木立を通して眩しい朝日。 深くユックリ光を吸い込む。


森には朴の木 が沢山あるが、高木の為に落葉が朴の木の存在を教えてくれるまで分らない。
もちろん花は見えない。
森の外れに花が見える朴の木が2本ある。
開ききったのも蕾も沢山ある。もう初夏なのだ!


森の中はキンラン&ギンラン 咲誇る。
何気なくデジカメしていて「えっ! ギンランが薄黄色では?」
黄色と薄黄色の混じったものもある?
エンゲルの豆が思い浮かぶ。






毎年見ていたのに、見落としたのか? 今年だけの変化?

キンラン ギンランはお預け。
午後はリベアンデールで「たまゆら」本番 ♬
      

Posted by jun1940 at 10:18Comments(0)family自然の姿古墳の森

2019年04月28日

旬の山&海の幸

検査結果異状は無いが「歩け」食後30分歩け! と医者は言う。
雨上がり、運河walk。
土手には蕨。


5000歩達して往路。
16号近辺で突然☂
フード被りしばらく急ぎ足していると止んだ。

万歩に心地良い満足感。
一休みしてスーパー。
高齢者の自動車事故が毎日報じられる。
いましばし 運転していたい。



スーパーでは期間限定 「活きほたて貝」 10cmほどの貝。
「洗って電子レンジで4〜6分 簡単料理」の魅力にゲット。
ワインをふりかけてレンジでチン!
ノンアルコールday にする予定だったが、ホタテの匂いに負けた。
貝殻は洗って庭に敷く。
  

Posted by jun1940 at 09:02Comments(0)利根運河自然の姿

2019年04月12日

お客様からDVD

2月の ♬たまゆら-Concert♬ の時の動画をDVDにして贈って下さった。
いつも来て下さっているお客様からの嬉しい贈り物。
仲間で回しあい、junjunの番。
さっそくPCに取り込む。


声、動作、特に目線、表情... 気になることばかり。




仲間の素晴しさに見せられ、「あ〜〜〜!」と自分のマズサに落ち込む。
深くお落ち込んでいると、sumireさんからmail
「師いわく反省はh度程に良いイメージを持って次の本番へ...」と。
だわね~ と気分転換。
玄関のクンシランが笑っている


柿の新芽が笑っている


山椒も「摘んでよね」と笑っている。


カシャカシャデジカメしているとクロネコの車。
景品のビールが届いた。


今夜は乾杯して次回本番に向おう!
  

Posted by jun1940 at 11:10Comments(1)音楽自然の姿たまゆら

2019年02月21日

'19.2.20:春近し

2週間程 歯に悩まされ、全身硬く凝に凝る。
千葉大でマッサージを受ける。
軽くなり、実験林や薬草園散策。
春の日射し。
梅林が青空に映える。


農学部の研究者たちが列になって実験林へ向う。


薬草園に福寿草。


躯も軽く帰宅すると花々が春を告げる。


南天は雪の日には真っ赤な実がついていたが、1つも実がない。
落ちたか?  と探すも一粒もなし。
小鳥が食べたのだろう。


午後は♬たまゆら♬ 練習。
きっと声がよく出るに違いない!


  

Posted by jun1940 at 11:44Comments(0)自然の姿

2019年02月10日

初雪の日

予報通り 7~8cm 積雪。

携帯写真は何故か横向きにしか入らない。スキル不足。
道路は凍っている。
在宅に限る。
今年に入ってダンシャリ。
娘が在宅なのでパソコン関係の段ボール整理。
この2〜30年の目まぐるしい機器の変化に改めて驚く。

廃棄前に懐かしいものをデジカメ。




種分けして、ゴミ袋が数個マンパンになった。
これから更に変化することだろう!

午後は森の図書館へ映画を観に。


懐かしいTenessee Williams の 「欲望という名の電車」
学生時代は暗く重苦しい小説や映画を読み、観たものだった。

次回は明るく楽しい映画を観たいものだ。
若いからで来たことだったのだろう。
見終わったら、心身が重〜く、どんよりしてしまった。  

Posted by jun1940 at 21:09Comments(0)family自然の姿

2019年01月12日

久しぶりの雨

昨夜歯の詰め物がとれた。
連休だし早朝医者に☎。9時前ならOKの返事。
レントゲンで確認し、とれたモノを詰めれば良いことになった。
心も軽く30分程歩いて帰宅。
「良い」事は重なり、帰宅後しばらくして久々のお湿り。
乾燥しきった空気に有難いお湿り。
玄関脇のセイヨウヒイラギに水滴。


水仙の葉の水滴が新鮮に!寒さ忘れてデジカメカシャ!


午後はwalkingも出来ないのでひたすら楽譜に向う。

ず〜〜〜っとクラシックばかり歌っていたのでこのところ毛色の変わったものに引かれている。
イタリア歌曲集が終わって、目下 ドイツ歌曲集をならっているが、他の一曲は別物を。
四苦八苦したTennesse WaltzのSwingだったが、OKが出た。次は Over the Rainbow♬



ドイツ歌曲はDein blaues Auge。 ドイツ語は難しい。単語を辞書の中に見つけるのからして困難。
英語はホットする。考えなくても入って行けるから。その代わりクラシックじゃない難しさがあるが、これもお楽しみ。知らないことを教わるのは楽しいものだ。

昨秋に始めたJazz-piano は休みが多くまだ3回しかlessonしていない。pianoを習っているけどまだ合計10分も弾いていない。
コードのお勉強。全音譜をつみかさねたお団子を積み替えしている。
Summertimeの楽譜をもらっている。なんとか弾き語れるようになるだろうか?



  

Posted by jun1940 at 16:46Comments(0)音楽自然の姿

2018年10月29日

秋晴れに飛ぶもの!

紺碧の空に飛ぶもの1... 飛行機


負けずに飛ぶもの2... 実が青⇒濃紺 になって空へ発つのはクサギ


竹林の陰のクサギはまだ初夏状態で花を咲かせて飛ぶ下準備


ノアザミには小さな小さな蜂が飛んで来た!


人の心は何処に飛ぶ? 花言葉「恋の予感:あなたを慕う」はブッドレア
英国の聖職者Adam Buddel の何因むというから、考えてしまうが。


甘い香りに蝶が集まるから 通称 Butterfly bush。

私は午後から沼風苑 の秋のEvent に参加の Music-Present♪
Musicの世界に飛んで歌ってきます。  

Posted by jun1940 at 09:37Comments(0)利根運河自然の姿

2018年10月20日

10/20 運河散策で秋の出会い

今日は利根川の水門まで目指す。
土手に白い小さなスズランの形の花!
名前や種類が気になる。 誰かが教えて下さるかも。ネットでも出て来ない!
気長に心に止めて置くといつの日かわかるだろう〜。


土手には幾つか囲いがあり、絶滅危惧種を保護している。

絶滅危惧種... で調べたらフジバカマと同種の ヒヨドリバナ?
しかし絶滅...ならフジバカマ?
どちらでも良いようなことをあれこれ考えながらR16 を横切る。
遠くに筑波山がクッキリ聳える。

10年程前迄毎月登っていた筑波山。
あのルート、このルート... と山道が駆け巡る。

茂みに真っ赤なカラスウリ... 秋だ!


やがて水門が見えてきた。

ココ迄来ると歩数計は5000歩を越える。

運河沿いの民家に桜。「11月桜」だろう。



  

Posted by jun1940 at 17:35Comments(0)利根運河自然の姿

2018年09月14日

Musicの季節&実りの季節

健康管理しながらMusicな季節。今月末はLineで太田賢治先生と角田有紀先生のConcert。


そして10月30日はイタリア歌曲を歌う。練習せねば、暗譜せねば!
旅や検診で落ち着かず歌離れ。
しっかり見抜かれてしまった。「何れくらい練習していますか?」「全然...」
練習していない人の特徴がことごとく出ているそうだ。
歌わねば!... その前に運河歩き...
晴れた秋空の昨日は心地良い空気。
森の朴の実は台風でほとんど落ちてしまっていた。大きな大きな実。


山ボウシも可愛らしい実。


ルツボも開花。


垣根の蔦の花はこれで開花?

「へデラ カナリエンシス」とネットにでていたが、難しい名前だ。

練習しようかな? 否その前に難問ナンプレで脳を活性化してからにしよう... と後回しはいけないのだ。  

Posted by jun1940 at 10:02Comments(0)利根運河音楽自然の姿

2018年08月27日

秋は?

昨日は明方 ツクツクボーシに起こされた。


秋だよ! でも猛暑。
古墳の森へ秋を求めてwalking。
朴の実が赤く色付き始めてる。ドングリが実っている。栗が落ちている...


木立の中で天に吸い込まれそうになる。

森はまだ油蝉が優勢。デジカメのカシャ!で飛んで行った。


緑の葉を誰がレースにするのかしら?
1噛み1噛み レースを編み上げるのだろう!


シャワーを浴びて、窓を閉め切り、音が漏れないように...
エアコンかけて、リコーダーを alt & sop 交互に持ち替えても指が動くように....
このところ「〜 リコーダーが入るんじゃないの?」.... ゴメン!  の繰返し。
指使いが違うので悲しいかなモタモタしてしまうのだ。
  

Posted by jun1940 at 10:16Comments(0)自然の姿古墳の森

2018年08月25日

自然の薬味

猛暑&台風の繰返し。
レッスンや練習は中止することなく繰り返している。
出かけた後は冷房の自室にコモリッキリ。
遠くに救急車のサイレンを聴きながら「熱中症になりませんように!」とコモリッキリ。
今朝は茗荷の薮を覗いてみたら、10個ほどゲット。


新鮮な薬味に重宝。
醤油漬けにすると一週間は保存できる。... というより、一週間もすると食べきるので保存期間は不明。



先日友人にみかんを頂いた。
暑くて庭に出ないでいたが、伸びた枝を払ったら沢山実がついていたそうだ。
未熟だから絞ってドレッシング代りに使うようにと沢山頂いた。
重宝して残り少しになったみかん。
夏バテ防止に新鮮なビタミンCのみかん。  

Posted by jun1940 at 10:16Comments(0)family自然の姿

2018年08月18日

'17.08.常陸太田のお盆に向う

6日 Bach-classと個人レッスンの前にJazz-lesson。


数枚の用紙に整然とまとめられた秋谷先生のJazzのコード説明。
A B C ... これは改めて覚えることもない。英語読みすればいいのだ。
一時間 アルファベットの横に加えられた数字と♯&♭ でコードの覚え方など一時間の講義。
次回から鍵盤の上で音を出すのかしら? とにかく興味深いJazzの世界に踏み入れた。
お盆の準備とは全く無関係かな?

庭のゴーヤは友達にお裾分け:これはお盆の準備。というか留守することへの準備。


11日早朝 夫の車で出発。娘は午後出発。
一般道で買い物をしたり,寺へ卒塔婆をいただきにいったりしながらノンビリ向った。娘は高速を使いほぼ同じ頃到着。
猛暑で先月除草に来なかったので、葛、ヤブカラシ、へクソカズラなど蔓生の植物が庭木を覆い尽くす。

可愛らしい花を沢山付けたへクソカズラは薬草でもあるが、とにかく手に負えない猛威。
蔓生植物を取り払うとアスパラの実が出てきた。大きく太く伸びたアスパラだが、ほとんど食べたことない。


3カ所茗荷の茂みがあるが、茗荷まで辿り着けないくらい草茫茫。収穫は断念。


茗荷の子のかわりに「ヤブミョウガ」の花ゲット。


紅、白、ピンクのサルスベリは猛暑の中も咲誇る。


通り道を切り開き、初日終了。
12日 暑くならないうちにと3人で墓掃除。そして お盆飾り。


1mもある長い提灯や、二つ巴の家紋入りの提灯その他。昔は新盆に親戚や知人からおくられたのだが、今もこんな風習あるのだろうか?... といぶかりながら飾る。

御飾り完了し、本格的に除草をしていたら弟4が本格的に武装して手伝いに来てくれた。
一気に作業が捗り、有難いことこの上無し。
13日 早朝3人で墓参。
昼過ぎ弟2、3、4が家族でやってきた。
墓参済ませ総勢14人 でお茶タイム。
横浜の6人は明るいうちに帰宅したいと帰って行った。若い甥達とお嫁ちゃんたちがこんな冷房も無い田舎やへよくぞ来てくれると感謝。

夜は8人でお盆-Party。
世界を旅する甥っ子、間もなく南米に赴任するらしい甥っ子。
若い世代の元気な真っ直ぐな会話は楽しいし、歳を忘れて会話に加わりながら、時代の変化を満喫。

有意義なお盆大集合だった。
皆様ありがとう!




  

Posted by jun1940 at 13:24Comments(0)family自然の姿

2018年07月30日

古墳の森:キツネノカミソリ開花

3週間前 古墳の森に キツネノカミソリを見つけた。
猛暑や豪雨の荒れた空模様に雷雨警報も加わるようになった。
雷雨の季節には キツネノカミソリが開花するので気になっていた。

今日は?今日は?と訪れた。


今朝は?
開花!


やったぜ、Baby! とデジカメカシャ!
しかし 森は余にも高湿度。
早早に退散。
  

Posted by jun1940 at 10:02Comments(0)自然の姿古墳の森

2018年07月27日

茗荷収穫!

平年並みの夏に戻り生き返る。
咲誇るサルスベリも青空に映える。


暑さと蚊に怖れをなして、顧みなかった庭の片隅。
茗荷が大きく茂り、根本に黄色い花が見えるではないか! 茗荷の子が出ている!


収穫 ⇒ 醤油浸け
今夜の一品。


7:30 古墳の森散策。たいてい同じ人が歩いている。
名前は知らないが「おはようございます」とすれ違いに声をかけ合うと、不思議と互いに笑顔になる。
散策中 携帯で受信の振動を感じるとベンチに腰を下ろして mail,message,Line 等を確認。
そしてまた歩き始める。

このところ「所により雷雨」の予報。
雷雨の季節といえば「キツネノカミソリ」
やはり、あった! キツネノカミソリの蕾。 明日は開花かしら?


母校「津田塾大学」が職場だった仲間が小平のキャンパスに「キツネノカミソリ」を見つけて、花仲間が夢中になったことがあった。
運河にも開花しているから彼女達を誘った。
土手を歩いているうちに空はかき曇り雷雨。急いでかけ戻った想い出があるから 「雷雨=キツネノカミソリ」と結びつく。
今夜は雨らしい。
明日はキツネノカミソリ開花にちがいない。

  

Posted by jun1940 at 10:32Comments(0)自然の姿古墳の森

2018年07月08日

Chor Wonne定期演奏会:出会い多々

岡田さんからご招待。Chor Wonne の定期演奏会、我孫子けやきプラザふれあいホールへ。
雨も止み昼過ぎ出かける。
運河の駅で先日二羽のつばめをみつけたが、標識ではなく、更に高いライトの笠の上に雛の頭!

階段を登ると2Fの通路の真ん中にテープで要注意区画指示。

通勤の混雑時に大変だろうが、燕の巣は権利を守られる。 ... ほのかに平和は自然。
豪雨だの地震も自然だが、燕の飛来はだれも歓迎。
燕のデジカメしていたらヴァイオリンの響き♪


展示コーナーで駅コンやっている。
♪見上げてご覧〜〜〜♪ 合わせてハミングたのしむが、時間がないので改札に。


Chor Wonne の会場へ。
エリカ、明響、K.M.C その他の合唱仲間に逢う。
Wonneの堤先生はK.M.C.でお世話になった先生。個人的には存じ上げないが、素晴しい先生。
K.M.C. でマタイの練習時、隣席のアルトさんに「堤先生の音楽もお人柄もすてきですね~」とおしゃべりしたら「私の娘です。」とのお言葉に恐縮したことがあった。

今回のソリスト:鈴木美登里、染谷熱子、上杉精仁、高橋和真 素晴しかった。
ご招待下さった岡田サン「ありがとう」

思いがけない出会いは!
2008年10月 ウイーンのシュテファン大聖堂とチェコ:リトミッシェル&プラハ へ音楽旅をご一緒した安尾さんが声をかけてくださった。


あ〜20年経っているんだ、あのときから。感慨無量の出会い。

「あげたいものがあるの」 と 片隅へと引かれ、一冊の御本を渡された。
「え〜! いただいていいのかしら?」
「つぶやき楽しみに見てるのよ。3日が最新かしら? 読むと元気がでるの〜」
.......
こんなやり取りで結局頂いてしまった。


ゆっくり彼女の船旅を読ませて頂くことにする。
ありがとうございました。

燕に始まり、思いがけない出会いのWonne定演だった。
そして夜 携帯が緊急地震情報がけたたましく響く。
幸 なにごとも無くよかった。
京丹後と豊中の妹に無事メール。
2人の妹達の方が豪雨で物流途絶え深刻な状況。
三姉妹無事確認の夜だった。
  

Posted by jun1940 at 10:48Comments(0)音楽自然の姿