さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2008年01月05日

スエコザサ初対面

竹笹fever の私にとって 昨年のmainは 念願の「スエコザサ」との初対面。
高知滞在中、五台山竹寺に隣接する「牧野富太郎植物園」へ笹との対面目的で向かう。
息子に園まで送ってもらって一日独り散策。


妻寿衛子が無くなった年、仙台の丘陵地で発見した笹に博士は妻の名をとって「スエコザサ」と命名。
  家守りし妻の恵みや わが学び
  世の中のあらん限りや スエコザサ                             
と句を読んでいる。
古い造り酒屋の息子の富太郎は植物の研究に一生を費やす。
家業も資産も そして 妻も 研究を支えた。
古き時代の妻の姿だろう!
笹は 普通の良くある雰囲気で特別人目を引くものではない。
葉の片側が裏側に軽く裏に巻き、白い毛がある。
宮城以北に自生。
しかし南国土佐の植物園にも立派に繁殖。
原産地ではもっと細く小さいかもしれない。
ネットで 東京練馬に牧野邸が「牧野記念庭園」になっているとでた。  続きを読む

Posted by jun1940 at 10:43Comments(2)竹笹