さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年04月29日

名無し会 大楠山ハイク 4/27

4/27 今年第2回 名無し会山行は大楠山。5M+3FはJR逗子駅10:00集合。
前田橋でバス下車。前田川遊歩道→大楠平→大楠山 と歩く。



せせらぎの中や傍に作られた遊歩道。時には水を跳ね、滑る岩に、木道に注意を払いながら歩く。
241mの低山だが、大楠平の菜の花には「まだか?まだか?」と早朝出発の空腹をなだめながら歩く。
高い木立のなかを見上げても花は見えないが、前日の風雨で落とされた藤の花が路傍に散っている。
ちょっとした贅沢な花道。

樹林を抜けると2〜3mあるササの中。
日射しの中も心地よい気温。
大楠平の菜の花はスッカリ実を結んでしまっていた。
山頂の展望台は小学生が遠足で来ていた。元気に駆け回っている。
お弁当後、展望台に登ると360度のパンラマ。
先客が「筑波山が見える」と言っていたが見当たらない。
房総の鋸山を間違ったのではないだろうか? 平成17年正月に名無し会で登った鋸山。懐かしく想い出話がはずむ。



眼下には江ノ島。
京都府北部の舞鶴では当時中学の修学旅行は東京、江ノ島、鎌倉だった。



半世紀以上昔の修学旅行を思い出す。
私のカルチャーショックは江ノ島のサザエ。
貝の中に小さく切って味付けされたサザエが料理に出て来た。
日本海に面した故郷ではサザエは炭火で焼いてブツブツ煮えて来たら身を引っ張り出し生醤油に付けて豪快に齧る。
上品に調理されたサザエには強烈なショックだった!

下山はゴルフ場脇からせせらぎに沿って結構な急階段を延々と下る。上り下り逆ルートでなくて助かった。
世話人Fの心配りだろう。



孟宗竹やマダケの竹林を通り、阿部倉温泉下から里山田園風景を楽しみながら更に下る。
時間があるので菖蒲園に立ち寄る事になった。
細道の周りの竹林はまさに「竹の秋」。紅葉した竹の葉で一面の黄色。
稈まで黄色くみえるので竹林に踏み込んだ。
あ〜〜〜! 竹の秋には違いないが、黄色いのも当然!
天然のキンメイチクの竹林ではないか!
植物園や庭園にはキンメイチクの手入れの行き届いた竹林がある。
これは天然のキンメイチクの竹林。
おまけに 筍まで生えている!
興奮気味にデジカメしていると仲間は呆れ顔で喜んでいる。




稈に黄色と緑の縦縞のあるキンメイチク。
楠 の山に行って金明竹と出逢う。
さらに菖蒲園にいって菖蒲じゃない花見をする予想外の名無し会ハイクだった。  

Posted by jun1940 at 15:21Comments(6)山と植物

2009年04月23日

'9. 舞鶴も春

4/12 湘南国際村センターの合宿を少々早退。新横浜から新幹線で京都へ。
乗り継ぎがよく、9時過ぎに東舞鶴着。

人気の無い実家は春でも寒い。
13日 妹と母の入院先日赤で落ち合う。

東舞鶴駅前も日赤の横を流れる伊佐津川も春。



満開の櫻は一風来る度に花吹雪。
櫻の花弁の中のタンポポ... 春だ。


肺炎で危篤状態だった母は乗り切った。
97歳でよく頑張った! 気持良気に休んでいる。
内科から皮膚科に転科。リハビリマッサージを受ける事になった。
この歳までよく頑張った母。 苦しまないことをのみ祈る。


春爛漫の黄色のタンポポの強烈さより、川辺の白いタンポポの優しく穏やかな風情が心安らぐ。  

Posted by jun1940 at 16:16Comments(2)舞鶴

2009年04月21日

合唱団明響:合宿

4/11〜12 合唱団明響は湘南国際村センターで合宿。



満開の櫻に色とりどりの花。春風の中遥々訪れた逗子の国際村センターだが、花より訓練。
一泊2日は猛烈特訓。楽しくも厳しい合宿。
このセンターには国際会議室、音楽室... 完全に外界と遮断された施設。
会議室など、携帯は圏外。

広大な山の敷地のセンター。



人文字が見える様に縮小写真。明響 Mei-Kyou の MK。

5/31 宗教音楽の権威 指揮者黒岩英臣 を柏文化会館に迎えての演奏会。
   東京City-Phil をバックに ヴィヴァルディー: グローリア
                モーツアルト  : ハ短調ミサ曲 



お時間のある方は是非聴きに来て下さい。
浅野書店(柏) などでチケット販売しています。

「音楽の友」4月号 に「世界にはばたく名演奏家たち」のページに黒岩先生の名前をみてあらためて感激。
合宿にも熱が入るというものです。

昨秋 ミサ曲を唱いに行ったウイーンのステファン大聖堂の写真を使ってもらった。
チラシとチケットに美しくデザインされたのは 思い入れも一入の感激。
junjunのデジカメから係にメールで添付し、瞬時に届く映像を係は自分のPCでデザインする。
世の中ッて変われば変わるものだ。
but,but...  人の心は変わらない。 
音の世界は昔と同様に人の心を揺さぶる。

宗教音楽はマニアックかも知れないが、唱い出すと嵌る。
天井高くハモッて祈りにな〜〜〜レ! 
クリスチャンじゃないけれど 和音がピッタリ合った瞬間「これだ〜〜〜!」と陶酔感にひたれる。
そして あれこれと世俗的だが心の奥底から 祈りがこみ上げてくる。
後一月少々で どうか素晴しい音楽ができますように!

充実した2日間だった。

心残りは1時間早退して新横浜から新幹線で舞鶴に向ったことだった。  

Posted by jun1940 at 16:17Comments(6)音楽

2009年04月18日

伊豆高原は石楠花満開

4/7 早朝 帰途に着く前に宿の庭園を再度散策。
櫻は見事に満開。低木も色とりどり。地にも草花。
天城山の石楠花は蕾も姿を見せていなかった。1000mの高度さに植物は正直に対応している。
衣類や暖房で季節をごまかしたりしない植物。

庭の石楠花は見頃。



ピンクと白の石楠花。蕾が3分。
朝露を載せて大樹の木陰に咲いている石楠花。

庭石の隙間、苔の上... 至る所に咲いている小さなスミレ。



下山中に白いスミレが咲いていたが、デジカメせずに通り過ぎてしまった。
庭のスミレは紫系が濃淡に咲いている。見ると葉の形も異なっている。

帰途はカーナビで「最短距離」を指示したら、これでも道路?と思いがけないローカルな路地など右折&左折の命令を出す。
距離が短いからといって短時間とは限らないことが分った。
3:00頃の帰宅。順調な旅だった。  

Posted by jun1940 at 13:11Comments(8)山と植物

2009年04月16日

天城山(万二郎岳&万三郎岳)4/6

4/6 早朝宿を出てスカイラークで食事。コンビニでお弁当を買い込み、天城高原ゴルフ場へ向う。ゴルファー以外のための駐車場は広いスペースに数台しかいない。



各自準備運動を済ませ万二郎岳登山口へと登る。15分。小1時間かけて万二郎岳へ登る。
快晴の早春。歩くと汗ばむが、気温は低い。



快調に進み万二郎からアセビのトンネルを通って万三郎に更に1時間。石楠花は蕾の陰も形も無い。ササは30cm丈、ショボショボ生えている。



枯れ葉の絨毯は柔らかく足に優しい。久しぶりのウオーキングに心配していたが全く異常なし。
KT夫人も快調。昔話や近況等語りながらのどかに歩く。



涸沢分岐分岐点からゴルフ場に向う。
周りのササの丈が伸び始めた。下界に下りて来たのだ。
岩の間からアザミが新芽を出している。天城山には「アマギー...」の付く草木が幾種類かあるのだが、アマギアザミとは聴いた事が無いから、このアザミにはアマギーは付かないのだろう。



標準4時間コースでほぼ標準歩きだった。
石楠花の季節は「石楠花コース」の名の通りの眺めだろう!
KTさんが下見ウオークしてくださっていたのだ。
宿の温泉は3時から。それに間に十分間に合う下山だった。
一風呂浴びて、「またあるこうよ」で乾杯。
快適、快適のウオーキングだった。
  

Posted by jun1940 at 18:26Comments(5)山と植物

2009年04月09日

伊豆高原の春 09/4/5

伊豆の山「天城山」へ。
ottoの友人KHさんご夫妻と昨秋の袋田ウオークに続く山行計画。
伊豆高原にある彼の常宿に集合。
4/5は日曜日。ETCは1000¥。
高速は混雑するだろうと予測し、臍曲りと節約で一般道を行く。外環道の下も都内も246号も
1号もガラ空き。快調な走行でユトリがでると寄り道する。
大型家電店でなんとなく乾電池を買ってみたりしながら、予定より速く到着。
すでに到着のKHさんに挨拶し、伊豆高原の有名な桜並木を歩く。



3時過ぎで日が低くなり始める。



別荘地のお庭は庭師の手の入る樹木が春真っ盛り。
桜並木も見事だが、お庭の花も見事!



翌日歩く山かしらと、花の向こうの遠くの山々が気になる。
足下には昔懐かしいシャガや山吹も満開。

結構な坂道を上り下りして、十分に万歩を刻んだ。
温泉に浸り、寛いでいると身体の変化にハタと気づいた!
花粉症に涙を流していたのに、涙が止まった。
顔中がムズムズ痒かったのに、治まっている。

大学以来続いているお付合いは数年前、燧岳にご一緒してから、山行きの楽しみが増えた。
山歴からすれば、槍でも何でも1人で踏破してきたKHさん。
中高年になって歩き始めた私などとは格段の差。
それが、歳と共にハイキング的山行きを付合って下さる様になった。
6日は天城山の万二郎と万三郎へ案内して下さる予定。
無事歩ける様にと早々に休む。

  

Posted by jun1940 at 17:04Comments(2)自然の姿

2009年04月08日

'9. 運河のお花見 4/2

薄ら寒い雨日が続く中、やっと現れた太陽の4/2。
寒気が流れ込み冷たい北風が強いが、晴れた。
合唱団明響の仲間と運河でお花見。
太陽に誘われてチラホラ咲き始めた櫻。



帽子を吹き飛ばされそうになりながらもそぞろ歩き。
予約のレストランでランチの後作品展へのご招待。
画も趣味とするUさん宅が私たちのために画廊に変身していた。
何度か受賞している彼女の沢山の作品にみんなウットリする。
現代的な作品を展覧会で拝見していが、具象も素晴しい!
デッサンの積み重ねであんなに素晴しい抽象画が出来上がるのだ!
拝見の次はお茶。
これがまた素晴しい。
美味しいものが素晴しい器にのっているから更に美味しい。



手作りの食器なのだ。



櫻も美しいが、この手作りの食器には彼女の心がこもっている。
大事にお部屋を、家庭を手作りしている彼女の姿!
なにより素敵なお花見の一日だった。

  

Posted by jun1940 at 13:15Comments(0)利根運河

2009年04月04日

ショウジョウバカマ:’9.04.4

庭にショウジョウバカマが咲いた。
20年以上も昔、花の好きな姑と義姉が田舎で植えていた。
流山にも植える様にと二株持たされた。
日影で増えるとのこと。
今年やっと花が10になった。
気長な花。



去年は花が咲かなかったが、葉が増えた。増えた株に花が咲いた。
抜いても抜いても増えるユキノシタと対照的な繁殖力。

今年は色が二種類になった。
蕊の色も二種類。
株が増えて変化したのだろうか?
気になるショウジョウバカマ。
ノンビリ my-paceで ひっそり咲くショウジョウバカマ。
日影を好むショウジョウバカマ。

分けも無く気になる静かなショウジョウバカマ。  

Posted by jun1940 at 23:29Comments(7)family