さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年07月23日

'13.7 名無会:蓼科walk3八子ヶ峰

3日連続快晴! 

9時過ぎ 宿の車で南白樺バス停へ。チェックアウトしたのでザックが肩に食い込む。
バスで八子ヶ峰公園着。白樺リゾートウオーキングコースの筈だが、案内が無い!
目安の牧場でコースを尋ねると親切な奥さんが道を教えて下さった。
案内板の道らしきものも無いのはハイカーが減り、村の人達がしていたコースの整備を止めたため、草が生い茂ったとのこと。
スキー場の休業中のロープウエイの下のスロープを登る。
柔らかい足場と爽やかな風に救われるが日射しは次第に強くなる。

根曲り竹はみごとに開花。黒々と開花。

途中で先程の牧場の乗馬3人が上から下って来た。
颯爽と手綱をとる姿に声援を送る。「頑張って下さい」と言われてまた登る始める。

ウスユキソウ(エーデルワイス)、シモツケソウ、ゲンノショウコ、クサフジ、
   

頂上で軽くお弁当。


目の前のムラサキ色が気になった。
菖蒲では? 山の上になんで菖蒲?湿地でもないのにナンデ菖蒲?


下りは足場の良い砂利道。
休業中のロープウエイの建物中は風通し良く、ビッショリかいた汗が一気に干て行く。
続きのお握りでお昼を完了。

再びザックを担いでバス停へ。
南白樺で小一時間茅野行きのバスを待つ。
ピーチソフトクリームを舐めながら釣り人を見学。


茅野駅で反省会ご無事解散。
16490歩。
次回は何処だろう? 
健やかでいたい。みんなに健やかでいてもらいたい!
  

Posted by jun1940 at 16:32Comments(2)名無し会

2013年07月22日

'13.7 名無会:蓼科walk2

19日快晴の蓼科山に宿のロビーから「おはよう!」
宿の車で東白樺湖バス停へ。車山高原→山頂(リフト)
山頂駅を左にして山頂へ登る。結構な登りだが、一面のニッコウキスゲをデジカメしながら。
鹿が花を食べるので電線で広範囲に囲い。「触るな!危険!」の表示あり。
 

昨年はリフトに乗らず登った山頂で雨が降り始めた。眺望無しの車山だった。

あれが槍、これが八ヶ岳... と山々を360° 楽しんでいる間、リーダーのmr.Kとms.Tが八島ヶ原湿原へのルートを確認している。
エーデルワイスが満開。

蝶々深山 → 物見岩


歩いて,歩いて、八島ヶ原湿原。湿原の周囲を歩いて,歩いて。

やっと辿り着いた往路で見た標識に救われる。


体調を懸念していた2人も無事宿に帰着。目出たし目出たし!

24049歩 に 生ビールや久保田で乾杯!  

Posted by jun1940 at 09:25Comments(4)名無し会

2013年07月21日

'13.7 名無会:蓼科walk

茅野駅12:15 集合。4m& 4f 計8人。
宿の車で御柱トレッキング入口へ。
お昼は各自車中で済ませているので、さっそくスタート。
猛暑の東京から一転して爽やかな蓼科高原。
木陰の道ルートを辿る。


いつもの世話係 mr.H が不参加。チトもの足りない。みんな黙々と歩む。
宇山堰跡を過ぎ、御柱御用材跡地に辿り着きほっとする。
切り株の立て札を読む。
深紅の茎に小さな蕾。名は解らないが不思議な形と色に足を止める。


さらに進み塩沢堰。六川長三郎勝家が私財をなげうって6年がかりで完成させた55kmの堰。
奇麗な水が正保3年から流れ続けている。


建設に携わった人達のそれぞれの信仰の為に数種類の小さな祠が残っている。
異なった宗教をもつ人達が争うこと無く仕事をしていたことになる。
宗教と平和、民族性... 。私財をなげうって堰を作る指導者...


蓼科牧場から夕日が丘に歩いたが、車道のコンクリートは厳しいので途中で引き返す。
自然の村着。
涼風の緑豊かな宿はロッジを占領。
夕食後 浦和からmr.Tが担いできた最高の久保田でさらに歓談。話題は尽きない。

13009歩の足慣らし初日無事終了。
リーダーK&I ありがとう!  

Posted by jun1940 at 22:22Comments(1)名無し会

2013年07月15日

'13. 今年もグリーンカーテン

春にグリーンカーテンで猛暑をしのぐ運動で流山市のゴーヤの種配布を申し込んだ。
一袋当った!
5月に種蒔。
一月程で発芽。

葉っぱが出た。南と西に計3カ所植えた。
南はベランダと窓のグリーンカーテン。
西は西日を避けたくて隣家との境のフェンスに繁茂させよう!
それぞれにネットを張った。
南はなんとか伸びそうだ。

既に猛暑。どうも頼りないカーテン。

西は一本虫に食べられてしまった。一本で頑張っている。

ゴーヤにもBachを聴かせているが、効き目はあるだろうか?
猛暑で融けそうな毎日。

明日は日野のHさん宅のBachの会に誘われた。
参加者はそれぞれに一曲歌って青木先生にコメントをいただく。
ロ短調ミサのAgnus Deiを歌いたいと伝えたが、2週間で整えるのは無理な話。
ちゃんと歌えないけれど、練習する程にのめり込んできた。
  

Posted by jun1940 at 16:19Comments(4)family