さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2014年10月30日

'14.10.29乳癌その後ひたすら歌って歩く

「その後元気?」の問に「至って元気よ!」と答えながら複雑な心。
20cm程の縫い目と表面下の喪失感は健常ではあり得ない。
ことあるごとに神経はそこに行き、後遺症や副作用のチェックを無意識にしている。
それでも徐々に心底が光を見るようになってきた。
そして与えられた命で何をしたいか?

したいことの1つは歌♬。
ic-redorderをゲット。
昨日常磐会(歌友カルテット)のあと3人に着いて来てもらって物色。
結局愛用のOLYMPUSの新しい形をゲット。愛車 mira イースと同色。
オニュウをゲットしたら使いたい。
車で5分程の国立癌センターへ歩くことにした。
早朝walkして車で通院するなら、早朝walkでセンターへ行くべきだ!.... そんなことどうして思い至らなかった?

Schubert:Serenade, サンサーンス:Mon coeur s'ouvre a ta voix、CatsのMemory... 欲張って録音。
7500歩程歩くと十分に練習できる。心地良い秋空。

柏の葉公園の紅葉の向こうにセンターが白い。


センターの前の東大の建物と黄色と青い空!

手続きその他すませる。
波に乗ったwalk気分持続。帰途は柏の葉公園をブラリ。競技場を覗く。


アスリート達が黙々とスタートの練習をしている。
人影のないスタンド... 
センターの6F病棟から見下ろしていたスタンド。今は秋。抜けるように爽やかで明るいスタンド。
人工芝に触ってみる。


野球、サッカー、テニス... 様々な競技場もある柏の葉公園。

整然とした秋の中に躑躅 

東大キャンパスに沿ってグルリと大回り。
一日の歩数 25700歩。 これでは「元気」と答えるしかない。



  

Posted by jun1940 at 10:34Comments(2)乳癌

2014年10月27日

'14.10.27 特定外来生物名アレチウリ

連日のMusic-Presentのヴォランティアー, Lesson,
そして昨日は池辺晋一郎先生の講演会。
歌友からチケットを頂き、別の歌友と龍ヶ崎文化会館へドライブ。
お話の上手な先生に引き込まれ、思わず大声で笑ったり頷いたりしながら楽しんだ。
音楽、音 は風や水のような物だとおっしゃる。
速度を上げると音が高くなる。高い所から低い所に落ちるのが自然。
自然に逆らっては素晴しい音楽は作れない... モーツアルトのメロディーを弾きながらのお話。
素晴しい一時だった。

今日はぽっかり予定が空いた!
昨日のお話の余韻に浸りながら秋風や運河の流れをみてwalking.

夜半の雨で濡れた土手に茸!
日当り良い土手なのに茸。
国土交通省の河川事務所が除草をしたので、枯れ草の湿った山に茸がでたのだ。
今朝も除草作業。

何を? 看板に「対象特定外来生物名:アレチウリ」とあった。
蔓性植物が運河には蔓延っている。繁殖力の強い外来種が運河の生態系を壊すのだろう。
どの蔓植物だろう?... と植物へと耳も目も移る。

先日ゲットしたカラスウリを思い出した。真っ赤に熟れたカラスウリ & 携帯の半分もあるシマシマウリ。まさかこれは外来種じゃないだろう?


除草した枯れ草のなかに真っ赤な芽で彩りを添えているのはイタドリ。

ドングリもアキノ風味。
万歩に少し欠ける。
夕食お買い物も歩かねば!
  

Posted by jun1940 at 16:08Comments(0)利根運河

2014年10月26日

我孫子のかじ池亭

10/21 Lesson仲間3人でmeeting.
我孫子のかじ池亭。
湧き水の池と静かな庭 

11月の寒さに紅葉あり、蓮の花あり。

シュウメイギクの白さが雨の中に光る

道沿いに白い花が満開。名前が判らない小さな花。

コメントにちっころさんが「白鳥草」と教えて下さいました。
ネットで検索。ピンクがかった白鳥草がでてきました。
ありがとう!

話題は何と言っても音楽。
1人は乳房とリンパ全摘。ピアノが弾けなくなるのを怖れて声楽を始め、大学の通信教育で医療関係の勉強を始めた。学会にも出席して学んでいるから、治療のことで分らないことがあれば教えてくれることになった。
乳癌にメゲズ前向きに対処している姿が自分の前にあるのは心丈夫だ。歌友は癌友でもあった。


  

Posted by jun1940 at 10:35Comments(3)音楽

2014年10月21日

'14.10.19二胡演奏会

10/19 自治会レクリエーション大会
     
素晴しいポスターを作って下さっていたのに、デジカメ持たず携帯で。
'communication-lunch' → コミュランチ  のネーミングに乾杯!
ランチの前に自治会員であり、二胡奏者「真真」さんの演奏。
演奏姿も携帯でげっとしたが、ピンボケ。チラシのエイゾーから頂くことにした。



二胡は中国大陸の音楽。情緒あふれる旋律に弦の響きが会場に響く。
「賽馬」は騎馬民族の滑走する馬の群れ。会場も「1、2、3、4!」と馬に合わせて掛声で参加。
真真さんの誘導がまた格別で楽しさが膨らむ。

最後のチャルダッシュは東欧の音楽でヴァイオリンの曲だが、二胡のもつ東洋の響きが日本人の心にしみた。素晴しい演奏会だった。
自治会の役員さんの企画は素晴しい!
「ランチ&お楽しみ」は残念ながら不参加。
午後は自分のMusic-hour。終演後急いで電車移動。  

Posted by jun1940 at 09:43Comments(1)音楽

2014年10月18日

バルトの合唱国 エストニアの「室内合唱団コレギウム ムジカーレ

6月にエストニア合唱際に参加した。国民全体が合唱してソ連から独立した。バルトの合唱国エストニア。
その合唱団「エリッキ=スヴェン トゥール と室内合唱団コレギウム ムジカーレ」が来日。
仲間5人でバルトの旅を思い出してコンサートに出かけた。
2014.10.16 同仁キリスト教会(文京区目白台) 19:00開演


日本&エストニア友好協会の見知った方々はどなたも合唱大好き。
多くの在日のバルトの方達の姿もあり、再び旅をしているような雰囲気。


合唱は全てアカペラ。美しくしっかりしたハーモニー。
ノンビブラートで美しく響く。
さすが合唱国の合唱団!
松下耕作曲「やっさ節」の演奏もあったが、発声が東欧言語の発声の為だろうか? 違和感無く自然に聴こえた。
素晴しい演奏だった。
曲は現代のエストニアの作曲家のもので、現代音楽。
昔の民謡のような曲ではなかった。古い民族音楽も聴きたかったな〜。
終演後客席からデジカメでパチパチ始まった。撮影可?
それでは私もデジカメゲット!

5人でafter-concert。
乾杯にいつもの音楽談義。
♬ いい気分で終電になってしまった ♬
  

Posted by jun1940 at 22:12Comments(0)音楽

2014年10月14日

'14.10.13野田市のコメスタで名無し会

6/25の名無し会「皇居庭園散策」いらいの会。Kちゃんと私の入退院でしぼんでしまっていた。
2人の復帰を祝って、世話役さん達は2人の行き易い野田市に会場を設定.... 感謝!
横浜、武蔵村山、相模原から遥々集まってくれた仲間。
山歩きの仲間だ。
前日ゲットした「人工mamma」を着して晴れ晴れと参加。
30分以上も早く着き、会場のイタリアン「コメスタ」の庭をウロウロ。
有難い人工物で背筋を伸ばすと美しく華やかな花々が目に付く。

水槽の睡蓮。

垣根の蔦薔薇

テラスの屋根迄のびたコスモスが淡く夢見心地
駐車場のど真ん中に大樹とパンパースグラス

大樹の「気」を深呼吸!
12:00 フルメンバー11人集合。
再会を祝し乾杯。
Kさんと私は仲間に心配をかけたので経過報告で感謝する。
美味しいイタリアンに強いMr.Y.Iが次々とオーダー。
ウエイターに快気祝だと告げるとローソク付きのケーキ2つとカンツオーネのサービス。
カンツオーネは奇しくも「フニクリフニクラ」! 山歩きの仲間にピッタリの歌。 一緒に大声で歌った。

ワインは大瓶で紅と白。
Verona産の美味しいワイン。
ユーモラスなシャモジモドキは飲み残しを計り、清算時に差し引くらしい。

紅白ともこの計量器を使う必要はなかった。何度乾杯しただろう!
何時迄も話題は途切れること無く盛り上がる。
Kちゃんと私が本当に歩けることを確認した仲間は「またみんなで歩きに行こう!一泊してノンビリ歩こう!」に一致した。
「12月の忘年会歩き」ほぼ決定。

夜には台風到来の天気予報のため解散するも、タクシーで駅直行は忍び難い。
駅迄歩くことになった。
平成14年10月23日「箱根 金時山」を初回として一緒に歩き続けてきた「名無し会」だ。
まだまだ一緒に歩きたい仲間!
  

Posted by jun1940 at 14:10Comments(0)名無し会

2014年10月12日

'14.10.10乳癌術後補正用品ゲット

術後回復の為のwalkingは必須。but... walkingだけでは!

運河walkの嬉しい出会いに心身の健やかさを補強
今朝の出会いは懐かしいホオズキ。野生のホオズキ

walk後 勇気をだして病院で紹介された「乳癌術後の補整用品」の2店に電話予約。
銀座のKEA工房は12:00, 浅草橋のWacal-Remammaは16:00 に予約が取れた。

KEA工房は入院用にゲットしたホスピタブルブラジャーの店。
様々な手術後の補整用、つまり切除したものが手に入る。サイズ、形、重量などを計り、試着に試着を重ねて決める。
シリコン製で手触り、形... 実物そっくりにオーダーできる。ラグジュアリーは924,000¥〜
とりあえず既製品に....

ブラスも術後用ストレッチマイクロファイバー製は素肌に滑らか。

それでも... 考え込んでいると「プレゼントしてあげる!」と言う娘にありがたく感謝することにした。
乳房もブラスもドイツ製で術後のケアーを考えた商品に決定。
ドイツ大好き人間の娘は「そうだよ、昔からドイツは医学的に深く研究してるのよ。」と満足。
ある筈の両乳房。片方では精神的にストレスがたまり、腰痛や肩こりの原因になる人も要るとか。
人間の心とは微妙なものだ。
驚いたり、感心したり、納得したり...

満足感と疲労感に2人とも少々ハイ気分でお寿司のランチ。
4:00 まで時間があるの本郷3丁目へ移動。娘のかつての会社の引っ越しを見に行く。
多忙による体調不良で退職したが、とっても暖かい人間関係の会社で沢山学ばせてもらったとのこと。
後輩の姿に声をかけ自然な親し気な会話をしている娘。退職後も仲間の集いをしている...


娘が昔よく歩いた大都会の説明を聞きながらお茶の水へ下る。お気に入りの水道局の薔薇公園を突き抜ける。

深紅の薔薇は「マリア カラス」...  あ〜 やっぱり元気に歌いたい!
深紅のマリア カラスに夢をもらう。
お茶の水から浅草橋へ。
WacoalのRemamma とは素晴しいネーミング。 再び母性へ!
さすがランジェリーの会社。補整する為の商品が美しく装うことを目的に考案されている。
再びサイズ、形、重さ... を計り説明を聴き、最も自然に見えるものをゲット。

私のかつての職場「日本橋女学館」のある懐かしい浅草橋。
革製品店、宝石店、衣料品店... ぶらりぶらり。
気が大きくなって、紅と白の革製のバッグを2つゲット。
乳房ゲットのお祝いの紅白!

  

Posted by jun1940 at 14:46Comments(0)乳癌

2014年10月11日

'14.10.11笙にも出逢う運河walk

家から2〜3分で運河に出る。丁度利根川と江戸川の中間点。
江戸川に近い水辺公園から笛の音が流れて来た。土手から見下ろすと小さな子供を高い台に座らせて聴かせている。土手を下って行くと


人形! おじさんが人形相手に笛を吹く? ??? 
♬笛は雅楽の笙♬ 東京の雅楽の楽団員だそうだ。初めて見る笙 
リードは葦。葦を2年乾燥させて手作りしていたが、手間隙かかるので既製品にしているそうだ。
人形は腹話術用のもの。腹話術でお話中に携帯電話の呼び出し... ではまたね!

あとは運河の草花と会話
ヒロハノタイワンホトトギス

イシミカワの実
日当りの良い湿地に繁茂。小さな鋭い棘が茎一杯にあるから触らないように避けてあるく。
蔓性で他の植物に登って行く。
実が可愛らしい。
  

Posted by jun1940 at 07:40Comments(0)利根運河

2014年10月09日

'14.10.9皆既月食

昨夜は皆既月食。晴れ渡る秋の夜空にかかる月。
時間帯も良く変化を観察。
入院中の9時消灯の癖だろうか、九時前には睡魔が襲う。
夜が更けるにつれて、好きなことに夢中になっていたのがスッカリ消えてしまった。
良く言えば早寝早起き。ottoに「老人病じゃないの?早寝早起きは!」と悪態をついていた自分が老人病。

運河walkも早朝。
3k程利根川に向うと筑波山が見える。十年近く毎月筑波山会に参加していた。神社から直登る、つつじが丘から、ユースホステルがある裏道から... 様々な登山道が思い出される。
肉眼では良く見えるが、写真でははっきりしないのが残念。
運河管理柱の上に筑波山が位置する。
運河管理の国土庁の係員数人が台風後のチェックをしていた。

土手の管理は行き届き定期的に除草車が走る。刈り残された遊歩道に沿って白い小さな花が密生。

シャクチリソバ:中国原産,タデ科。解毒作用があるから漢方薬として渡来したものだろうか?

アキノキリンソウが美しい

真夏の名残、カンナ

利根川に向う道は登下校の高校生以外は人影が疎らなので、歌をうたう。
万歩を稼ぐと秋空にもジンワリ汗ばんで来る心地良いwalk。  

Posted by jun1940 at 07:54Comments(0)自然の姿

2014年10月07日

台風18号 & カット

一昨日から昨日昼頃まで強風雨。流山市内も地区により避難勧告が発令。
東武野田線は運行しているので娘は完全防備で出勤。
ottoも私も予定の活動は中止や延期の連絡。
TVの天気予報に釘付けの午前中。
通過とともに秋空が戻る。
各地の被害の恐ろしさを観る。常陸太田も酷いらしいが、山越えは危険だし、水位の増水も、高速も通行止め... 確認に行きたいが、老人が余計な事故を起こしてはいけないと思いとどまる。

秋晴れに予定行動空白。
そうだ 美容院でカット!
たぶん乳癌術後治療で髪を失うだろうから... とウイッグを調べていた。
そして 失う髪をなにも切ることはないだろう... と伸び放題にして髪の存在を確認していたから...
3ヶ月分カット!
さっぱりして運河walk。

夕暮れの運河も水位があがり、歩道橋は端が水没して渡れない。


岩を並べた水辺公園は水面下。

長閑に白い月 

水道局から洗濯などを控えるようにと注意報が出ていたが、夜には解除。
水が止まると何よりも水洗トイレが使えない。文明の利器の不便さ!

昨日の運動不足を補おうと今朝はまた運河walk 

利根川と江戸川を結ぶ新利根運河は両端に水門があるから、水位は管理されているのだろう。
上流の雨水を集めて昨日より増水したかと思ったが、ほぼ変化無し。
自然の猛威が様々な形で襲いかかる。恐ろしいことだ。










  

Posted by jun1940 at 10:26Comments(2)自然の姿

2014年10月04日

'14.10.4副作用なし、日常生活

服用5日目。異状なし。
日常生活復帰。
2ヶ月ぶりにottoは晴れ晴れと常陸太田のロイヤル会のゴルフ。
買った会員券が我家一件分程にも値上がりしたバブル期は金持ちの筈だったが、売却しなかったから我家の状態は元に戻った...という茨城ロイヤル倶楽部。当時の仲間遊びは継続してゴルフコンペを楽しんでいる。
しばらくぶりのゴルフで飛ばなかったそうだ。
参加賞は新米 

私は自家焙煎の御茶屋さんへコーヒー豆を買いに出かけた。
お茶、コーヒーを自家焙煎の拘りの店主。見繕って何軒かに発送。
コーヒー好きの息子1はくるとここでコーヒーをゲット。
豆を買い、入れる直前にミルで挽くと準備中から美味しさが家中に漂うのだ。

コーヒーゲットして出ると、お茶でもコーヒーでもないものが干してあり、麻袋が並んでいる。
近づくと生ピーナツ!
やっと千葉産が手に入りました。ずいぶんお客様にお待ち願っていて...
ピーナツも自家焙煎だったのだ。






  

Posted by jun1940 at 12:17Comments(0)乳癌

2014年10月02日

'14.10.2乳癌治療のホルモン剤と副作用

術後治療がホルモン剤服用のみは不幸中の幸い。
Ave Mariaに祈りと感謝を込めて歌う!

発見後 2ヶ月で今に至ったのは医師たちの敏速な連携と熱意。感謝あるのみ。

9/30 東医院へ報告と糖尿病の定期検診。看護士さん達も先生もとても喜んで下さった。
   癌センターの結果報告書をコピーして提出。
  「◎◎陽性」って危ないのでしょうか? ....   「これは陽性じゃないと困るよ,〜〜〜」と解り易   く説明をしてもらう。
ホルモン剤「フェマーラ服用」の更年期症状と骨粗鬆症 に関してはコントロールできるから安心せよとのこと。
血糖値を下げる薬もフェマーラに合わせて
調整してもらった。


骨粗鬆症治療剤 リカルボン は4週に一回一錠。そして勉強しろと冊子を渡された。
なにかと説明冊子が溜まる。癌患者は誰も皆細かく読み学習するのだろうか?... 机上の冊子をひらひらと覗いてみるが、平常心を取り戻し始めたはずだが内容が脳裏に入り込まない。

リカルボンは小さな一錠が物々しくケース入りで服用時の指示が細かく記載されている。さらに薬剤師君は真剣な目を大きくしてコンコンと注意をするのには驚きと緊張だった。

1:50日目のシールをカレンダーに貼る。 
2:服用後30分間 横にならない、水以外飲食しない、他の薬は服用しない。

「10/1 服用」との指示に従った。
薬局での口頭注意に「歯科の治療を受ける時はリカルボン錠服用を医者に告げること」もあった。

10/1 は偶然にも半年前に予約した定期検診日。早速歯科衛生士さんに告げると乳癌手術後であること、発見から手術までのスピードに驚かれた「タイミングが良かったのね、幸運を大事にしてね。」と。
そして 院長さんにも「池田さんって...」と報告している。
そして「リカルボン服用」となると院長さんは断言。
「抜歯、その他骨をいじる治療には服用をとめてからだね。私なら止めてから3ヶ月時間を置きたいね。そして大学病院へ送りますよ...」

虫歯になってはいけない。事故等で歯を折ったり、骨に響くような怪我をしてはいけないのだ!

自分で出来る骨粗鬆症予防は運河walking。
薬のことは忘れて今朝もwalking.



ヒヨドリソウの紅白と沼トラノオをゲットし秋空の穏やかな気を吸い込む。
穂先が曲っていないのでオカトラノオではなく沼トラノオ。  

Posted by jun1940 at 11:07Comments(0)乳癌