さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2015年12月25日

'12.12.19流山万華鏡館

予感というか「12.19はダメ!」と一日空けていた。
予感的中。すみれさんからヤングの希望で万華鏡館へのお誘い。
元気を出して日常生活に復帰しようというヤング。
即 ok で2人を流山散策に案内する事になった。
江戸川台でpick-up。旧流山市街に向う。
運良く一台しかない駐車場に止める。


万華鏡館は見世蔵寺田園茶舗にある。昔からの御茶屋、で大きな茶亀が幾つか並び、神棚がいかにも商家。
万華鏡館は知っていたが、来たのは初めて。
作品の外観はデジカメOK.


覗き方もそれぞれ。なかには薄手の手袋着用で操作するものもある。
鏡の中は鮮やかに、ロマンチックに、クラッシックに... と変化する夢の世界。

旧市街地に来たのだから一茶双樹庵に案内したい。
流山は味醂醸造の地。味醂開発者の1人,五代目秋元三左衛門は双樹と号して小林一茶と親交。
一茶が流山に寄寓。


静かな縁側の日だまりに足を延ばし小一時間語り合う。
卓上に紙と筆があり、俳句を作って投稿するようになっていたが、残念ながら三人は唱うが俳句は読まない。
一茶双樹庵から道を隔てて森のアトリエ。

プリザードフラワーによるクリスマス展も覗く。

11時に江戸川台でpick-up。ランチタイムはとっくに過ぎていた。
アトリエで教わったイタリアンへ移動。旧街道で古民家が並び、駐車場がかなり離れていたが、スペースゲット。古い町並みをみながらイタリアンの「丁字屋」へあるく。



大正12年築の町家作りの足袋屋。懐かしい民家の中でイタリアン。
厨房の赤い釜はピッザを焼くのだろうか? モザイク調の姿が黒い木目の屋内の色の中で一際目を射る。
サラダとコーヒー付きのパスタ。


食後もゆったりコーヒーで語り合う。話しても話しても話足りない。
四人組の私たちだが、1人はお子様一家が成田到着の日で不参加。今頃空港かしら? 暖かなムーちゃんの笑顔を思い浮かべる。
 
最後に古式造りの味醂屋。100本待とかで断念。
吟醸酒の酒粕のみゲット。
そして出発点の江戸川台で「ジャア,またね。元気で!」






  

Posted by jun1940 at 09:29Comments(0)

2015年12月22日

'15 混声アンサンブルChristmas Carolを唱う日

12/17:月一回のMixの日。つまり混声アンサンブルの日。
大正ロマンの溢れるOさん宅が会場。
12月はイギリス生活の長いOさんがイギリス風にセッティング。
ひとしきりChristimas-Carolを唱ったあと

イギリスからお取り寄せのPudding登場。

Puddingを皿にとりローソクに火をともす。

部屋の灯を消し、真っ暗な中。Oさんがお玉にブランディーをタップリ入れてローソクの火の上で温める。
お玉のブランディーが青い炎で一杯になった瞬間、炎をPuddingに注ぐ。
「今年は上手く行きますように!」と固唾をのむ。
青い炎に包まれた姿に全員拍手!

切り分けたpuddingの中にコインが入っていた人はラッキー!
夫がコインをゲット! 佳き年でありましょう!

Oさんが「junjun読んでみて!」と古い箱の文字を指す。


TAMAGAKIRETEMO AKARIWAKIENU これ英語? テイメイ? タマゲイ?...
なんだ! 「球が切れても灯は消えぬ」 
大正時代のイルミネイション。 MADE IN JAPAN と書いてある。


理系おじいさん達は 球が切れても灯は消えないんだから、並列だの直列だの、コードのなかに... と議論している。文系ジイさんバアさんはリッチな古き大正ロマンの生活に夢を馳せる。

そしてまた夕暮れ迄唱い続ける。
来年も唱い狂いたいものだ。
  

Posted by jun1940 at 10:55Comments(0)音楽

2015年12月17日

'15.名無し会房総で忘年散策会2

名無し会忘年散策会第二日目は前夜の伊勢エビ殻のみそ汁でヘルシー&リッチな朝食。

8:00出発。ホテルから見えた太東崎の灯台へ。12人:5f &7m


1950年に設置された灯台は現在は無人。灯台の光は40km当り迄照らし船舶の航行に重要な役割を果たしている。
円形の礎石は戦時中米軍機の侵略を探知する電波探知機設置の付属の礎石。本体は地下8mの円形操作室に。今は既に海中に崩落。
軍港舞鶴出身の名無し会仲間。歴史と故郷への思いを潮風に乗せる。
歴史探訪は行元寺へ。寺と「波の伊八」の彫り物について丁寧な講話を頂く。
デジカメ禁止。展示コーナーで拡大写真をデジカメ。徳川ゆかりの寺。
素晴しい彫り物。後日誰かを連れて来たい。


更に歴史探訪は大多喜城。場内は博物館。
栄枯盛衰、強者共の残した品々。太古から止まない戦の名残。平和を祈りながら。


ランチのまえに銘菓の最中を求める。観光バスルート的だ!... など笑いながら店内に入るとそれぞれに荷物が増えた。「上總大多喜城最中十万石」

ランチは世話役お薦めの蕎屋で舞茸天ざるそば。
舞茸天のヴォリュームに一瞬タジロギはするものの12人全員完食しそば湯もしっかり頂く。


歴史探訪最後は笠森観音。
今年一月に亡くなった山男の義弟を偲んで兄弟家族でお詣りし,周囲を散策したご縁のある寺。


岩の上に立つ姿に清水寺を思い出す。回廊から四方を眺め2015年を振り返る。
階段を下りる時、お遍路姿の一行とすれ違う。和歌山からの団体。
地上に降りて振り返ったとき、ボ〜〜〜ボ〜〜〜 とホラ貝が森に鳴り響く。
お遍路さん達の先達さんの法螺貝の響きが別世界へ引き戻してくれる。
この仲間との四国お遍路は20程で頓挫。続きをしたいな〜 
この仲間で熊野古道を歩いた。元気で来年も歩こうよ、旅しようよ...

帰途は稲毛でソフトドリンクの反省会。
2日間運転と案内をしてくれた世話役さんありがとうね。またお願いしますよ。
「あと◎◎年くらいは大丈夫だよ。」との言葉! 心強い!
5:14分稲毛発で東京⇒大阪 と帰る遠方の友、また来てね!










  

Posted by jun1940 at 10:38Comments(0)名無し会

2015年12月16日

'15.名無し会房総で忘年散策会

まだギブス悪夢のある秋の日。メール添付かとハヤトチリして「添付もなければ開けもしない」とクレームつけたところ、大きな封書が届いた。

予定表、諸注意、渓谷,灯台、古刹、彫刻, など歴史も含めて11ページに及ぶ素敵なガイドブック。
12/14までにはなんとかして完治したい、みんなについて歩けるようにしたい! 完治の夢を抱き、ガイドブックを繰り返し開く。
一緒に歩いている風景を描きながら運河歩きで足腰のリハビリ。
12/14 JR 稲毛駅前集合。乗り換えが以前のように出来ない事を忘れていた!10分遅刻してしまった。
待っていた世話役2人の車に乗り込み、10人で養老渓谷へと走る。
曇り空。雨でなければラッキー!
ふらつきのあるもの、各種病を抱えるもの、「何かあれば引き返せるから」と引き返し可能地点でチェックする世話役。
渓谷散策スタート。石を並べた橋をぴょんぴょんと飛び跳ねる者は無く、みんな慎重に足を運ぶ。


前日の雨で泥濘もおおいが、数ある滝、川底の岩面を流れる速いせせらぎに足を止める。
「大丈夫気分」に安定すると話声が広がる。


階段を登ると、眼下に紅葉が燃える。

車道にでて、駐車場まで緩やかな下り坂。今「シャガの季節かしら?」
紅葉にシャガ! デジカメしたが、ピントが遠方に合ってしまった。


ホテル「ヴィラ そとぼう」に2人が待っていた。
夕べから参加のHu. が大網在住のHa.を伴って待っていた。
小一時間歓談。昔ながらの穏やかなHa. 覚えている、いないで話題が沸く。

夕食はスペシアルメニュウー「伊勢エビの刺身」が出るか出ないか、車中で話題になっていた。
あった!と感激し、乾杯とともに歯ごたえのある新鮮なエビを頂く。
殻だけになってから、しまった!デジカメしなかった!.... 後の祭り。

美味しく楽しいディナー。
遥々大阪からきたカッサンにY.I がカラオケで歌を捧げる。
テナーのA.Kも歌う。
次に... と促され、White Christmas を探したがカラオケに無い。信じられないカラオケ。
アカペラでA.Kと歌う。
そして国音卒のカッサンの「悲しい酒」でみんなウットリシンミリ。
中学時代からの音友。故郷の學舎が脳裏をよぎる。
二次回は差し入れ頂いた大網からの銘酒で。
それぞれの悲喜交々の来し方。知らなかった友の人生に爆笑したり、感激したり。
「参加出来て良かった!」と仲間と健康、家族に感謝しながら オヒラキ。

一日の歩数 9934歩
  

Posted by jun1940 at 10:43Comments(0)名無し会

2015年12月13日

N響定期演奏会:マーラー「交響曲3番」

12/12 暖かい昼下がり。NHKホールへ。


いつものFさんからチケット頂く。
代々木公園が珍しく閑散としている。大抵土曜日はテントの出店や出し物でにぎわっているのだが。


Nさんとホールの売店のサンドイッチ&コヒーでランチ。


4楽章でアルトのソロが入るのが楽しみだった。
ソロは素晴しかったが、児童合唱団の清らかな響きはさらに素晴しかった。
休憩無しの演奏。

今日はマーラーよ猛一度! とyoutube で聴く。ソロの4楽章はrepeat!


  

Posted by jun1940 at 15:55Comments(0)音楽

2015年12月10日

'15.12.9 Boston Estey社の足踏み式リードオルガン

12.9 オルガンの会。車で15分の梅郷へ。7人参加。
ランチ後先ずはグノーのアヴェマリア。ピアノ、オルガン、リコーダー、歌...
先日ゲットしたローズウッドのアルトリコーダーで合わせて見る。

このアンサンブルに立派な鏡付のオルガンは使えない。

音程が半音高いから。400ヘルツと440ヘルツの差だそうだ。
Boston Estey Coの「足踏み式リードオルガン」1909年に作られたオルガン。楽器部品の製造は今は無くリード交換出来ないそうだ。


オシャレな模様の布張り足踏みペダル、白鍵は象牙かなにか天然素材、黒鍵は木製。
ボタンの出し& 押しで音色を調節するのだろう。


鏡は装飾ではなく指揮者を見る為の鏡。両サイドには燭台。
当時はロウソクの灯で演奏したのだ。

Inventionか何か弾いてみて?と言われても足踏みしながら弾く程の技は持ち合わせていないので、平均律の1 フーガをゆっくり弾いてみた。足と指のリズム、足踏みの力で変わる強弱に翻弄されながらバロックの世界を楽しむ。

興味深かったのはバロックの歌でVirgin tut amorを最初グランドピアノの伴奏で歌ってみた。ピアノに合わせて思いっきり頑張って歌ってしまった。
次にこのオルガンの伴奏で歌う。広がって行くオルガンの音色に寄り添うようにゆったりと気分を乗せる事ができた。
素晴しい経験をさせてもらった。
次回からバロックの曲をオルガン伴奏で歌うことになり、すばらしいチャンスを下さるみなさま、この会に誘ってくれたヤング小山に感謝で一杯になった。
健康で唱い続けよう!
  

Posted by jun1940 at 10:52Comments(0)音楽

2015年12月05日

♪誕生日にはChristmas Charity Concert♪

Organistsの会のまがねさんに誘われてカトリック豊四季教会のChristmas Charity Concert。

12.05 私の誕生日! 誕生日にCharityに誘われるのも何かのご縁。ご縁を大切にしよう!
正装するのかしら? ちと考えた... といってもオシャレな服装に疎い私。
歌うとき、山行きのときの洋服しかない!
娘がガラス工芸作家の友人「小島恵理さん」に作ってもらった誕生日プレゼントのネックレスにしよう。
光が当たると小さなガラスがキラキラ輝く!



Sisterにご挨拶。


三重県四日市のメリノール女子学院で沢山のsisiterの中で10年近く教壇に立っていた事を思い出す。

After-Concertのお茶会。同じテーブルにnativeの英語の先生とNice to meet you!
他の人達とも Nice to meet you! ゆかいな片言 バイリンガルのテーブルで笑った、喋った、笑った!
英語で続かない彼女の弟子であるおばさんに” Speak on!" とけしかけている。
メリノールで同じ言葉を同僚のsisiter達に言われて雑談会話を鍛えられたことを思い出す。

Concertは3つのカトリック教会の信者さん達が演奏。
凄く上手いグループ、楽しいグループ、真面目なグループ、出来不出来に拘らない大きな心にしてくれるグループ、で様々。

売店で可愛らしいシールをゲット。この売店は教会! Charityの心。1枚80¥で2枚ゲット。

さて来週 月曜日の会に、小さな小さな包にシールは貼って クリスマス気分にしよう。


古墳の森まで送迎のConcert。素晴しい誕生日にしていただいた! ありがとう!





  

Posted by jun1940 at 18:26Comments(0)音楽

2015年12月04日

'15.12.04.Ensemble Erica:気まま館にてMusic-present

柏の有料老人ホーム「きまま館」でMusic-Present。メンバー8人は10:30集合。


館内はクリスマスムードで楽しく明るい。

ホールのピアノは昨日調律したばかり。ラッキー!
控え室で声出し & リハーサル。
12:00 にレストランのホールで予約してあったランチを頂く。
館に入っている人、day-serviceで訪れる人、面会者... いろんな人が頂くこの間のヘルシーなメニュー。

食後のhot-coffeeを頂いて、又控え室で準備。

1:30~2:30の一時間アンサンブル、デュエット、そして40人ほどの観客と一緒に歌う。
デジカメで控えたのでConcertのようすはアップできず残念。
みんなで懐かしい歌を歌うと、子供のときの話を語り始める人、あんな歌、こんな歌とリクエストされると嬉しくなって熱が入る。

すみれさんとの二重唱 ロッシーニの「猫」はここでも大受け!




次回のOfferもあり! 3月に再訪決定。
3月には連日Music-present になりそうだ♬

  

2015年12月01日

'15.11.30国立癌研究センター定期検診

11.30:国立癌研究センターの定期検診
10時予約で9時に駐車場は満車


階上へガイドされるが満車。
水戸ナンバーの軽にのった高齢者への配慮か?禁止の場所を赤い三角柱を移動させて駐車させてもらった。
「どうしたの?今日は?」: 「今日は予約だけで2500人だよ〜!」
付き添い、入院患者、緊急... とにかく癌関係者の数は恐ろしい増加!

受付で持たされたcall-phoneに呼び出され受診。
Dr「足は治りましたか?」 
jun「「御陰様で歩けるようになりました」
Dr「異常はありませんが、自分で頻繁に触診するように。何か気になる事は?」
jun「体重管理を言われたのですが、骨折で動けず体重増加しています」
Dr「自覚している人は大丈夫ですよ。」
3ヶ月後の予約を取る。

薬局でジェネリックの説明を以前からされていた。今回は薬剤師から勧められた。
薬効は同じだという。価格は1/3。数万円だから1/3は大きい。
しかし金銭で考えて、もし?... と躊躇。
「先生にうかがってきます」:「ジェネリック不許可の先生の記載がこの蘭にないので大丈夫です」
とりあえず3ヶ月分試してみる事にした。

車で10分とかからない通院はありがたい。
昼食後は自覚している体重増のため運河歩き。銀杏が眩しい。真っ赤なカラスウリ。


検診で無事通過。運河歩きで食欲の秋。
小さなクワイは唐揚げが簡単だが、油が気になるので、唐揚げして醤油と味醂で煮詰める。
唐揚げはビールに合う。煮詰めるとビールにも日本酒にも合う。






  

Posted by jun1940 at 09:38Comments(0)健康管理乳癌