さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年01月28日

'16.01.27Organ-Party

梅郷のまがねさん宅でオルガンの会。
Organistsの中に紛れ込んだすみれさんとjunjun。
新年のご挨拶と同時にお雛様にご挨拶。
皆様のお宅のお雛様の話題が広がる。
私は伝統的なイヴェントを割愛して来た気がする。日常子供が愛用していたお人形を並べて済ませたような気がする。
私自身は戦後の衣類のない時に厚地の赤い毛氈でオーバーコートと帽子を作ってもらった記憶。
疎開先で水害にあって哀れな姿のお雛様が蘇る。
小学生の頃、妹に付いていた手先の器用なばあやが縫いぐるみのお雛様をつくり、父の書物を積み上げて雛壇を作った記憶も蘇る。お片づけの時に書物をあった場所にもどすのが大変だった。
大きくなる迄、雛壇は書棚の本で作る物だと信じていた。

お雛様談義後、ランチを挿んで音楽談義。
ピアニスト&オルガニストのカンちゃんが楽器を取り出した。
「アンデス」の名の楽器。ピアニカみたいだがpipe,つまりリコーダーに似た音色。
これなら♯や♭が幾つ付いても大丈夫。

カンちゃんは左利きで、左右の指を逆にしてリコーダーをふいていた。他の人と逆だと気づいたのは大学に入ってからだという。「小学校の先生きづかなかったの?」と一斉に訊く。
雛壇は書物で作るものだと思っていたのに似てるかな?... と笑い出しそうになった。

食後はオルガン2台とピアノで唱う。あれこれ決めながら唱う。


Cake-break後 ヤングの伴奏ですみれさんとロッシーニの別ヴァージョンをあわせたが、音は外す、リズムも外すのお粗末♪

最後はバロック大好きのまがねさんがOrganを弾き始めた。Ave mariaにはじまる。
Amarilli ,や Virgin tut amor....
声が疲れて来てあわれな姿。せっかくのOrganで歌えるバロックなのに!

  

Posted by jun1940 at 08:40Comments(2)音楽

2016年01月27日

'16.1.24.Bach & Bach

柏のLine-music-classで太田先生のレッスンはマタイ受難曲49番。ソプラノソロ。出ない声を振り絞る。
そして松戸へ向う。
これまたマタイ受難曲。もちろん合唱団員。
中川郁太郎先生ご指導。
何度も説明聴いている筈なのに、「そ〜〜っか〜〜!」とあらためて胸に刻む。
府中や小平から来ている団員もある。熱いBach熱の集団。

新年会をかねて親睦会はイタリアン。
唱った後は喉が乾き生ビールが格別染み渡る。

中川先生が回っていらっしゃると、それぞれ矢継ぎ早に質問する。心をこめて答えて下さるので更にお聴きしたいことが湧き出て来る。隣のテーブルで団員とお話中の先生の背中は大きい!

1/26 馬橋で藤丸崇浩先生のSong-Birds。
常磐会の4人でBefore-Lesson に新年会。
運河のレストラン新川に集合。美味しいお料理を古い日本建築のお部屋で頂く。
もちろん話題はM-U-S-I-C。


女性客用のランチは量が控えめだが、お腹は十分に満ち足りて幸福感に溢れる。
延々と長居したあとは、車二台で馬橋へ走る。
道路が混まず一時間近く前に到着し、駐車場がら空きでラッキー!
会場準備をして、さらに団員到着迄おしゃべり継続。
時間通りの藤丸先生を迎えてまたレッスン。
メインはWeber"Oberon"
♪opera♪




  

Posted by jun1940 at 09:43Comments(0)音楽

2016年01月23日

'16 Cafe-Line Tea-time Concert


Cafe-Line の先生3人のコンサート。声楽=太田賢治先生、ギター=北村歩先生、ピアノ=角田有紀先生

この日の為にオオハリキリの和装の2人 

Tea-Time Concertだから クッキーとハーブティーを頂きながら 
クッキーは豚でなくて猫とのこと。とにかく可愛らしい姿。

前半のヌオベムジカの説明と太田先生のバロック2曲を聴かせて頂けたのは嬉しかった。貴重な演奏だった。

北村先生は御手を悪くされ、ピックを工夫して5本の指で弾くように奏でられたのには感激した。
心にジワーッと伝わるギターの音。
有紀先生は昨夜の月が余にも美しかったので、Moon RiverとMoonlight Serenadeの演奏。
美しい響きに昨夜の夜空が思い出された。

後半には太田先生のケーナとハーモニカも加わりもりあがった。

「ケーナは〜naで終わってるから、ハイ皆さん解りますよね、女、女の人の名前です。」と太古の昔のお話が始まった。


実演付の説明。悲恋の末に亡くなったお姫様「ケーナ」の白骨化した姿にかつての恋人の青年は泣き崩れる。すると白骨から美しい音楽が流れ出た♪
青年は白骨を持ち帰り穴を空けて笛にしたそうな♪
少々 不気味なお話ではあるが...

不気味な話を聴いたのだが、楽し気な北村先生のギターとデユエット♪ 
有紀先生もうっとり。
最後は3人の先生。

4終了。雨が降りだしていた。
At homeで楽しいConcertだった!
  

Posted by jun1940 at 23:10Comments(0)音楽

2016年01月22日

寒風にメゲズ

1/18 真っ白な世界。数センチの積雪。

明日 大寒波到来予報。
雪の月曜日から連日 music関係で出かけている。

昨日は我孫子の大正ロマン建築のOさん宅で混声アンサンブル。10人参加。
お庭の梅満開。

1:00集合。夕暮れ迄唱う。
Tea-break にはOさんの美味しい美味しい手作りケーキ。中には小さな人形が一つ入っている。
切り分けられたケーキにその人形が入っていた人は Lucky!
Lucky-man のMr.N おめでとう!

after-lessonの夕食は横浜洋光台から参加のmr.M を囲んで6人。
TV番組でみたショパンコンクールと調律師での話題で盛り上がる。

明日はまた大寒波予報。
県道から江戸川に向って人気のない田舎道に走り、車を止める。
一時間ばかり思いっきり声を出し練習。
6月の発表会でマタイ受難曲の49番、ソプラノのアリアを唱う事にになった。
でもG,A が出ない。高いソとラ。
先生は大きな声でこんな口だのあんな姿勢だのと身体の形から教えて下さるのだが、「大きな声、大きな楽な声で歌えは出る」と言われても防音装置のない我家では大声はだせないのだ。
一時間ばかり日射しを受けた車中で練習。
帰りには畑の中の直販場で採りたての野菜をゲット。
欲しい野菜を注文するとお兄さんが籠を手に畑に走る。
寒風の中で待つのは厳しかったが、お待たせして... とオマケ。
家で袋から取り出して見ると、山盛りのほうれん草。
ほうれん草、チンゲンサイ、蕪で 300¥。


農地での声出し&寒波の備終わり。
そうだロッシーニの猫の二重唱の小物を作らねば。
すみれさんと唱う猫の歌。
魚を題材に何度か唱ったから、次の手を!

ネズミを作ってみた。
ハンカチ折り紙のネズミ。昔作ったがわすれた〜 と嘆いていたら息子2のお嫁ちゃんがスマホだか何だかで調べてくれた。出来た,出来た 6匹できた!





  

Posted by jun1940 at 16:25Comments(0)音楽

2016年01月13日

'16. 冷え込んだ

霜で真っ白。
故郷の雪の世界を思い出し、霜の世界に引き込まれる。


大きな水滴、小さな水滴... それぞれに霜の形が異なる美しい世界。

車のガラスも真っ白。

雪の結晶を思わせる窓ガラスの霜の結晶

日本海側は雪。
雪の中で生まれ育った者に、関東の寒さは厳しいが明るい日射しがありがたい。
霜の中でしばらく故郷の雪景色を彷彿させていた。
  

Posted by jun1940 at 22:36Comments(0)family

2016年01月08日

2016年正月

元旦は三台それぞれのルートで常陸太田⇒流山
暮に買い込んだ食材で初ディナーは茨城名産のアンコウ鍋。

鍋を囲んで乾杯!
2日に息子2家族は鎌倉へ。
急に静寂の中でぼんやり。

暖かな新年。運河散策。
野鳥が群れているが、スキル不足で撮れない。
なんとか鷺を二種ゲット。最大にズームしても川面は遠い。鷺が餌を食べている!


土手の叢に黒い点々.... 鴨の親子。無数に草の中を突いている。


早早に歯医者通いしているうちに七草。
サラダ七草のセットを見つけた。6日夜のサラダにしたが気分が出ない。
結局7日夜に七草粥にした。洋風七草粥... 今年もこだわらないことにしよう!





  

Posted by jun1940 at 17:14Comments(0)family

2016年01月03日

常陸太田:'15暮

'15.12.27 のんびり常陸太田。

月桂樹、椿、が青空に伸び、朱色の梔の実が光る庭の手入れ。
  12.28 義弟4来宅。昼を囲んで話し込む。

12.29 息子2一家到着。チビコとジジババ ハグハグ。
やがて娘がババの軽で到着。
今のテーブルはチビコモードにチェンジ。


12.30 早朝息子夫婦&娘は神社巡りと山歩きに出発。

チビコとジジババは掃除、カード遊び、畑の収穫。義弟4が姪と農作物を作っている。収穫可能と教わった畝で収穫遊び。


小学3年のチビコ、自分穫りをデジカメで自分撮り。

丸い大根

畑のお友達 

温泉も巡って3人が戻り、一休みしてみんなでお魚市場。

3日分食糧買い込み、市場の新鮮魚の鮨注文で40分待。
夕食は新鮮野菜、新鮮魚介。アサリの酒蒸しはKさんのテリトリー。甘エビの青い卵に夢中のチビコ。

食後、ジジババはさっさと退散... おやすみなさい。



  

Posted by jun1940 at 10:11Comments(0)常陸太田の庭