さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年02月23日

'16.02.22予期せぬことの運河

山仲間に復帰するにはあるく、アルク、& walk!
昨日も運河-walk 出だし快調。
朝入った訃報に「我もその歳」と思いめぐらしながらwalk。

鴨が小鴨に餌場を教えている。カメラ向けると警戒して遠ざかる群れ。


鴨に心やすらぎwalk.
運河は工事中。工事用のトイレ車に初対面

しばらく進むと通行止め!

困った困った! 脇道に逸れてwalk!
人気のない林に真っ赤に錆び付いた看板「Innnocent Garden 」
一体なんだ! 自然のママにしているという訳かな? それにしても錆が酷い!
Innnocent Gardenをwalkするか...と進むとストップがかかった!


SFの世界にでも紛れ込んだのか? 無理に進むのは断念し、県道の方向にwalk。
やっと東京理科大のキャンパス。グルリと回って正門の前から運河にでる。
橋上から振り返ると大村先生の祝受賞の幕に現実世界に戻った。


変なwalkだった!
暗譜モノを聴きながら歩き始めたのに、それどころじゃなくなってしまったwalk だった。
  

Posted by jun1940 at 21:15Comments(0)利根運河

2016年02月18日

'16.02.18運河から筑波山

温度差激しく、15℃以上を確認してwalk!
運河を利根川に向った。
筑波山ゲット!

日当りの良い土手には菜の花
春だ!

庭の梅
静かなさり気ない我家の梅。

冬中色を添えてくれた椿はまだまだ蕾を持っている。

義弟2からもらったパンジー... ヴィオラだったかな? 


年中肉料理に欠かせないローズマリーも小さな花

今日は月一のMIXつまり混声アンサンブル♬
遠く横浜は洋光台からベースが参加。
曲が変わる度に楽譜探し。見かねたMr.Yokodai が前回製本の仕方をみんなに配った。
建築士の彼は設計図を常に整理しているのだ。
40曲を番号順に並べた。そして綴じた♬
今日は探さなくても良いかもしれない。

  

Posted by jun1940 at 10:17Comments(0)自然の姿

2016年02月05日

美食も大変!

独身時代ヴェトナム駐在していた息子1はヴェトナムのカー(茄のピクルス)が大好物。
彼は去年上京したとき新松戸のヴェトナム食材店でカーを沢山買い込み大分の自宅へ送った。
そのカーを息子の息子(チビタ)も大好き。親バカの息子はカーを送ってくれと言って来た。
親バカ、バババカは新松戸の店へ出かけてカーをゲットし大分へ宅急便で送った。

小さな店で、日本ではありえない「靴を脱いで店に入る」のだ。
タオルを巻き付けて「ワレモノ」にしたが、2瓶壊れていたらしい。
ヤマトから謝りの電話。店の名、住所、金額(一瓶=800¥)を聞いて来た。送ってくれるらしい。
ワレモノで壊れたのは初体験。


息子1から「絶対に美味しいから」とカツオ節削りと節を送ってきた。ほとんど出かけているのでゆっくりみそ汁に熱を入れることもないままにしていたら「削ってみたか?美味しいから。」と言う。
昨日やっとトライ。子供の頃削らされたな〜 と削る感触と香りが懐かしい。

初心者よろしく、説明書をみながらトライ。


40g削るのは大変だ! 夕食はこれだけでいいか〜〜!の気分。
そうもいかないので鶏肉をぶつ切りにして大根おろしでぐつぐつ煮込み、生野菜のサラダとレンコンのキンピラ。和食の夜になった。

おいしいみそ汁だ! 次はまた3人そろった時にしよう!

  

Posted by jun1940 at 18:15Comments(0)family

2016年02月03日

'16 Cafe-Line music-team 自主練

Cafe-Line 声楽クラスの仲間で「セレブの会」の自主練♪
誰かの何かのお祝いの会が始まりで Celebrarion ⇒[セレブの会]が続いている。
集まると音楽の話 ⇒ 一緒に歌おう ⇒ カルテット ... となる。
カラオケを楽しんだことも何度かあるが、やはり楽器の伴奏で歌いたいよね〜〜♪
エリカのピアニスト石渡さんが「時間のある時だけね。」とOK。
太田先生のConcertやレッスンにもご一緒しているのでカルテットとは顔なじみ。

運河の駅。ホームにセキレイがちょんちょんと歩いる。何とか一枚ゲット。

2/2柏のアミュゼ12:00 集合。
大学卒論提出し目出たく卒業となったチッコロさんから奈良のお土産を頂く。

蚊帳の生産地だった奈良。蚊帳の需要が減ったので蚊帳の素材で新しい製品開発の奈良。
布巾を頂いた。吸水性抜群とか。

さて、カルテットは発声から。
6月のLineの発表会の曲からBach"マタイ受難曲54 Choral.
Sop, Alt, Base。太田先生のTenaが入れば完璧... と言いながら歌っていると ピアニスト登場。
あらためて自己紹介。
ピアノ入ると歌声も安定する。
数曲カルテットを楽しんだ後、歌いたい歌を1人1人伴奏して頂く。
楽譜をピアニストに渡したニッシーは後ろのページの歌詞を追いながら歌う。


ピアニストは90度に開いた楽譜を身体をまげて鍵盤を叩いている... あ〜大変なカルテットの伴奏者!
バリトンとデユエット願望のすみれさんはニッシーと念願を果たしてノリ乗り♪

最後の20分は私が頂き、思いっきりマタイ受難曲49 を声出し。
喉を痛めないようにと、教わった正しい発声法で「口の形:声を当てる一:姿勢 &etc.」思いっきり♪♪ ... のはずだが。

すっきり声の道が出来ますように!  

Posted by jun1940 at 14:16Comments(0)音楽