さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年04月28日

4/26 Organ-Party

予約してあった歯医者を済ませてOrgan-Partyに駆けつけた。
ランチ終わり、演奏が始まっている様子。
ムーちゃんの温かいアルトリコーダーが響いていた。

カンちゃんのピアノに合わせてBachを吹いている。
挨拶もそこそこにソプラノリコーダーを取り出し合わせる。

ひとしきりBachを楽しんだあと、youngとカンちゃんがラベルの連弾。Bachとは別世界。


先日のNHKの鈴木正明氏のドイツのオルガンの旅の話から、オルガン愛好家の5人から楽しさ難しさを聴く。
巨大なパイプに繋がる鍵盤楽器のオルガン。結構力が必要だとのこと。
電気で空気を送り込む現代のオルガンと異なり、古いものは足で踏んで空気を送る。
junjunやってごらん! と言われて、トライ!
色んな釦を出したり入れたりしながら音色を楽しむ。
鍵盤に意識が行くと足踏みがおろそかになり音が消えて行く...
100年以上昔のBostonで作られた古いオルガン。
そして鍵盤の話。白黒の逆もあり、木製もある。
子供の頃から親しんできたピアノの鍵盤! 白鍵と黒鍵の重なりの違いを指摘され、え〜〜〜っ!
気がつかなかった。

木製の鍵盤でも今のピアノでもそうなんだ〜〜〜!
毎回新鮮な驚きを下さるOrgan-Party 。

マガネさんがグレゴリアンな楽譜を持ち出して来た。

次回から合わせたいBachの曲を決めた。コピー!... 残念ながらマガネさんちはオニュウのコピー機で家主の言うことを聴かないらしい。
どうしよう! 近所のコンビニへコピリに行くというのを止め、デジカメ。
むーちゃんとyoungも携帯でカシャ!

帰宅後PCに落としてprint-out.
写真版みたいな楽譜ができた。なんとかなる〜〜。

やったー!

帰宅した娘に誇らしく楽譜のデジカメを印刷したというと、「何今更いってんの?出来るのあたりまえでしょう? 写真取り込んで年賀状作ってるじゃない!」とあきれ顔。
そうだった。年賀状も楽譜も同じなんだ... とOrugan-Partyからの夢から覚めた。



  

Posted by jun1940 at 09:14Comments(0)organ-party

2017年04月22日

インフルエンザ



鉢植えの蘭満開!... 喜んでいたけど、花咲かジイさんダウン。
朝から38.5℃以上にうなされている。
朝一に医者に連絡し連れて行く。
B型インフルエンザ。
タミフル服用し家庭内隔離生活。
副作用の事件がニュースになったことがあった。2F⇒1Fに移動して隔離、常時マスク使用。
糖尿病&癌患者の私は絶対に禁物のインフルエンザ。冬前に受けた予防接種は有効期限切れかけているから要注意と医者がいう。

外出は避けるが、なるべく家の外に居よう!
裏庭の狭い通路にのび放題のジャの髭。
刈り込んでいたら、奇麗な宝石!ジャの髭の実!


ミヤコワスレが開花。

インフルエンザ五日目で平熱になった、but 油断大敵。まだ隔離生活。

昼過ぎから小雨。
山椒の花開花。
サラダ菜 が雨を受けて元気。今夜のサラダにしよう。


  

Posted by jun1940 at 17:28Comments(0)family

2017年04月16日

「バベルの塔」展プレコンサート: リコーダー

4/15
リコーダー仲間のMちゃんがチケット取ってくれた。
会場の東京都美術館へ向う。

文化会館前ではサックスのトリオ演奏♬
公園の広場ではアンデスの民族音楽♬
しばしケーナを聴く。


永田平八:リュート & 吉澤実:リコーダー
バベルの塔展に合わせた16c の音楽を楽器と歴史の説明を聴いてから演奏を楽しむ。
楽器の変遷、時代と民族による音色の違い...
興味深いコンサートだった。
終了後 舞台上にそのまま置いてある楽器は「どうぞ上がってみて下さい。撮ってもいいですが、盗らないでください、さわらないで下さい」... 貴重な楽器を近くで見ても良いという コンサートは初めて。


昔の楽譜もデジカメゲット。


会場の片隅でCDその他音楽関係の販売。

「ワーグナーブレンド〜 神々の黄昏(豆)」ゲット。
豆を挽いて美味しいコーヒーを飲もう!




  

Posted by jun1940 at 10:28Comments(0)音楽

2017年04月14日

Ensembleエリカ:沼風苑でMusic-present:初体験3点

4/13 Ensemble-エリカ Music-present。
1: メカに強い若いお兄さん職員さんは「みんなで歌いましょう」のコーナーのために素晴しいイラストを付けて彩色した歌集を作って下さった。エリカは感激!

2:歌集またはコピーを配布していたが、歌集に加えて歌う歌詞をprojector で写しましょう... 

画面の前で立ち位置など確認のリハ。

本番ではアルトの3人だけ舞台の端に残り、他のメンバーは客席の中で唱う。


Sans toi mamie には3本のリコーダー♬


♬アヴィニオンの橋の上で♬ は舞台へ上がるのに手順ズレたがまあまあ何とか楽しい舞台。


3: Endingの「さようなら みなさま」を歌い終わったら、ご婦人が手招きしてくださっている。
そばに下りて行くと「楽しかったわ、有難う。」と握手した手に渡されたプレセント!
「私が作ったのよ..。また聴かせてね。」

「お元気でいてくださいね。また一緒にうたいましょうね。次回はこのプレセントをアクセサリーにしてきますからね。」... 待っていて下さった、喜んで下さった...
Music-presentの喜びだ。
貝を着物地で包んだ手作りのアクセサリー。
ご自分の想い出のお召し物だったのかしら?... 90を優に超えていらっしゃる方の手作り!

練習して喜んで頂きますから、待っていて下さいね♬

  

2017年04月11日

'17.4.10~11名無し会:清流の里

名無会:武蔵陵墓地及び多摩森林科学園散策
10日 11:30 JR高尾駅3〜4ホームそば屋集合
5m&3f 集合し掻き揚げ蕎で腹ごしらえ。
Suicaで支払えば30¥安くなるので、Suicaで食券ゲット初体験。3度目にやっと食券が出て来た。

食券販売機との格闘でデジカメするのを忘れていた。

食後高尾駅から武蔵陵墓へ歩く。
昭和天皇崩御後、出来たばかりの陵墓を訪れたことがあったが、年月の経過を感じる苔むした雰囲気に変貌。
歴史や日本の今を語り合いながら歩く。
ミツバ躑躅満開。


舞鶴で育った我々名無し会員は戦後の厳しかった思いでを語り尽くせない....

浅川沿いの桜並木を観ながら高尾駅に向う。


高尾⇒八王子⇒橋本⇒相模川自然村
宿は「清流の里」にチェックインして、荷物を部屋に置き、相模川沿いの桜並木へ。



満開の桜の園! 以前「こういう桜が風情があるんだよ」と教えてくれたmr.Hの声と笑顔が浮かぶ。
幹桜を撮れと言った彼は残念ながら今回は不参加。
これなら良きショットかな?... と。素晴しい写真を撮る彼に尋ねたら、きっと「良いけど、ピントがあまいな!」と返って来るに違いない。でも まっ いいか!


宿にもどりお風呂であたたまり、お楽しみの会食。
浦和からmr.Tが「久保田- 万寿」を持って来てくれた。
美味しい料理と酒に楽しくもりあがり、デジカメスッカリ失念。
部屋に戻って遅く迄二次会。
昔話、現況、... つきない話で夜が更ける。

今朝11日 
生憎の雨。
朝食時に本日の多摩森林科学園散策は割愛と決定。


10:30 ロビー集合の前に「もしかして歩けるかも?」と雨具をつけて桜並木まで執念深く行ってみた。
結構な雨で散策中止に納得。
雨の桜をゲットして、集合のロビーに戻る。


再会を願って橋本で解散。
皆様ありがとうございました。
mr.H そして風を引いてしまったms.A もご一緒できる次の名無し会でありますように!
  

Posted by jun1940 at 18:44Comments(0)名無し会

2017年04月08日

たまゆら:柏ハミングでmusic-present

4/8(土) たまゆらは ♬柏ハミングでConcert♬
ガラス張りの明るいホールでConcert.
立ち位置と響きをチェック。小物チェックで15分で簡潔リハ終了。

素晴しい響きのホール、そして「調律済み」の張り紙付のピアノは何よりも嬉しかった。

Openingはいつもの「ナポリは恋人」
温かいお客様の雰囲気で出だし好調。

最初に♬Sans toi mamie♬
すっかり若いアダモになりきって... 、少しはフランス語らしくなったかな... (自己満足に浸る)


スミレさんにトークと彼女のソロ ♬オペラ座の怪人♬の間に控え室にかけ戻り、着替え。


女に戻って「みんなで歌いましょう」のコーナーでマイクを受け取る。

語りかけながら,おぼろ月夜、花、りんごの歌、故郷を楽しむ。
皆様よくご存知で楽しそうに歌って下さる。マイクを渡すと喜んで歌ってくださる。
歌うときの笑顔は格別!

チッコロさんの♬東京ブギウギ♬ に続いて ニッシーのソロ ♬フニクリフニクラ♬ にみんなでコーラスを入れる。
♬赤い屋根の家♬を四人でハモって Endingは♬切手のない贈り物♬

そして、そして、アンコール!!!!!!
ロッシーニの♬猫の二重唱♬... これは受けた!
予想以上に受けた!
またお願いします... と次回の依頼。
猫の別バージョン持って来ます... などと請け合ってしまった!

休む間無く伴そうして下さったイッシー ありがとう!


揃って記念写真カシャ!

  

Posted by jun1940 at 17:55Comments(0)たまゆら

2017年04月03日

筑波山で祈る

4/2 朝庭の日影にショウジョウバカマ開花。
20年もっと前、姑にもらった常陸太田のショウジョウバカマ2株。
当時と変わらず株は増えないが、春には開花。


姑の「大丈夫だよ、ジンコさん」という声と笑顔が来る。
なんとなくモヤモヤ雲が薄くなる。
そして、何となく娘と筑波山行くことになった。
流山おおたかの森駅でチケットゲット。

「TXおおたか⇒筑波 + 筑波山までのシャトルバス+ ロープウエイ + ケーブルカー」のお得切符。

筑波⇒つつじが丘 ⇒ 女体山頂 へ。
久しぶりでもあり雪もあり... の山道はやめて 楽々登山。
ロープウエイ終点から女体山へ結構急な階段と岩場を泥と水たまりを避けて登る。

山頂への岩場を登る娘をみたら、持たせたストックを伸ばしもせずぶらさげて「持っているだけ!」
女体山から男体山頂を望む。


雪景色と巨岩の間の道を男体山へと向う。


カタクリが群生しているはずだが、まだ蕾。


みゆきが原の茶店で「つくばさんうどん」のランチ。
広場の雪でストックの泥を拭い、男体山頂へ。
十年前迄 毎月筑波山に一緒に登っていた登山仲間を偲びながら歩を進める。
今日の中途半端な登山と中途半端な装備で証拠写真。

登りはユトリなかったのかな? 下りの日だまり傾斜にカタクリが開花。


神社へ下るケーブルから時々見える登山道、あの道何回往復したことだろう!


女体山の祠、男体山の祠に諸々祈願。〆は本殿で祈願。

神社から下るといつも立ち寄って「梅昆布茶」をいただいた「神橋亭」。
女将さんは健やかか?とみると相変わらずの姿に声を掛ける。
「なんで来なかった?」「人間色々あるよ」
「そうだ、私も元気ぶってるんだけどね」
「昨日神社で頂いたものだよ、あんたに上げるよ。何処に行っても買えないよ」

娘も私もそれぞれお土産ゲット。神社の有難い品もそれぞれに。
女将手作りの七味唐辛子を買うと「お土産かい?お土産ならこの袋に入れてやるよ、NHKにでたんだわ!」 とこれまた手作りの女将さんの筆の入った袋をもらった。


いつものように梅昆布茶を頂く。
「ストックの泥 そこの水道で洗っていきな!」
いろいろありがとう。
元気で再会を祈り合いバス停へ。



夕食後のデザートは有難い神社の品。
祈り事を神様に迎えられたような安心感!

  

Posted by jun1940 at 10:13Comments(0)山と植物family