さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年06月28日

'17.06.28まがねさんちのOrgan-Party

まがねさんちのOrgan-Party
ランチで近況報告&音楽談義。
そしてM U S I C!
合唱でうたったことのあるBach:BWV147「主よ、人の望みの喜びよ」をコピーして持参した。
まずはオルガン、アンデス、ピアノ2台、リコーダー2本で音あわせ。


オルガン,アンデスでどこを持つかチェック。

形が整ってきた!

歌を入れよう♬


取り出したのはスマホ。ドイツ語を調べ始めた。
意味がわからないと歌えない! なるほど!
しばらくドイツ語チェック。


着々と準備進行。
納得いったら歌おう!


慣れ親しんだアヴェ ヴェルム コルプス を合わせてAt home.

Tea-break は美味しいケーキ


Break後はベートーベンやハイドンをピアノ演奏。
昔レッスンを受けた書き込みいっぱいの楽譜で演奏。
素晴らしいひととき。
「junjunもかなり弾くでしょう?」とyoungに言われても、私のは弾くうちに入らない。
ピアノより歌う方が安全!

Youngに伴奏を頼み ♬O der mio amato ben♬ を歌ってみる。
いまいちの声。
次回までには練習しておくから... とまがねさんに楽譜を預ける。

素晴らしい音楽家たちの集い。







  

Posted by jun1940 at 22:38Comments(0)organ-party

2017年06月27日

Mix-Ensemble初舞台

6/22  朝一で歯医者。治療すませ、夫と江戸川台駅へ向う。
    横浜、柏、我孫子などから集合。車三台で会場へ。
仲間の団地の自治会に招待された。
これ迄は女声ensemble エリカで歌っていたのだが,今回は混声で。
控え室で手作りのランチを頂く。
リハとセッティング。
幕開けは洲漣さんの琵琶。「雪晴」:赤穂浪士の吉良邸討ち入り。

混声は森さん指揮:


混声はさすがに迫力十分。合唱歴は学生時代からのベースにテナー♬

女声は静かに美しく。リコーダー、ハーモニカ加えて、楽しむ。
森さんのハーモニカソロ。アンコールでさらに一曲。


リクエストで ♬サン トワ マミ♬


柳井さんの♬ろくでなし♬


歌って、踊って....
美味しいトマトゼリーを頂く。
有難うございました。

  

Posted by jun1940 at 11:40Comments(0)岡田邸ーMix

2017年06月21日

楽典&ロシア語

月一回太田賢治先生のBach講座。
和声だのポリホニーだの難しいが面白い。
和音、コードの話になった。
オルガンの会のMs.ワーゲンがコードでジャズを弾くのに驚嘆している。
我家にもコードのテキストがattahazu。またTryしてみようか?古いテキスト。

今日は雨。午前中は古いものを取り出すことにしよう。



定価700円

繰返し説明読んで鍵盤たたいていれば何かは判るかもしれない。根気任せ。

今アンサンブルで ♬コサックのこもりうた♬を練習している。
出だしはロシア語。
先生の発音を真似るが、基本が解っていないから面白くない。
そうだ! ロシア語のテキストもあった!


アルファベット見ただけで全く異邦人の自分。
「1962年 4月 13日 購入」 と万年筆のインクで記してある。
なんと定価は270円。


故郷舞鶴が当時 ナホトカと姉妹都市になって、ロシア語を始める人がいた。
波に乗ってテキストを購入したのだ。
全くモノになっていないロシア語。
Jazzのテキストより先に Give-up するような予感、確信があるが...
  

Posted by jun1940 at 10:34Comments(0)音楽

2017年06月18日

抜糸後ゆっくり平常生活

6/13 抜糸前に名無し会。non−アルコールで乾杯。
24人参加。女性は6人。
諸事情を抱えながら、参加出来るものはhappy!
遠くは沖縄、京都。
元気な姿にまた逢えた!
来年も逢おう....
話に夢中になりすっかりデジカメせず。 これもまた好し。

体調維持に毎日歩く。自分の足で歩いて出かけねば!
歩いて美しいものを楽しむ。薔薇が美しい。ブーゲンビリアも深紅。


年中花がさくゼラニウム


カタバミは雑草。除草忘れに花。


垣根の梔が甘く香る。


午後のレッスンに持って行こう。甘い香りを深呼吸すれば声がでるかも。
♬さくらんぼの実るころ♬ ♬O der mio amato ben♬ を練習中。
さくらんぼ~ はシャンソン。語りとリズムが難しいが、一度歌ってみたかった曲。
O der~は先生のカリキュラムに組み込まれているらしい。
バロックではなく、ロマン派。この違いを教わりながらレッスン。
アンサンブルのブレッツア ではロシア曲。
昔昔買ったロシア語講座のテキストを出してみた。1962年四月購入と書き込み。
故郷舞鶴はナホトカと姉妹都市。ロシア語を始める人がいた。
それでは私も... と。
もちろん続かなかったが、テキストは捨てないでいた。




  

Posted by jun1940 at 11:53Comments(0)健康管理

2017年06月10日

琵琶茶

歌友のお庭の琵琶を頂いた。
女流琵琶師の洲漣さんから琵琶をいただいた。


「葉は要らない?」
「葉も食べるの?」
「食べないけど痛いところに貼ると治ると言われてるよ」
... 葉も頂いて来た。
痛い? 治療中は歯だが、まさか歯に貼る訳にいかないし、今の所痛みはない。

昨日9日は超音波検査。肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、大動脈検査。
癌もポリープも無し。

検査異常なしだったが、心配なことは声。
歯の手術後、口を動かさないので思うように歌えない。声も出なくなった。
声楽のレッスンで歯も口内も動かさない発声法を教わったが、今迄のような歌い方は出来ない。
声がでなくなったら?... 胸キュン。
洲漣さんにいただいた琵琶の実は食べてしまったが、葉は御利益がありそうで残してある。
声帯に貼るのは不可能。
琵琶茶にしよう!
ネットで検索。
癌、花粉症、その他いろいろ効能が記されている。
レシピにしたがって、葉の裏面の毛を奇麗に磨き取り、挟みで切り、フライパンで焙じた。


カラカラになった。

パックに入れて煎じた。
紅茶色。


花粉症の家族にも効きますように!
娘が同僚から舟和のくずもちを頂いて来た。
とろりとした黒密でいただいた。
琵琶茶と黒密... 喉によいだろう。 きっと良いに違いない!
信じるものが勝ち。  

Posted by jun1940 at 21:28Comments(0)健康管理

2017年06月04日

和風の手仕事

常陸太田の夫の幼馴染マドンナとお友達している。
空き缶を集めて彼女の所属しているヴォランティア—団体の資金にしているので、協力している。
三年ほど前、折り鶴を沢山くださった。
遠く三重県の桑名の先生に習いに行ったとのこと。
熱心に教えて下さるので箱一杯に折った。



その折り鶴をMixアンサンブルの岡田邸に持って行った。
伯父様のお宅は我孫子歴史散歩の博物館になっている旧家である。
外国の方が良くいらっしゃるし、大正ロマンのあふれる御邸宅にあうかも...
外国の方は和風の作品が好きだから、喜んでくださった。

先日マドンナが今度は振り袖のミニチュアを下さった。
がさつな我家には宝の持ち腐れ。
また岡田邸に持って行った。


昔のお人形を出してきて、並べてみた。
来年のお雛様に飾って下さることになった。
娘を玉の輿に乗せた気分。
マドンナも喜んで下さるだろう。  

Posted by jun1940 at 10:30Comments(0)