さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年12月07日

Ensembleたまゆら:Music-presentオレンジさんへ4回目

'17.12.06 Ensebleたまゆら:オレンジさんへMusic-present
天王台駅でお迎車にpickupしていただき晩秋の道を走る。
Homeの庭に檀が二本真っ赤な実をはじかせている。前回はホトトギスが満開だった。


控え室で準備。
スタッフさんに「いつもOpeningは♬ナポリは恋人♬でまんねりでしょう?」と尋ねると返って来たのは
「あ〜たまゆらさんだ!... と思いながら非日常の世界にひきこまれるのですよ。」と嬉しいお言葉。
気を良くしていつものパターンでOpening。
フルート、リコーダー、歌で

♬小さな木の実♬ をすみれさんのフルート入り。トリオで歌う季節たけなわの曲。

ニッシーのイタリア歌曲「忘れな草」
すみれさんの♬慕情♬とソロ2曲。

次はロシアのコーナー:すみれさん&junjun で ♬コサックの子守唄♬ なんとか覚えたロシア語で。


赤いサラファン⇒ baseを効かせた♬ボルガの舟歌♬ ⇒ペチカ ⇒ モスクワ郊外の夕べ

ロシア民謡最後は♬一週間♬ ピアニスト石はピアノを離れ語りかけ踊りだす。
junjunは代りに鍵盤叩く!
客席みんなも手拍子でチュラチュラチュラ...


結構消耗し室内に熱気が充ちる。

一息ついてjunjunが中田喜直作曲の ♬おやすみ ♬ 歌謡曲と言うよりクラッシック。
伴奏にショパンやドビュッシーの雰囲気がちりばめられる。正直いって変わった曲。
太田先生の助言「日本語の解らない外国人に絵本を語り聴かせるようにうたえ!」
語った、語った。ピアニストと音楽とお話を遊んでいる気分で楽しんだ。
ひゅ〜〜る、ひゅ〜〜〜る、風が吹く...
サンタクロースはコッソリと窓を叩いておりまする....

客席ののめり込んで来る一体感が面白かった。石さんありがとう、お付合い下さって。


幻の世界に引き込んだところで、サンタクロースを呼ぶ。

クリスマスの歌で盛り上げる。

スタッフさんも引っ張り込む。

同じ歌を歌っても会場によって別物になる。これが生の舞台の面白さに違いない。
皆様ありがとうございました。


次回の約束をして辞す。
心地良い晩秋の一時だった。

   

Posted by jun1940 at 09:40Comments(0)たまゆら