さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年01月27日

22日の雪解けず

月曜日の積雪はまだ残り、連日氷点下。
昼間に微かに解けた雪は路上を流れ夕暮れには凍る。
雪の翌日 お向かいさんの子供が作った鎌倉は解けずに残っている。一回り小さくなったかな?


木曜日のエリカの練習は行きはヨイヨイ帰りは怖い!
薄やみに凍った路上は恐ろしくて3倍以上の時間をかけて歩いた。
少しは春の姿?と運河に出てみた。

walkingには無理だった。

風も出てきた昼下がり。古墳公園に入ってみた。
森の中は比較的温かいが、雪景色。


2000歩もゆかずwalkingは終わり。  

Posted by jun1940 at 15:24Comments(0)利根運河古墳の森

2018年01月25日

2018.Ensembleエリカ新年会はMusic-Cafe-Line

Ensemble-エリカは2月、3月のMusic-Presentの予定で猛練習♪
今日は柏駅前の Music-Cafe-Lineの二階を借りきり11~3時迄ランチを挿んで練習。

私にはいつもの太田声楽クラスのレッスン室だが、エリカの練習となると気分が異なる。


sop:4人、 alt:3人 で場合によりパートを入れ替わる。
sopリコーダー:3, altリコーダー:2人
ハーモニカやピアニカ
ピアニストだけは音大卒のプロ。

メンバーは東京コーラス、東京City-Phyl-Chor、明響、そのた合唱経験者で音程やリズムにうるさい。
初見でもたいていハモレル仲間。
選曲や曲順を話し合い仕上げて行く。

Cafe-Lineはone-plate-lunch を予約。


cafe & cakeのdesertに食後の練習も盛り上がる。


美味しい練習日も良いもんだ... お正月気分で盛り上がり十分。
雪もまだ残り、寒気団に見舞われているこの寒空にもメゲズ、新年会&練習無事終了。  

2018年01月24日

2018.1オルガンの会:乙女の祈り他

半年ぶりにまがねさんちのOrgan-Party 参加。
6月10日の発表会でBachのカンタータ:10-147-90をサックスの先生とピアノの先生のバックでAria
を歌うことになり、練習開始。
オルガンの上手なメンバーの伴奏で練習させてもらうことになったのだ。
11時半過ぎ到着。先日の雪がまだ残る道をゆっくり走る。無事到着。
待ってました! とまがねさんがBachやるんでしょう? と嬉しい催促。
こんな曲だ!... と時間かけて練習した伴奏を弾いてい見る。
歌は? と言われ楽譜を渡すとまがねさんもyoungも初見で弾いてしまうから感服!
テンポだけ指示し練習開始。
そのうちms.プジョー到着。(ms.ワーゲンと呼んでいたが、プジョーに替えたのだ)
ピアノがいい、チェンバロが良い... といろんな音の伴奏で至福の一時。
チェンバロならyoungんちだ。
そのうち召集がかかるに違いない。
それまでBachをなんとかしておこう!

ランチを済ませたらまたMusic開始。
先日NHKの「ラララクラッシック」で乙女の祈りを取り上げた話から、まがねさんが昔使った楽譜を出してきた。
ms.プジョーがダイナミックに弾き始めた。


楽譜はナンと¥35! 350¥ ではない。「35¥」 年代物の楽譜。
作曲家はポーランドのバダジェフスカ。若き日の作品。
彼女の作品を探してゲットしたそうだ。


この数小節弾けば気分が出るよ! とms.プジョーに教わってしばしTRY!

女の子ならみんな一度は弾いてみたいと憬れた「乙女の祈り」


美味しいTeabreak。
Jazzを勉強中のプジョーにjazzを数曲弾いて貰う。
するとオルガンに向って宗教曲を弾き始めた! そばに言って歌ってみる。


まがねさんが歌曲集から次々と伴奏開始。
5時ごろ迄タップリ歌い、弾き、そして「今年の抱負」を語る。
young宅のチェンバロに向う迄にBach10-147-90を弾けるようにしておきたいな〜。
きっとみんなが弾き方を教えてくれるだろうから。
本日は楽しい一日をありがとう!  

Posted by jun1940 at 21:34Comments(0)organ-party

2018年01月23日

2018.1.23:豪雪

降雪予報。昨日午前中に買い出し。
スーパーは沢山の客。駐車場も混んでる。
スーパーをでるとハラハラの風花が舞う。
昼過ぎ隣家の屋根は薄化粧。


夕暮れには銀世界。
娘が早く帰宅。電車は最徐行だったそうだ。
3人揃ったので雪見酒に赤ワイン。


数日前に生鯖ゲットし、酒粕に漬込んだのが赤ワインに合う。

1/23 隣家の屋根は20cm以上の雪


故郷舞鶴は雪国。関東で珍しい降雪があると誰よりも勇んで除雪をしていたが、今年は見てるだけ。
夫と娘に御任せを決めた。右腕で力仕事は出来ないのだ。

滑らないようにしてデジカメでカシャカシャ。


故郷はこんな積雪では済まないだろう.... 
  

Posted by jun1940 at 10:24Comments(0)自然の姿

2018年01月22日

常磐会:行動開始はNew Year COncert

1/20 うららかな土曜日。今日の雪空とのギャップ!
川口リリアホールへ 2018:New Year Concert。



ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」序曲
ベートーベン:ピアノ協奏曲5番「皇帝」
ベートーベン:交響曲7番
梅田俊明指揮:東京交響楽団
ピアノ:上原彩子

常磐会はコンサート、旅、グルメ、アンサンブル(歌、ピアノ、リコーダー、フルート、ケロミン...)でとにかく集まって楽しむ会。
2018はコンサート鑑賞からスタート。
ベートーベンの二曲の贅沢なプログラム。
開場待ち。
ウロウロして探し物。


ストリートオルガンには夢がある!
聴きたい!と燃える催し物はチケット完売。

本日の演奏でアンコールにモーツアルト:ピアノソナタ が清らかで素晴しかった。
オケのアンコールはピッチカートポルカ♪
ホールで聴いたのは初めてだった。

終演後、常磐会は柏に戻り新年会。
ことしも Musicfullに楽しもう。
来月  SongbirdsのOberon に3人がトライ♪
1/24 はオルガンの会に2人。
そうだ 1/21はブレッツアと個人レッスンに2人。
6/10 2人はCity-Phil-Chor でオーデション
   他の2人はLine-Music-Classの発表会
 
みんなよくヤル〜。
わたしも付いて行かねば!  

Posted by jun1940 at 12:19Comments(0)常磐会

2018年01月14日

おニューのIC-recorder

先日録音した筈のモノが入っている筈のところに無い。
録音直後確認したのに、帰宅後探しても無い。
レッスンの録音。Allerseelenは一応パス。時間を置いて再度見てもらうことになったのに!
Bachのカンタータ10のAriaはレッスン始まったばかり.... 復習出来ない!
やはりrecorderは二台必要だ。
ビックカメラで注文。
注文後、調べると別の場所に入っていた。録音の順番が変わっていたのだ。
そんなことあるかな???
いずれにしても二台ほしいから、これでいいのだ〜!

在庫が無いから後日配送となり、それが今日届いた。
さっそく時間を入れるにも、文字が小さい。結局娘頼りで完了。
容量が8ギガ。
銀色に光っている。
只それだけで心丈夫になる。
文明の利器に頼らず教わることを頭に入れればいいのだが、現実は厳しい。
recorderに頼って歌狂いしよう!

  

Posted by jun1940 at 17:03Comments(0)音楽

2018年01月13日

運河には鷺&鴨

豪雪地方のニュースに故郷の雪景色を思う。
関東に住み、有難かったのは冬でも太陽が降り注ぐことだ。
京丹後市に妹は雪対策が大変だろう!

朝夕は気温が下がるが、昼間は燦々と光をあびて運河を歩く。有難いことだ。
今朝 ネットでクイズを解いていたら「正解」に多額の賞金が出たから手続きを促してきた...
娘と私はつい大声で「だめだよ〜〜〜」 労せずしてお金が入る訳が無い!
そんな会話のせいか、今日の運河は鴨と鷺が目に付く。
白鷺、青鷺が水面に、叢に、樹々に


鴨は水面に群れている。


利根川近く迄あるくと14000歩以上になる。


冬期はic-recoder がうまく作動しないので「あるき&暗譜」はできない。
静電気が起こるのかパシッとはじけるおとがして切れてしまう。
電気専門店でたずねたが解らなかった。
walkに専念せよということだろう。
春迄にmusic-present が4、オペラ舞台♪Weber:Oberon♪ が待っている。
舞台のためには足腰きたえねば。


Songbirds の第一回コンサートです。
13人のアンサンブルです。
指揮&指導:藤丸崇浩先生
ピアノ:渡邊明子先生

松戸駅前の松戸市民劇場 です。
是非応援してくだい。

  

Posted by jun1940 at 17:23Comments(0)利根運河

2018年01月05日

長年の友:Olivetti, Oxford & etc

長年の友に辞書がある。自宅の棚にも常陸太田の棚にも。
常陸太田の棚を整理することにした。
田舎へ持ち込んだ仕事の愛用書籍。
暮に資料等ボロボロのモノは庭で煙と化した。
今日は古紙、古書回収日。
持ち帰った辞書類をだすことにした。 「ダンシャリ」と言いながら未練あり。
ついデジカメしてしまった。デジカメしたらblog-upしたくなった。


研究社の英和大辞典は皮表紙。学生の分際で贅沢したものだ。
OxfordのEnglish-English Dictionaryはしっかりした表紙がビクともしない。


どちらも友達と神田で書店を見て回り、夢を膨らませて重い辞書を持ち帰ったのだった。
大学のキャンパス内の寮に入っていたので神田は結構遠かった。
街全体が書店。指定テキストが英語だと英語専門の店や古本屋で探して回った。
学生している〜 と楽しんだ週末。
雑木林の中にある津田塾大学はバスか西武線で国分寺に出て東京へ出かけた。
東京の大学だとおもったが、恐ろしく何も無い田舎だった。故郷舞鶴よりおそろしく田舎だった。
雑木林と桑畑と玉川上水の土地。
上野文化会館でアンコールを聴くと帰れなくなる所だった。

校舎⇒図書館⇒寮 のみの日々。
そして安保闘争の時代である。

構内の売店でポータブルのタイプライターが3万¥で売られるというので飛びついた。
スイス製の「ヘルメスベイビー」だったとおもう。
卒業後も使っていたら、壊れてしまった。妹が使っていたOlivettiを譲ってくれた。



何十年後? インクリボンが手に入らなくなった。もうタイプライターの時代は終わったのだ。
ワープロになり、それも壊れ、昭和の終わり頃パソコンを使うようになった。
大きな宇宙的な可愛らしいi-mac 。そのMacも今は3台目。

お正月に孫がタイプライターを見たいというので物置から出してきた。
お話や映画に出て来るのだろう。
インクがカスカスで文字がはっきりしないが、お友達に手紙をかいていた。
「あげるよ」にキラリと笑顔。両親に「ダメダメ」だされ、孫とバアバはショボン。
タイプライターのダンシャリは不成功。
Kさんがシャーロックホームズにはまっている... ヤッター!
「あるよ、あるよ」と押し付ける。「絶対に返さないでね」と念を押す。
「Agatha Christie なら原書も訳書もあるよ」と誘ったが、読んでしまったそうだ。
ダンシャリまたも不成功。


  

Posted by jun1940 at 10:37Comments(0)諸事

2018年01月03日

2017:年末年始は常陸太田1

2/27 弟2人が畑の手入れするとmail。早朝夫と常磐道で時間を節約。
10時過ぎ太田着。
畑作業のメインはキーウイーの棚作り。
長年キーウイーを楽しんでいたのはjunjunのみ。この秋収穫を持ち帰った弟達は奥方達に喜ばれたらしい。
水戸の弟4は追加要求に大喜び。
棚を作り直して来年に備えようとなったらしい。私も加わり棚作り。


梅の木に蕾。新芽は着色したかの様に紅く萌える。


夕方友人来宅メール受信。急ぎ灯油その他買いにでた。帰宅すると早めに来た客と入れ違い。
お土産だけがまっていた。残念。来月運転免許を返上する彼女日立市から来るには足が無くなる。

複雑な折り鶴を見れば彼女だとすぐ解る。久々のおしゃべりを楽しみたかったのだが。

28日 息子一家と娘到着。
那珂湊お魚センターで買って来た海の幸、姪のMちゃんが拘りの無農薬の野菜で6人乾杯!

酒蒸しされたアサリの中に赤い小さな蟹がいるではないか!
小さな蟹でアレコレ大騒ぎして叉乾杯。

29日 晦日は天気が崩れるらしいので御岩神社へ。
早朝の石畳は舗装道路のように玉砂利が固まっている。
凛とした空気にみがひきしまる。樹々の間から朝の光。大きな大きな3本杉に頭を垂れる。


中宮など次々参詣し、奥宮まで登ろうということになった。こうこさんとバアバは途中で引き返すつもりだったが、奥宮まで歩いた。

御岩神社はパワースポットとして報道されたため、若者参拝者でにぎわっているが,奥まで登る人は少ない。
満足気分で下山。
変わった狛犬さんゲット。


帰途は里見の直販店で天そばでランチ。蕗の薹の天婦羅につられた。


手打蕎麦が美味しかったので大晦日用にゲット。
鴨が良いダシをだすというので、一塊ゲット。

30日 伐採した庭木の山を整理。6人での作業は驚異的パワー!
31日 お魚センターでお買い物楽しむ。夜は中野屋旅館で温泉。一年の汚れを浄める。


紅白を見ていたが、私はダウン「みなさま良いお年を!」

2018.1.1 二階の窓から初日の出。健康でありますように!


庭の片隅にある氏神様にご挨拶。お嫁ちゃんと孫に手伝ってもらった御飾りにジイジは大満足。
3台の車で常陸太田⇒流山に再集合。






  

Posted by jun1940 at 15:40Comments(0)常陸太田の庭family