さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年06月02日

古澤利人 Recital 2018

Concertの招待券を頂いたす みれさん& junjun。


早めに上野着。先ずはランチで腹ごしらえ。

春、娘と入ったCafe で順番待ち。


待たされても No problem。 積る話が湧いて来るから。


豪勢なサンドイッチがきた!
ヴォリューム! 
豪勢&ヴォリューム でも No problem。積る話を口に声に出し、胸の余白にランチが治まるから。

13:30 開場。
前席指定なのに、何故長蛇の列が出来る?
小ホールのスロープに列が出来る。


ほぼ満席の観客だから並ぶ? だって指定席でしょう?
この列はファンの熱意の現れ?

爽やかなプイログラム。


「古澤家」とある。父と息子のRecital。
一部は日本の歌曲。二部はドイツリート と映画音楽。
父と息子の声が良く合い、心地良い安心感に満たされる。
いずれも知っている曲。
二部のOpeningは 第九。合唱団が前にでて 利人氏の指揮で唱う。
思わず客席で声を出して歌ってしまった!

アンコールに三代目! 親子三代で「小さな空」武満徹。
孫は堂々と歌いきり、父と父の父は感涙....
客席も感涙... 
いいもんだな〜〜〜! 歌舞伎ならあるけれど、洋楽で三代は初めて聴いた。
素晴しい初体験のConcertだった。  

Posted by jun1940 at 21:17Comments(0)音楽