さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2018年12月25日

'18.12.24:たまゆら♬Music-presentの〆

'18.12.24:♬たまゆら♬:南柏Mothersさんで今年のThe Last Music Present!
いつものメンバーで訪問の予定が、大事なサンタさんが急用で不参加と朝連絡あり。
急遽プログラム調整し Mothersさんへ駆けつける。
なんとかせねば! と3人は緊張気味で入ったロビーに素敵なポスター!
温かく迎えて下さるスタッフさんに感謝し「楽しいChristmas-Concertにしようね!」と誓う。


施設内は将にChristmas!


石渡Pianistはピアノに飾るスカーフを持参し飾る。


立ち位置は2人だからピアノに近くにしよう!
Openingは ♬聖夜♬ 日本語で歌い次にSilent Night... 英語でハモル。
日本語も英語も会場から歌声が響いて来る♬

クリスマスのサンタはきっと赤い屋根の煙突から来るに違いない... と♬赤い屋根の家♬ 
Eveを思いながら 夢を誘うように...


一年を振り返って、と言うよりこれ迄の想い出を振り返りながら ♬ Cats: Memory ♬
客席もスタッフさんもご家族の方々も一緒にmemoryの世界に入って下さるのが伝わり、熱いものがこみ上げる。

しっとりした所で ♬Christmas-Medley♬
賑やかに沢山の人出歌っているように聴かせる太田先生の編曲。これはNisshi が欠けると淋しい!
明るく楽しい賑やかさは出せなくて残念だったが、最後の ♬ White Christmas♬ で挽回。


サンタさんがくるには子供は寝なければ! ♬コサックの子守唄♬
Cats で着たベージュのオーヴァーオールを ペットボトルに巻き 赤ちゃんをダッコする雰囲気に。

「これ私の赤ちゃんよ。赤ちゃんに見えるでしょう?」というとすみれさんが「え〜? 孫でしょう?」

Nisshiの♬誰も寝てはならぬ♬ の差し替えにすみれさんが「春は先ですが...」とTalk。
♬すみれの花♬ を 宝塚風に歌い上げる。 微かに「 あ〜あ〜あ〜」とオブリを入れる。


♬2人はポリフォニー♬ の二重唱で プログラム無事終了。

そして「螢の光:お正月」を皆で歌う。客席に入ってお顔まじかにして歌いかけると心が返って来る。


世田谷から来て下さっている息子さんに幸せそうなお母様が「♬荒れ野のはてに♬を歌って下さってありがとう。ミッションスクールでしたので懐かしく。大好きな歌なのです...」と色々お話。
皆様とお話しするのも楽しい心通う一時。
最後にいつもの ♬故郷♬で さようなら! お元気で! 又お会いしましょう!

控え室でお菓子とお茶を頂く。
今回お勉強したことは「Talkはユックリ、大きな声で。2度繰り返すのも良い。」ということ。
スタッフさんに教えて頂いた。
つい夢中になって喋ってしまう私たち。
曲はカラオケに無いような歌曲、アリア... なんでもよろこんで下さりそうだ。
次回は来年の母の日Concertをお約束。
中庭のトナカイさんにさようなら! 
Merry Christmas!


  

Posted by jun1940 at 12:00Comments(0)音楽たまゆら

2018年12月22日

18.12.21:♬たまゆら♬木下リアンヴェーヴでChristmas-Concert

18.12.21: ♬たまゆら♬ 木下リアンヴェ−ヴ柏 12:30集合
ホールに Christmas-Concertの掲示!


クリスマス色に迎えられ♬たまゆら♬はConcert気分に入ってく。
スタッフさんのハンドベルリーダーと打ち合わせして、衣装を着ける。


会場でハンドベルのリハ。スタッフさんたちご多忙の中、準備はさぞ大変だったことだろう。
デジカメしそびれたが、リーダーさんは可愛いペットのワンちゃんと一緒。
月一でペットとの接触によるヒーリングをなさっているとか。ワンちゃんも介護士さんのお役目だのだ。


ハンドベルによる♬星に願いを & きよしこの夜♬の演奏。たまゆらのコーラスも加わるOpenning。
そして♬たまゆら♬登場。
Silent night,holly night..  2番は日本語で「き〜よ〜し〜〜〜」


サンタさんは赤い屋根の煙突から入って来るんじゃないかしら... などとすみれさんが客席に風景を描かせて、♬赤い屋根の家♬ を3人でハモル。


そしてjunjunのソロはCatsの ♬Memory♬
今宵限りのこの命。場末の野良猫。夜明けとともに新しい命をもらうが、この残りの時間に何を思うでしょう? きっと若く美しかったころ、日の当ることもあった日々、幸せだった日々... などと前置きをして
Midnight... と始める。
他人事だったcatsがいまでは身じかな切なさでjunjunに乗り移る。


高く高く夜空に消えるcatの魂を 明るく楽しいChristmas-Medleyで歌い継ぐ。

数曲のMedley の最後は騒々しく楽しいジングルベルでもりあがる。
そして「こんなに騒いでいたらサンタさんは来ませんよね〜〜〜、子供はめなくっちゃ〜〜〜!」
すみれ&junjunで♬コサックの子守唄♬ 二重唱している間に サンタのnisshiはタキシードに変身。



静かに眠らせる子守唄の後再登場したnisshiは「誰も寝てはならぬ」を熱唱で会場ビックリ。
途中ですみれ&junjunでオブリを二重唱。


「螢の光」や「故郷」そして「お正月」でEnding。
あっという間のConcert。
ありがとうございました!


会場を去り難いお客様とお話を交わすのも温かい一時。
元アナウンサーでいらした素敵なご婦人が大阪出身とわかり、とたんに2人は関西弁に変身。
会場のピアノはお客様のお嬢様が子供の頃使ってらしたとか。
写真のお上手な方は終始カメラ。
すばらしい会場の雰囲気。

控え室で美味しいコーヒーを頂き来年のお約束をして辞す。

  

Posted by jun1940 at 10:22Comments(0)たまゆら

2018年12月21日

'18.12.20:岡田邸MixはChristmas

岡田邸Mixは1:00集合。5m&6f。

玄関からChristmas-mood。

二宮団長が編集したChristmas-songsを2時間近く歌う。
一年に一回のこと。アルトはあやふやな音取りして、いつもの「アルトさん、アルトさん!」と叱られる。
待ちに待った Tea-time .
岡田サンお手製のapple-pieを切る。


毎年のお楽しみはChristmas-puddingの炎。
お玉に入れたブランディーをローソクの炎で温める。発火点に達したら青い炎をpuddingにかける。
そのかん皆で ♬ I wish you a Merry Christmas.... ♬を歌い続ける。
炎に囲まれたpuddingを描きながら。


炎に歓声と拍手。「今年も無事過ごせた...」と感謝。
取り分けたpuddingにはLucky-coinが入っている。2つのpuddingに1つずつ。
あ〜〜! 私の所に入っていた! 籤運の無い私に入っていた! 感激一入。


しばしの談笑後、アンサンブル再開。5時迄歌う。



外は満月に少々欠けるが奇麗な月。
来年も集わせて下さ〜〜〜〜い! と祈る。

  

Posted by jun1940 at 09:41Comments(0)岡田邸ーMix

2018年12月20日

癌センター検診⇒Christmas-Concert準備

昨日 9:30予約。9時前に癌センター東病院。
駐車場は8割以上詰まっている。続々バスからも下りる人、人、人...。
予約手続き済ませ、保険証確認済ませ、リモコン首に掛け、診察室に向おうとすると、あれっ!
よく知ったご夫妻。小一時間受付呼び出し待ちだそうだ。
センターでは思いがけない知人に会うことが多い。
それだけ癌が溢れているということだ。

診察でリンパ異常なし。
「気になることありますか?」と聴かれ、マッサージ師さんが毎回「右側もマッサージして大丈夫ですか?」と繰り返されることを言ってみた。
先生の答えは「今は大丈夫ですよ。」:「えっ? 今はということは?」
「リンパに転移したらマッサージはダメです」
そういうことだったのです。すっきりしたような、恐ろしいような。知らないとは、恐ろしいことだ。

会計済ませたが、知人ご夫妻はまだ呼び出し待ち。
しばらく情報交換しているうちに、呼び出しがかかった。紹介状で来院も手続きが手間取るのだ。

「異状なし」で青空が益々青い!
駐車場は満車。道路は渋滞。薬をもらって帰途。

午後はたまゆらの練習。
21 と24日 にChristmas-Concert。
ソロやアンサンブルを練習。
すみれさんが Christmas-goodsを買い込んで来た。
「池ちゃんの車で会場へ運んでね。」とトランクに放り込む。
サンタの赤い袋にたくさんのGoods。
大切な小道具。トランクで2夜明かすのは心配。
部屋に持ち込む。持ち込むとチェックしたくなる。



明るく楽しくヴォランティア—しよう♬

  

Posted by jun1940 at 10:30Comments(0)

2018年12月14日

ヴィオラで寒さ吹っ飛び、千葉大へ

明方気温低下。ベランダは雨水が凍っている。
庭のバケツにも初氷? と出て見ると、ヴィオラが開花。
初氷よりヴィオラをデジカメ。


花で心も軽く 9:00予約の東洋医学研究所へ。

研究林の「上匂」は空風に紅葉をひらめかせ、枝には花芽が沢山。
どんな花だろう? 春が待たれる。


遠くの樹々に赤い花が? マッサージが終わってから研究林の中を歩いて行くと「赤い花」は「柿」。


ハーブ園は真っ赤な実。
サンシュウの実をカシャ! 銀杏林を通って駐車場へ。「第三の男」のラストシーンなど思い出しながら。



躯が軽くなった。
午後の練習には声が出るかしら?

  

Posted by jun1940 at 11:56Comments(0) 薬草

2018年12月05日

♬たまゆら練習♬⇒Gleeful

「忙しく駆け回ってるのね、池ちゃん」とよく言われるが、「そんなに駆け回っていないわよ。」と応じる。
しかし考えてみれば、そうかしら?
12:00~15:00 アミュゼでたまゆらの練習。みっちり歌う。
recorderでとりながら石渡、小山、junjunでアカペラ-トリオを何度か聴いては反省、又歌う.

練習後ピアニストの石渡サンに誘われGleefulへ。一度入りたかった店だと言う。


ワッフルが美味しいらしい。私はコブサラダワッフル。


香ばしく焼きたてのワッフルにサラダがタップリ乗っている、ヘルシー!
夢中で喋りながら頂き、店内見渡す。どうもyoungの来る店のようだ。若い女性客。

レジは? あれ? レジなんて言っちゃ行けない「お勘定場風味の古〜〜い器械」


「え〜ッ? 動くのね。アンティークの飾りかと思った!」「いえ これは売り物です。アンティークの店です。」
壁の装飾を観ながら目をパチクリ。
興味津々のオバさん3人はまた聴く「ねえ、おくの部屋は予約客用?」「いいえ作業室です。」
結局見せて頂くことになった。
外国から買って来た古道具をここで修理して売るのだそうだ。作業中のMasterが手を止めて色々説明。


3人はとっても古〜〜い外国に行ってきた気分になり、帰途。

   

Posted by jun1940 at 18:07Comments(0)たまゆら

2018年12月05日

'18年名無し会:忘年万寿の旅

'18.12.3 名無し会は12:00 東京駅中央改札集合(f3&m4)
浦和から久保田の万寿をぶらさげて来るのを待つ。ハプニングで送れるかもメール。
「電車とらぶる?本人とらぶる? 困ったな〜万寿が...」と憶測しながら待つと、少々遅れて現れた万寿。
安心したので新橋に向かい、浜離宮へ移動。
職場だった築地の聖路加や対岸のトリトンスクエアなど眺めながら散策。


名無し会で何度目?... たどたどしく想い出をたどり、立て札の説明でお江戸の世界に戻り、紅葉を愛で...
池に映る高層ビルと庭園の静寂の間で2時間ばかり温かく足に優しい芝生の上で足慣らし。


橋本駅でm1人加わり8人で相模川源流の「清流の里」へバス。
常連だったF,腰痛で不参加になったAさんに合いたいね〜! と口には出さねど...

5時過ぎcheck-in。 ともあれ お風呂でさっぱりして6時レストランで再集合。
語り,語る8人。中高時代からの仲間。

初物は松茸の土瓶蒸し。食が細くなった!...といいながら 全員ほぼ完食。
そして、そして、待っていた久保田の万寿登場。


さらに会話が弾む。
一旦お開きで部屋で再集合。
とにかく話が次々。
お年がら相続など現実味をもってくるが、一億に満たない庶民には心配ご無用と胸を撫で下ろす。
あと5年は集いたい... と願う面々。
目標:1 春 清流の里で花見
   2 秋 丹後の海の蟹を食べに...
 3 時々集合しよう

4日 曇り予報が快晴の空。
レストランのまどからパノラマ風景


9時ロビー集合の前に川岸まで


お天気も良く、予定通り高尾山へ向う。
まだまだ紅葉も美しい高尾山。無理をしないようにとロープウエイで登る。


紅葉を愛で、遠くの山々に向い、師走とも思えない高尾山の参道を歩く。


展望台で「あの山な〜に?」と聴いても誰も答えられない。
「Fさんならきっとおしえてくれるよね〜〜〜!」

下りはリフト。
ロープウエイより素晴しい周囲の景色。
空気に直接触れるので感動も倍加。
残念ながら危ないので手摺をぎゅっと握ったままの姿勢ではデジカメ取り出すユトリは無かった。
心に焼き付けておこう!
1人高所恐怖症のMは折角の絶景を堪能せず残念。
新蕎もとめて一行は高尾へ。
「そば三昧」の美味しいお店だった。










  

Posted by jun1940 at 10:21Comments(0)名無し会

2018年12月02日

'18年:常磐会忘年Music-Party

歌友の常磐会は今年も音楽や旅を楽しむことができた。
youngのお宅で♬忘年Music-Party♬

先ずは歌わなくては!
Christmas-Carolを2冊次々youngの伴奏で歌う。
ハモッタり、リコーダー(sopとalt)、フルート入れたり...
ムーちゃんはピアノをゲットし目下鍵盤演奏に夢中。
チェンバロの蓋を開ける♬


小一時間たのしみランチは休日で仕事お休みのご長男も引き込みスパークリングジュースで乾杯!
健康と家族にそして仲間に感謝!


今年は1月20日:川口リリアホールのNew Year Concert でスタートしお互いのConcertの応援をし合ったり。最後はyoung所属の「三色すみれ」のConcert。
旅は9月の男鹿半島と11月の茨城旅。
想い出と音楽談義... をpot-warmerが笑って聴いている。


ムーちゃんは鍵盤に呼ばれ指がムズムズ♬


「やっぱり Grandpianoはいいわね〜〜〜!」と音色に感激しながら弾いていく。
そして皆が歌い始める。
youngも ドビュッシーのPreludeを演奏。
チェンバロで伴奏してもらってイタリア歌曲を歌おうとしたが、驚いたことに忘れてしまっている...
それでもメゲズに歌う。

そして休憩はおいしいケーキ。


そして、そして present-交換は阿弥陀籤。
ホッカホッカのミトンを頂きました。

ありがとう!
来年の予定は一月末。
来年もよろしくお願いします。

  

Posted by jun1940 at 21:44Comments(0)常磐会

2018年12月01日

調律⇒越谷産業フェスタ

11月30日 午後から予定があるので 河合の調律師 Tさんに勝手を言って9時に来てもらった。
音感は有るとは言い難いが、何となく??? 
可哀想環境の我家のピアノ。
台所、ダイニング、living 兼用のone-floor。
しかも暖房はガスヒーターとエアコン。
効率よくガスで室温上げてからエアコン。
朝は窓には結露。

案の定 湿気に黴!


懐中電灯で奥の方を照らし、注射器のようなもので細かい作業。
おかげで軽く弾けるようになった。
「ほぼ半世紀の年齢ですね。」のこのピアノ。
電子ピアノにしようか? ... と迷いながら愛着もあり、捨てられないピアノ。

午後 たまゆら練習して帰宅すると到来ものあり!
和歌山の甘いミカン、越谷の新鮮野菜。


感謝感謝でヘルシー食卓。

月が変わった!
師走。
12月1日 : 娘の会社が越谷の産業フェスタに参加。午前中の付番というのでついて行く。
駐車場から会場への風景は将に晩秋。



工場の製品から農産物、そして各種団体のブースやテントに様々なものが展示&即売。
毎年真っ先にゲットするのは「クワイ」小さなクワイが欲しいのだ。
今年も2袋ゲット。そして欲しかった赤かぶゲット。
桐の俎板もゲット... 荷物は次第に大きく重くなってくる。



1時にoffになる娘と別れて買い物、見学、マッサージ... 
フェスタの喧噪から外れて公園で一休みし、動物のテントで小鳥と遊ぶと既に1時近くになっていた。


オバさん根性丸出しで買い物したり、小鳥と遊んで童心に帰ったり...
長閑な師走の初日だった。





  

Posted by jun1940 at 16:50Comments(0)音楽family