さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年02月14日

20.02.Day-Service施設:エリカMusic-Present

13:40集合
駐車場に団長の車。密集状態で6人がいる。
「なにしてるの?」:「練習してるの!」
中でリコーダーを合わせている。直前リハかな?
1人で館内に入るとピアニストも到着「皆さんは?」「車中で練習♬」
ホールにはひな飾り。

2:00 opening に合わせて譜面台組み立て、電子ピアノ移動。
マイク確認。

入場して、最初に寒いロシアの歌。
バイカル湖:山の娘ロザリア:泉の畔。
アルトの2人は髭面の兵士に変身。




リコーダーも無事通過。ホッとして歌う。


予定時間になりお別れのご挨拶をすると、アンコールお声!
蜜柑の花咲く丘と ひなまつり。
皆様有り難うございました!


  

2020年02月13日

もう木曜日

月曜日に河合の調律師さん来宅。


40数年使ったピアノ。転勤で各地に持ち歩いたピアノ。
子供達も弾いたピアノ。
オンボロだが愛着大ありのピアノ。
「年数の割に良い音出していますよ。」と言われるピアノ。
Dining-kitchen という悪条件に鎮座するピアノ。
調律終わると軽やかに歌うピアノ。
「あとしばらく付合いましょうね!」

火曜日に娘が熱。休日診療の保健センターへ連れて行く。
インフルではくホッとする。

水曜日はたまゆらの練習。バリトン氏は横浜のイギリス館で本番コンサート。
ピアニストはご主人様入院でお休み。
Jaz-Lessonで習っている What a Wonderful Worldを練習していると、Sumireさんが歌う。
「ちょっとやらせて」と彼女はコードを見て和音を入れる。
コードを見ると指が動くが、音譜は分らないそうだ。
私はまだコードを覚えていないから音譜を見て和音を入れる。
人それぞれ!

木曜日 朝去年ビンゴでゲットした「レンジでらくチン*ゆでたまご」試して見る。


一個ヒビが入っていたのか爆発!

美味しく便利な*ゆでたまご*

sumireさんとBachのInvention「ダバダバ」、Magnificat「Suscepit」を繰り返し練習。
リコーだーとフルートを合わせる。


  

Posted by jun1940 at 09:09Comments(0)family

2020年02月09日

イクラeye-mask

娘が社員旅行でお土産店でおいしそうなeye-mask 買ってきた。


実においしそう! 「保存温度5℃以下」とあり「食べられません」と注意書き。
「北海道いくら」だそうだ。
使用書きに従って30分冷凍庫で冷やし、目に当てた。


寝るとき改めて目に当てた。
なるほど気持ちが良い。
気持ちが良いから熟睡。
目を覚ましたらマスクはどこかに飛んでいた。
なんども寝返りうちとれたのだ。
いくらの夢も見なかった。  

Posted by jun1940 at 11:48Comments(0)family

2020年02月02日

慌ただしい1月⇒2月

1.31 古澤利人Recital の招待券を頂いた。


たまゆらの3人で上野文化会館小ホール♬
ホールにある精養軒で腹ごしらえ。


親子3代の舞台は楽しく微笑ましく素晴しいConcert。
日本唱歌も懐かしく、2部の Die Lotosblumeは習ったばかり。
Ich liebe dich のGriegも大好きな曲。

ビートたけしの詞による歌曲集は興味津々。

2.1 早朝夫と常陸太田へ走る。
一般道でフラワーセンターや苺畑の広がる長閑な田舎道。

常陸太田は伐採した椿にも花が沢山。ボケも蕾が膨らんでいる。


梅の古木も開花。やがて伐採する予定の古木。
舅が生まれた頃から逢った筈の梅の木。
毎年豊かに実らせ、梅干しになって一家を守った梅。
近年実が道路に落ちて、スリップし、危険だから... とクレーム。
舅の親達の時代、誰もこの道を車が走るとは考えもしなかっただろう。
今程家もなかっただろう!
時の流れ!


2.2 何気なく除草していたら、福寿草が顔をだした。
忘れていた!


雑草に負けぬ沢山の福寿草の生命力に感動!

  

Posted by jun1940 at 22:01Comments(0)常陸太田の庭音楽