さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年03月30日

'13.3.29

運河は花祭り。桜の他に菜の花もコブシの満開。
運河沿いにある高校のコブシはみごとだった。一気に満開になったそうだ。
数日前のことだが、その後の寒気でまだ満開に違いない。


3/29 10時から車の修理のため、一日空けていたotto。
私もぽっかり午後が空いた。
運河の少々寒空のお花見もいいが、我孫子の文学探訪に出発。
スタートは白樺文学館へ案内。リピーターの私だが、説明はほぼ忘却の彼方。
改めて説明してもらうことになった。志賀直哉、武者小路実篤、柳宗悦、中心の白樺は文人の歴史を辿る。芸術作品はバーナードリーチ 浜田庄司、河井寛次郎、竹久夢二...
作品や書簡、写真など見た後は地下室で柳兼子のCDを聴きながら本を開く。
手賀沼の畔で活動した優雅な大正の文人達。

白樺文学館の前に志賀直哉旧宅。庭の裏の急階段をのぼると崖の上の住宅地。

隈がクッキリした熊笹が美しい。

白樺文学館、鳥の博物館、杉村楚人冠記念館の3カ所を巡ると記念品が頂けるので、巡ることにした。鳥の博物館は豊富な鳥の種類に圧倒される。
コサギとオオサギって何処がちがうのかしら?などいうのを聞きつけた係員さんが詳しく説明してくださる。世界中の鳥! ユリカモメを確認した!
デジカメはNO! 運河や古墳の森で小鳥を撮って、鳴き声を録音してから来るべきだった!

結構疲れた。野山歩きより疲れてしまった。
最後は杉村楚人冠記念館。狭い旧道で私のミニで来るべきだったと後悔。
明治末期から昭和前期に東京朝日新聞で活躍したジャーナリスト。
新聞紙面の展示、書斎... と拝見。
庭園は公園として無料公開。
椿は種類も豊富。一種のみゲット。

桜は割愛。変わった花はフキノトウが満開。
花大根。

3カ所ラリー完了。記念品はクリアーファイル。


画面が暗くなったが、白樺文学館のリーチ作「巡礼」と「鉄絵魚紋花瓶」をプリントした物を選んだ。あらためて「美しいな〜」と眺める。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(歴史)の記事画像
センサー付きソーラー外灯
行田:さきたま古墳公園
Isabella Lucy Bird
7/2 行田ー2
松戸ー戸定邸
同じカテゴリー(歴史)の記事
 センサー付きソーラー外灯 (2018-02-13 10:23)
 行田:さきたま古墳公園 (2017-10-20 17:04)
 Isabella Lucy Bird (2017-02-15 21:08)
 7/2 行田ー2 (2009-07-16 11:59)
 松戸ー戸定邸 (2008-12-04 16:03)
この記事へのコメント
junさん
こんばんは!

う~~~~ん!残念!
クリアファイルがよく見えない。
アップでお願いします。
Posted by machan at 2013年03月31日 22:54
machan
昼間にフラッシュ無しで撮るべきだった!
Posted by jun1940 at 2013年03月31日 23:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
'13.3.29
    コメント(2)