さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年01月28日

'16.01.27Organ-Party

梅郷のまがねさん宅でオルガンの会。
Organistsの中に紛れ込んだすみれさんとjunjun。
新年のご挨拶と同時にお雛様にご挨拶。
皆様のお宅のお雛様の話題が広がる。
私は伝統的なイヴェントを割愛して来た気がする。日常子供が愛用していたお人形を並べて済ませたような気がする。
私自身は戦後の衣類のない時に厚地の赤い毛氈でオーバーコートと帽子を作ってもらった記憶。
疎開先で水害にあって哀れな姿のお雛様が蘇る。
小学生の頃、妹に付いていた手先の器用なばあやが縫いぐるみのお雛様をつくり、父の書物を積み上げて雛壇を作った記憶も蘇る。お片づけの時に書物をあった場所にもどすのが大変だった。
大きくなる迄、雛壇は書棚の本で作る物だと信じていた。

お雛様談義後、ランチを挿んで音楽談義。
ピアニスト&オルガニストのカンちゃんが楽器を取り出した。
「アンデス」の名の楽器。ピアニカみたいだがpipe,つまりリコーダーに似た音色。
これなら♯や♭が幾つ付いても大丈夫。

カンちゃんは左利きで、左右の指を逆にしてリコーダーをふいていた。他の人と逆だと気づいたのは大学に入ってからだという。「小学校の先生きづかなかったの?」と一斉に訊く。
雛壇は書物で作るものだと思っていたのに似てるかな?... と笑い出しそうになった。

食後はオルガン2台とピアノで唱う。あれこれ決めながら唱う。


Cake-break後 ヤングの伴奏ですみれさんとロッシーニの別ヴァージョンをあわせたが、音は外す、リズムも外すのお粗末♪

最後はバロック大好きのまがねさんがOrganを弾き始めた。Ave mariaにはじまる。
Amarilli ,や Virgin tut amor....
声が疲れて来てあわれな姿。せっかくのOrganで歌えるバロックなのに!


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(音楽)の記事画像
Bosanova:いそしぎ
たまゆら:ハミングさんへMusic-present
Chor Wonne定期演奏会:出会い多々
新世界:Jazz-Piano
2018.6.10 :Cafe Line Music Rooms Concert
古澤利人 Recital 2018
同じカテゴリー(音楽)の記事
 Bosanova:いそしぎ (2018-07-16 11:33)
 たまゆら:ハミングさんへMusic-present (2018-07-14 18:19)
 Chor Wonne定期演奏会:出会い多々 (2018-07-08 10:48)
 新世界:Jazz-Piano (2018-07-03 14:00)
 2018.6.10 :Cafe Line Music Rooms Concert (2018-06-12 10:14)
 古澤利人 Recital 2018 (2018-06-02 21:17)
この記事へのコメント
鍵盤リコーダーは
アンデス という名ですヨ
Posted by kazamama at 2016年02月02日 23:53
kazamamaさん
今日は楽しいオルガンの会ありがとうございました。
2ヶ月遅れでアマゾン⇒アンデス に訂正しました。
これからもよろしくお願いします。今日の会もアップします。
Posted by jun1940jun1940 at 2016年03月30日 20:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
'16.01.27Organ-Party
    コメント(2)