さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2008年04月21日

ottoの太田一高





常陸太田に立派な公共施設パルコがあります。
広い敷地の桜は終わり、ツツジが咲き始めています。
展示室でottoたち太田一高同級生が卒業50周年記念行事の一つとして趣味などの展示会を始めました。
写真、絵画、書、陶芸、出版物...の展示会です。
これで趣味? と驚く技モノが沢山あります。出展者は男性ばかり。
茨城では「〜〜一」は男、「〜〜二」は女なのです。
革新的な関西育ちの私には公立で男女席を同じくしないなんて〜と思いますが、この地の特色なのでしょう。

時間と熱意をかけて様々な準備をしていた中の展示会。
初日 早々と人影疎らの会場に弟2と私を連れてottoは入場。会う人たちとお話をしながら拝見。
小さな町だからたいてい知り合いであり、弟も「やあ〜!」 など旧知の人達。

作品の中で興味深かったのは獅頭と雪村うちわ。
獅子頭3作。これで趣味の作品!

デジカメ許可を委員長にたずねた。
返事は「私が作者ならデジカメしてもらいたいね。」
「ブログにアップは?」....「私ならしてもらいたいね。」 
堂々とデジカメゲット!
獅子の口の中まで覗いてみた。(作者んちには獅子がいっぱいあるんだろうな〜)なんて家の中を想像したりしながら。

地味な作品だが「太田団扇=雪村うちわ」なるものを初めて知った。

「太田団扇」は室町時代に画僧 雪村の創作。彼の肉筆の水墨画が描かれた。
その後、雪村の馬絵を描いた太田団扇が太田名産になった。
展示作品は雪村の水墨画の模写を趣味としている作者が太田団扇本舗からもらった無地の団扇に絵を描いたもの。

最近 団扇も使わなくなっている。精魂込めて描いた団扇はもったいなくて使えないから、和風インテリア用の団扇になるのだろう。

ottoは油絵3点。
ネパールの山々。赤く染まるエヴェレスト、尻尾の形のマチャプチャレ。(中はアンナプルナだったかアマダブラムだったか?)。
数年前 私も2度は付いて行ったネパールの厳しく美しい山々。
彼は山を描き続けている。
実際に山行経験の無い画家先生から「写真を見て描くとこういう絵になる〜〜」などと批評されても、描き続けている。





記念行事は式典、パーティー、温泉一泊二次会、ゴルフ大会 と連日続いている。
昨夜ゴルフ優勝メールが届いた。賞品は「米、納豆、椎茸、コゴミ〜」と沢山の太田特産物。
米以外は全行事終了後の流山帰宅時までは保たないのが残念!

コゴミの料理法などメールで返信しながら、太田で買って来た竹炭のピーナッツを口に運ぶ。



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(記念行事)の記事画像
'9.11.15 卒業50周年記念−option
’9.11.14.卒業50周年記念
同じカテゴリー(記念行事)の記事
 '9.11.15 卒業50周年記念−option (2009-12-02 11:58)
 ’9.11.14.卒業50周年記念 (2009-12-01 10:12)
この記事へのコメント
junさん
こんばんは!
なかなか面白い企画ですね。

「xx一高」は旧制中学校、「xx二高」は旧制女学校。
「xx一高」の方にはかなり女子が入っていましたね。
私は完全な女子高でした。おかげで何でもやらされて
それがかえって自信に繋がったように思います。
言ってみればお山の大将でした。

otto様の油絵は年季が入ってますね。
いいご趣味ですね。もっと絵を見せてください。
Posted by machan at 2008年04月22日 01:20
machan 
女子高だったの? だから背負って立てるんだわね!
太田一高には女性は数人だったみたい。
「一杯やっぺ〜。ゴルフやっぺ〜、準備会やっぺ〜」と楽しそうです。「男社会でいいわね!」と言うと「カミサンはボーイフレンド達と集まってるじゃないか〜」と返ってくる。
明日は高校時代のboy & girl -フレンド達と山行の予定。

ottoの絵は年季入り。美大が夢だったみたい。
Posted by jun1940 at 2008年04月22日 07:43
毎日、いっぱいのスケジュールの中・・・
楽しんで過されているのが伝わってまいります(^^)

竹炭のピーナッツが、気になる食いしん坊な私ですが、
何でも一緒に楽しんでいらっしゃる、素敵なご夫婦像が浮かんでまいります。
殺伐としたご家族が多い中・・・
見習わなければいけないなと、思います。


Ottoさんの性格や、Junjunさんの性格やお人柄が
お会いした事も無いのに
感じとれる日々のブログを、楽しませていただいております♪

鎌倉にも行きたくなったし、
蕗も食べたくなりました。買いに行ってきます^^:
Posted by ふっこ at 2008年04月22日 09:12
ふっこさん
竹炭ピーナッツは美味しいのですが、困った!
止まらないのです。

夫婦は一緒のときもあれば、半月近く別居もあります。
ottoは女性から(おばさん達)「理想的なダンナ様」と評され喜んでいましたが、ハッと「カミサンにとって理想的」と言われている事にきづいたとのこと。
「亭主はまめで留守がよい」を口実に今週一杯常陸太田で楽しんでいることでしょう。
Posted by jun1940 at 2008年04月22日 10:30
junjunさま

素晴らしい~
ottoさまは趣味の域を超えていらっしゃいますね。

大恥はかいていますが絵は描けません。
感動を絵に出来る方を尊敬いたします。

竹炭のピーナッツは茨城で買えるのでしょうか?
息子に聞いてみましょう。
母の日のプレゼントとして・・・(笑)
Posted by クッキーママ at 2008年04月26日 12:25
クッキーママさん
常陸太田 つまり茨城県の温泉の売店で買いました。
常陸太田近辺には温泉が沢山あります。私営から村営まで。
作者名入り野菜、加工品などがあり楽しいです。
息子さんは水戸ですものね。
Posted by jun1940 at 2008年04月29日 09:46
私も太田の高校を卒業・・・女子高ですけどね(^_-)-☆
常陸ではなく、群馬の太田です。
ん~十年前です。
同じ太田で他人とは思えない・・・他人です。
Posted by nonkoge at 2008年05月02日 00:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ottoの太田一高
    コメント(7)