さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2008年09月29日

お彼岸の五老ケ岳 ’08,9

お彼岸に舞鶴に向かいました。
先ずは五老ケ岳の麓の母を見舞いました。
ホームから五老の頂上の展望台が青空に白く光っています。
目の前に彼岸花が数本真っ赤に彩っています。

お彼岸の五老ケ岳 ’08,9

こんなに快晴の爽やかな日なのに!
施設内は何だか「院内感染」の予防で個室に入れず、面会用の場所にベッドごと運ばれて来た母に逢う。
まだ父が亡くなったことは話していない。

母には家族のこと、姪や甥達のこと、 コチラから話しかけるだけ。
それでも時々涙を流して言葉にならない声を発してくる。
曾孫の写真等見せながら。携帯に送られて来たホヤホヤの曾孫の画像を見せる。
来春結婚予定の姪の話をして花婿さんに逢える様に頑張っていてね...などと。

そして五老の麓の季節の花を報告する。
お彼岸の五老ケ岳 ’08,9 キンミズヒキソウが咲いていた。

ヤマゴボウが熟れていた。お彼岸の五老ケ岳 ’08,9

ハギの一種だと思われる花と実。豆ができていた。
ヌスビトハギにしては豆が長い。お彼岸の五老ケ岳 ’08,9

花の画像を開きながら話しかける。
植物が好きだった母だから、きっと教えてくれただろうに!

仕事をしていた母は忙しくてゆっくり母子の会話をする機会がなかった。
今は一方通行だけれど、昔はこんなにたわいもない内容を話し続けることはなかった〜 などと元気な頃を思い出しながら話す。

近くの伊佐津川に白鷺の親子が遊んでいた。

お彼岸の五老ケ岳 ’08,9

でも、この写真は見せなかった。
ホーム→ 伊佐津川 は父の眠る瑞光寺の方向になるから。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(舞鶴)の記事画像
「輝け青葉Day」の仲間受勲
第16回 ♬輝け青葉デー♬
第16回 ♬輝け青葉デー♬ に向う
細川家ゆかりの地
春爛漫の田辺城
合宿→実家の後始末
同じカテゴリー(舞鶴)の記事
 「輝け青葉Day」の仲間受勲 (2017-12-18 08:55)
 第16回 ♬輝け青葉デー♬ (2017-10-31 08:48)
 第16回 ♬輝け青葉デー♬ に向う (2017-10-30 10:53)
 細川家ゆかりの地 (2012-10-05 13:32)
 春爛漫の田辺城 (2012-04-19 15:19)
 合宿→実家の後始末 (2012-01-26 12:48)
この記事へのコメント
こんにちは。
いろいろ考えてしまいました。
母親との時間を大切にしないと・・・。
と思いつつ、話をすれば
生意気言って・・・。

せつないです。
Posted by お芋だいすき at 2008年09月29日 16:01
junjunさんのお母上さまは五老ケ岳の麓の施設にいらっしゃるのですね。
お父上様のことは、まだお話になっていらっしゃらない、
お辛いお気持ちをお察しいたします。
五老ケ岳の麓の丘に咲く彼岸花も寂しげです。

赤いミズヒキソウは爺ィの庭に沢山生えていますが、
「キンミズヒキソウ」はあることさえ知りませんでした。
Posted by jijii at 2008年09月29日 16:13
現在独身の姪ってTとMの二人しかいないけれど、
来春結婚予定なのはどっち?
Posted by 秀 at 2008年09月29日 22:17
junさん
こんばんは!
ヒガンバナが時を得て、
junさんの文章できらりと光る。

じっくり親子で話す機会はめったにないのだから
どうか大切にして下さい。

私は実家へ行くと必ず重大事件があって、
その解決策を講じて時間が過ぎてしまいます。
もったいない話です。
Posted by machan at 2008年09月29日 23:24
お芋だいすきさん
お母様,お父様とたくさんお話をして下さいね。
親のことはほとんど知っていなかった〜 と後悔しています。

jijiiさま
母は麓の静かなところで過ごしています。
バス停からの坂道を登りながら季節の変化に目がゆき、話の種にしています。
キンミズヒキはこれまでも咲いていた筈ですが、野の花は気づかないこともあります。紅白のミズヒキソウも可愛らしいですが、黄色もいいですよね。

machan
そうかもしれない!
これまではゆっくりホームで過ごせなかった。
両親健在の時はこちらも忙しくてゆっくりできなかったから。
今思うとホントにもったいないことだった。


Tの方です。あとはMとR。みんな幸せカップルになります様に!
Posted by jun1940 at 2008年09月30日 08:19
junjunさま

お母さまはjunさんの仰る事は理解されていると思いますよ!
ただ口から言葉が出ないだけで・・・

私も中学3年で母を、9年後に父を亡くしたので今になると
聞きたかった事がたくさんあっても全て霧の中です。

友人のお母さまはもうすぐ100歳。
しかし彼女や孫の事は解からなくなり、ご自分が子供だと思っているそうです。
「お母さんはまだ来ないの?」などと聞かれるのが辛いと言いますが
きっとお母さまは幸せだと思います。

junさんのお母さまも、幸せで穏やかな生き方をなさっている
junさんをご覧になって安心されている事でしょう。
Posted by クッキーママ at 2008年09月30日 09:18
クッキーママさん
97歳の母はもしかしたら子供になっていて、私が母親と思っているのかもしれませんね。
でも穏やかな顔をしているのでどちらが親でも子でもいいような気がしています。
自分を大事に思ってくれる人が話しかけていることを察知してくれているのだから。
クッキーママさんは随分早くにご両親がお亡くなりになったのですね。
Posted by jun1940 at 2008年09月30日 23:19
junjun様 

お母様は施設に入られているのですね。
私が東京から青森そして函館から伊達市へ車で一人で帰省している
最中に倒れ、日赤病院に入院し、その後、私の母は施設に正式に入る
前の準備期間中に其の施設内で亡くなりました。

あれからもう19年の月日が流れました。生きていれば105歳?
時々、母は今、如何しているだろうか、なんて思う夢を見ることがあります。
junjun様のお母さんは、生きてらっしゃるのですから、私は羨ましく思い
ます。
今を大切に、お母様に接してあげて下さい。
Posted by 邯鄲のゆめ at 2008年10月02日 18:11
邯鄲の夢様
ありがとうございます。
声をかけて元気ずけようと思います。
関東から舞鶴までの往復時間はもの思う貴重な時間になりました。
Posted by jun1940 at 2008年10月03日 10:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
お彼岸の五老ケ岳 ’08,9
    コメント(9)