さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2010年03月05日

'100301_舞鶴は早春

東海道新幹線で京都で乗り換え、昼前に西舞鶴着。
ランチをして母の待つ五老ケ岳の麓へ向う。
リュックを背負って山歩きスタイル。
30分バスを待つより懐かしい町を歩こう。

伊佐津川にはカモメ、鴨、白鷺、ゴイサギ... 野鳥が様々に群れる。
河口近くだからカモメもいるのだ。
ゴイサギが一羽離れて立つ。
橋を渡る度に出逢うその姿はいつも父を思い出す。
「おう、来てくれたか!」と言っている声が聞こえて来る。

100301_舞鶴は早春100301_舞鶴は早春

倉谷口から左に折れ、五老ケ岳頂上の展望台を眺めながら坂道を上る。
あれっ! 施設の前の笹薮が呼んでいる。
何年も前から度々訪れている施設だが、笹薮が呼んでいるのは初めての事。
背丈以上に伸びたチシマザサが開花しているではないか!

昨年は新年早々から肺炎で入院して、その後次々施設やセンターを回された。
結局5回の移動で以前いたこの施設に戻って来られた。
「お母ちゃん、私にこの開花を見せたかったんと違う?」...などと妄想に浸りながらデジカメ。
数年来竹笹の開花に出逢ってきたが、五老ケ岳の麓で開花を見た事はなかった。
足下には白い昔ながらのタンポポ。
このタンポポをみるとホッとする。

母に笹の開花、タンポポの開花、孫(母には曾孫)達の報告をする。
100301_舞鶴は早春100301_舞鶴は早春

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(舞鶴)の記事画像
「輝け青葉Day」の仲間受勲
第16回 ♬輝け青葉デー♬
第16回 ♬輝け青葉デー♬ に向う
細川家ゆかりの地
春爛漫の田辺城
合宿→実家の後始末
同じカテゴリー(舞鶴)の記事
 「輝け青葉Day」の仲間受勲 (2017-12-18 08:55)
 第16回 ♬輝け青葉デー♬ (2017-10-31 08:48)
 第16回 ♬輝け青葉デー♬ に向う (2017-10-30 10:53)
 細川家ゆかりの地 (2012-10-05 13:32)
 春爛漫の田辺城 (2012-04-19 15:19)
 合宿→実家の後始末 (2012-01-26 12:48)
この記事へのコメント
jun様
こんばんは!
お母様お変わりなくてよかったこと!

今日は啓蟄。春はそこまで・・・。
Posted by machan at 2010年03月07日 00:16
machan
なんだなんだ? この寒さは?
これでは高齢者は対応が大変。
machanもお母様が心配でしょう。
 春よ 来い、春よ ホントにやって来い!
Posted by jun1940 at 2010年03月07日 19:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
'100301_舞鶴は早春
    コメント(2)