さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年12月25日

クリスマス&風邪&クリスマス

12/21 岡田邸-Mixアンサンブル:横浜のBase&龍ケ崎のSop欠席:9人はChristmas-Charolを次々歌う。
恒例のイギリス風Puddingに青い炎。今年は上手くゲット。
ドイツ風シュトーレン& 岡田さん手作りのApple-Pie。


「良いお年を!」とご機嫌で過ごしたが、翌22日!
クシャミ、鼻水、鼻づまり、喉はガラガラ!
25日は柏マザースでChristmas-Concert。 これは大変! Home-Dr. へ駆けつける。
平熱、食欲あり、気分は上々... でも大事。数種類薬をだされ、3日間熟睡。
「遊び過ぎ、飛び跳ね過ぎ!」といわれるので、ひたすら沈黙で熟睡。
24日 Christmas-Eve は娘と買い出し。 体調は上々! but お病気だったから...手抜き料理ゲット。
赤ワインで乾杯するも、私はホンの一口のみで我慢。


25日 快調そのもので「南柏Mothders」へ車で駆けつける。
2時開演。ホール一杯のお客様に♪たまゆら♪ は盛り上がる。

Opneningはいつもの♪ナポリは恋人♪

♪小さな木の実♪

nisshiが急用で不参加。すみれ&junjun そしてピアニストーisshi

すみれさんのSolo♪慕情♪


♪コサックの子守唄♪二重唱につづいてロシアの歌 数曲。
昔の歌声喫茶で良く歌われた歌。客席から沢山の声が聞こえて来ると舞台も燃える。

nisshi- に代り「え〜こ〜ら〜」と超低音で歌う。
「私もしかしたら男かも?」と言うと「男前だよ!」と返ってきた。

気分一新、中田喜直の♪おやすみ♪をjunjun。


サンタクロースのいないクリスマスの歌を会場のみなさまと歌う。



アンコール:埴生の宿、遠くへいきたい、故郷。

南柏Mothersさん 楽しい時を過ごさせて下さってありがとうございました。
また伺える日を楽しみにしております。




  

Posted by jun1940 at 18:06Comments(0)たまゆら岡田邸ーMix

2017年12月21日

常磐会ハウステンボス最終日

ホテルの朝食はビュッフェ形式選択。
どれも頂いてみようの心。


早朝のハウステンボスはサンタクロースがお掃除をするのだ!
Presentを運ぶだけではないのだ!  イヤイヤ、お掃除は最大のPresent!


食後シャトルバスで出国口へ向かい、荷物預けビルとバス駐車場確認。
再びホテルで荷物まとめてカウンターに預ける。
checkout 済ませて町散策。地図片手に散策。
タワーに上り町を俯瞰。オランダの町を思い出す。


路上のゴミ箱は運河沿いに並ぶ建物の風景


「陶器の城」の展示に圧倒される。天井画はバロック絵画。
陶磁器も絵画も模造だっていいじゃないか! 素晴しさに吸い込まれ天上画の中に浮遊してしまう。


空腹は「長崎皿うどん」800¥ うどんに不似合いなCafe Bar。
グランドピアノが鎮座。Liveしてないなら 常磐会はyounの伴奏で歌いたくなったが、ぐ〜〜〜っと我慢。


さらに散策続行。アーケードに古いオルゴール。昔実際に使ったそうだ。


花壇には薔薇が微笑む。オランダならチューリップ。冬だから薔薇!


muchanが街路樹が本物か否かに悩み始めた。オランダの町そのものが嘘の世界。4人は考える。
人工なら採算が合わないよ!... と現実的判断のyoung.
写メール で植物観察の仲間にたずねると「ナンキンハゼ」と即回答を得た。


2時近くなった。風車に別れを告げる。


「再会」ではなく「オランダへいきたいわね〜!」の常磐会。
夢の旅 終了。 後は機内睡眠... と思ったが。
空港は9ばんgate。 工事中の福岡空港の中を歩く。着いたとたん「〜〜の為皆様にご迷惑をおかけします。◎◎便は1番Gateに変更になりました。
走れ〜〜〜! 万歩計大活躍の終盤。
でも楽しかった旅。  

Posted by jun1940 at 07:31Comments(0)常磐会

2017年12月20日

常磐会:長崎⇒ハウステンボスで音楽三昧

12/15 アチコチに湯煙上がる雲仙を後に長崎に向う。


一時間で何が観られる? 数年前名無し会でとっくり観たので、大浦天主堂に絞り、坂道散策でMuseumやお店を覗く。

禁教令のなか生き延びてきた歴史的天主堂。
クリスチャンではない私だが....
庭の長閑な鯉に心和む。

坂に道の童話博物館に常磐会は惹かれたが、時間がない。又来ようね!


そしてSisterが開いているお店にフラリ。
四日市のMerry Knoll修道会の女学院で数年教壇に立っていたこともあり、sisiterの姿が懐かしい。
時間があればお話をしたかったな〜。たいてい◎◎修道会の... と言えばsisterたちの消息が伺えるのだが。時には「舞鶴の、宮津の修道会にいました。」などと懐かしい故郷に繋がることがある。
奇麗なカードをゲット。


バスは平和記念公園。悲しく恐ろしい原爆の記念公園。
この場所でデジカメをカシャカシャさせることは私には出来ない。唯唯 胸がキュ〜んとなる。

バスで熟睡して、ノーテンキにもどり佐世保のハウステンボスへ。


Hotel Europe の Afternoon-Concertはルーマニアン クラシック アンサンブル。
チェロ、ヴィオリン、ピアノのトリオ。紅茶と美味しいケーキ。

四人は地図片手に片っ端から観て歩くオランダの町町。
アムステルダムは「コンセルト へバウ」へモツレクを歌いにいったが、残念ながらこのホールはハウステンボスには見当たらなかった。
オランダはモツレクを歌いに行ったのと、文化学院の学生について研修旅行をしたので、なんとなく〜の観光はしたことが無い。ルーベンス通りや跳ね橋で絵画は網羅... かな?

園内のイルミネーションは日没とともに豪華に演出。仮面舞踏会には間に合わなかったが、舞踏会帰りのカップルをデジカメ。


ヤングがダマシ絵で遊ぶ。




3Dの世界!音と映像の壮大さに圧倒された一時から音楽と映像の世界へ移動。
くるみ割り人形、モルダウなど名曲に合わせて広い庭園が光のシンホニーを繰り広げる。


音楽と映像に酔い心地でHotel Europeへ戻る。
ホテルではNight Concertが待っている。デジカメ不可。
♪トリオ マキシマム♪ はウクライナ出身の男声トリオ。
ハンサム若者の優しく美しい歌声に惹かれてCDゲット。2000¥
常磐会で回してしばらく4人はハウステンボスを彷徨するだろう!






  

Posted by jun1940 at 09:49Comments(0)常磐会

2017年12月19日

常磐会長崎へ飛ぶ1

常磐会の4人は念願の長崎へ。
12.14 羽田発⇒長崎

昼過ぎ着。バスで日本三大稲荷「祐徳稲荷神社」へ移動。
朱塗りの建物は朱の清水寺のようだ。

「階段に注意」と再三叫ぶ添乗員。危ないし時間がないから奥社に行かないようにとのこと。
余にも注意し過ぎ... 登りたかったな〜!


さすがに有田焼!左右の随神様は有田焼。
夕暮れ迫る橘神社に移動。ギネスに載ったという巨大門松はまだ製作途中。


駒犬さんも所変われば持ち物も変わる!


雲仙の宿に着いたときはすっかり夕闇のなか。
温泉につかり、乾杯!
「上げ膳下げ膳」に女4人は幸せ絶頂。


junjunは眠くて途中でダウン。けっこう続いていたらしい。
大広間に他の客はほとんど食事をすませ、常磐会だけになった。
それでも話は終わらない。続きは部屋にて....

  

Posted by jun1940 at 09:21Comments(0)常磐会

2017年12月18日

「輝け青葉Day」の仲間受勲

舞鶴市立青葉中学校の「輝け青葉Day」の仲間受勲。
青少年育成に尽くした30年。
中野区に「夢のかけはし」を作り、最初は自宅を開放して発足したり、数々のヴォランティア—活動の30年。
12月11日 「合同感謝のつどい」に青葉の仲間数人が「みんなが英雄」を歌うことになった。


青葉Dayで歌った時、この曲を是非「合同感謝の集い」で歌って欲しいと言う陽子さんの依頼。
中野サンプラザへ早めに行って5人は声合わせ。
病院や施設で歌っているが、祝賀の席で歌うのは初体験。

祝の場はコチラも佳きことに参加している佳き気分だ。

陽子さん自筆の歌と絵の表紙は彼女の自伝。
知っているようで知らない仲間をあらためて知る。


健康でまだまだご活躍してくださいね。


お土産を眺めて、世に尽くしてきた陽子さんの30年に敬意の念でいっぱいになる。
  

Posted by jun1940 at 08:55Comments(0)音楽舞鶴

2017年12月11日

鎌倉:孫娘の展覧会&鎌倉文学館

9日朝「車が凍っている!」息子2の声にさえちゃんとバアバは飛び出す。
杉本観音の森は朝日に輝いているが、車には水滴が凍りついている。


冷たいのにさえちゃんは凍りついた車体に指で文字や絵を描き始めた。
本日はお教室の展覧会。バスで鎌倉駅⇒歩いて「ジャックと豆の木(展覧会会場)」
社会人のお姉さん生徒たちは先生とセッテイング。Kさんとバアバもお手伝い。


先生、お姉さん達に並んでさえちゃんもコーナーをもらってレジン(?)で作ったアクセサリーを並べている。販売するのだとが頑張っている。
先生の作品は温かく素敵。

先生の小鳥が欲しくてたまらないさえちゃんはお父さんとの交渉成立で一羽ゲット。

バアバはさえちゃん作「猫」のブローチをゲット。


お姉さんの作品もイヤリングにしてもらってゲット。トルコで買ったネックレスに合いそうだ!
「2000¥ なんだけどおばあちゃまだから...どうしよう?」:「あら お友達プライスお願いね!」と.
1500¥也。
値切ることもないのだが、雰囲気のお遊びで御免なさいね。


会場の真ん中のテーブルはお客様の参加コーナー。
息子夫婦は熱心に何か作っている。


「ジャックと豆の木」はカッフェ。4人でランチ。
夫婦とバアバは鎌倉文学館へと歩く。
前田家の別荘。遠縁の与謝野晶子の資料も展示してあるから見に行くことになった。



鎌倉ゆかりの文学者の資料を楽しむ。
建物も景色も素晴しい。


ジャックと豆の木でさえちゃんをピックアップ。
鎌倉駅で「お正月までバイバイね〜!」
大旅行したかのような3日間!





  

Posted by jun1940 at 09:06Comments(0)family鎌倉

2017年12月10日

鎌倉へ孫娘の音楽会&展覧会1

12/7 5:30 鎌倉駅でKさんと待ち合わせ。 孫娘のお教室のアトリエへ歩く。
   先生にご挨拶。小学生や中学生が土日の展覧会に向けて思い思いに創作している。
   3人で駅迄歩き、バスで杉本観音。
   Kさんは夕食準備。
   孫娘は薪ストーブに火を燃やす。手順があるらしくノートを見ながら...
お隣の小さな従兄弟が遊びたいらしく声をかけてくるがそれどころじゃない。
   燃え始めた!家中に温かい空気が回る。


12/8 お友達が誘いにきて孫娘は集合場所へお弁当や楽器を持って出かけた。
   鎌倉市立の小学校5年生が大船のホールでコンサートをするのだ。
   午前の部の最後の舞台:先生作詞作曲の合唱曲&アフリカンシンフォニーの合奏。
   写真、録画、録音は禁止。
   中庭だけデジカメ

名演奏家のコンサートも良いが、小学生の演奏には胸熱くなるものがある。
Kさんは娘の学校の番になる前に涙ウルウル使い果たした様子。
「生徒みんなの大好先生」が伝わって来る一体感...♬♩♪

感激覚めやらぬまま2人は電車で鎌倉へ。話題になっている麻婆豆腐のお店でランチ。

辛くて美味しい麻婆豆腐。Kさんも辛いけど食べている... よかった!
テーブルに変わった花。ナデシコみたいだが? 「八重のナデシコ」だそうだ。


美味しくて食べ過ぎ、少々キツかった様子のKさんはバスで帰宅。
私はエネルギー消費のためにブラブラ鎌倉歩き。
駅の反対側にもどり、小町通りのお店を覗く。


抗癌治療に服用しているホルモン剤の副作用で富みに女性的になりふくよかになってきている。
困るのは洋服。さしあたり、コートが必要。
デパートで探したが適当なものが見つからない。
エコノミーなコートをゲット。

ボンボンは要らないのだが、お店の人が「つけておいて下さいよ」というのでつけたままにしている。
おニューのコートで八幡様⇒幼稚園前の池 ⇒ 杉本観音 と歩く。



しばらくすると孫娘帰宅。一休みしたらまた友達が誘いにきて卓球とヨガのお教室へ出かけた。
鳥大好きの彼女に推薦された書2冊。カラスの本。
一晩で読み上げるのは無理だが、止められない。

せめて百ページには達したい...
読み切るまで夜更かししたものだったが... いやそんなことをコボスのは止めよう!

 
     

Posted by jun1940 at 11:54Comments(0)family鎌倉

2017年12月07日

Ensembleたまゆら:Music-presentオレンジさんへ4回目

'17.12.06 Ensebleたまゆら:オレンジさんへMusic-present
天王台駅でお迎車にpickupしていただき晩秋の道を走る。
Homeの庭に檀が二本真っ赤な実をはじかせている。前回はホトトギスが満開だった。


控え室で準備。
スタッフさんに「いつもOpeningは♬ナポリは恋人♬でまんねりでしょう?」と尋ねると返って来たのは
「あ〜たまゆらさんだ!... と思いながら非日常の世界にひきこまれるのですよ。」と嬉しいお言葉。
気を良くしていつものパターンでOpening。
フルート、リコーダー、歌で

♬小さな木の実♬ をすみれさんのフルート入り。トリオで歌う季節たけなわの曲。

ニッシーのイタリア歌曲「忘れな草」
すみれさんの♬慕情♬とソロ2曲。

次はロシアのコーナー:すみれさん&junjun で ♬コサックの子守唄♬ なんとか覚えたロシア語で。


赤いサラファン⇒ baseを効かせた♬ボルガの舟歌♬ ⇒ペチカ ⇒ モスクワ郊外の夕べ

ロシア民謡最後は♬一週間♬ ピアニスト石はピアノを離れ語りかけ踊りだす。
junjunは代りに鍵盤叩く!
客席みんなも手拍子でチュラチュラチュラ...


結構消耗し室内に熱気が充ちる。

一息ついてjunjunが中田喜直作曲の ♬おやすみ ♬ 歌謡曲と言うよりクラッシック。
伴奏にショパンやドビュッシーの雰囲気がちりばめられる。正直いって変わった曲。
太田先生の助言「日本語の解らない外国人に絵本を語り聴かせるようにうたえ!」
語った、語った。ピアニストと音楽とお話を遊んでいる気分で楽しんだ。
ひゅ〜〜る、ひゅ〜〜〜る、風が吹く...
サンタクロースはコッソリと窓を叩いておりまする....

客席ののめり込んで来る一体感が面白かった。石さんありがとう、お付合い下さって。


幻の世界に引き込んだところで、サンタクロースを呼ぶ。

クリスマスの歌で盛り上げる。

スタッフさんも引っ張り込む。

同じ歌を歌っても会場によって別物になる。これが生の舞台の面白さに違いない。
皆様ありがとうございました。


次回の約束をして辞す。
心地良い晩秋の一時だった。

   

Posted by jun1940 at 09:40Comments(0)たまゆら

2017年12月05日

精密検査&乳癌3年3ヶ月検診

大腸癌検査に血液反応+で夫は精密検査。先々日は消化によい食事。


元気しなければ...ととにかく歩く。
運河を江戸川に向う。

白い茸、ユリノキの落葉、ラッパ銀杏... 


嘴の黄色い鴨の子供


検査の日 予約時間まで落ち着かないので運河を歩く。
そして中央病院に送り届ける。5時ごろには「迎え頼む」のメールが来る筈。
落ち着かないので、とにかく歩く。
利根川近くに菜の花。師走の菜の花!


夕日が運河の水面にも燃えている。


五時過ぎても連絡無し。
やっと着信。「ポリープ2つ取った。入院したので迎え不要」
何だ? 何だ!
とにかく中央病院に向う。
病室でリンゲルをつけて入院手続きの書類を読んでいるではないか!
これ迄何度かポリープを取ったが入院はしなかったので、「出血多量? 異常事態?」と悪いことばかり駆け巡った。
「あれ?来たの?」... じゃないでしょう!
一安心はしたものの、落ち着かない。必要なものなど医師と看護士さんから聴き帰宅。
翌日 10時の回診ご退院か否か判明するので 9時30分ごろ病室へ行く。
病室に居ない。ベッドも無い!... もしや 緊急事態?
Nurse Stationへ走る。「退院許可がでましたので、手続きに受付にいかれましたよ。」
日曜なので5万¥の保証金を払って退院手続き完了。
三日間入浴、不消化なものなど × ... とにかく退院完了。
やはりまだ免許返上は支度ないあ〜! バスやタクシーで送迎していたら... !

翌月曜日は国立癌研究センターへ乳癌の検診。
9:30予約に一時間程前に着いたが駐車場はほぼ満車1

リンパに異常なしこりも無く、3ヶ月分の薬を処方され帰途。

一段落して午後はBach講座&個人レッスン。
今日月曜日は病人食を作って、たまゆらの練習⇒Song-Birdsの練習。
運河の駅をおりると月が煌煌と笑っている。





  

Posted by jun1940 at 22:30Comments(0)family健康管理

2017年12月01日

90歳何が愛でたい−ベストセラー

佐藤愛子氏の「90歳何がめでたい」がベストセラー。
惹き付けられるこの題。
紅葉真っ盛り。美しい自然の色に思うこと多々。
元気でいれば迎える90歳。
汚くはなりたくない、不潔になりたくない...



落ちた紅葉は美しい

散った命を美しいと眺めるのは何故だろう!
与えられた命を全うしたから?
散りゆく紅葉を愛でるために人は出かける「紅葉狩り」と称して。

えらく感傷的になりながらも、日常心は生きている。
大腸癌の精密検査を明後日控えて食事制限の夫。制限開始の昨夜はハリコンダ!
牛の塊をゲット。
ローストビーフにトライ。
頂き物のチンゲンサイを添えて、乾杯。

先の先の90歳まで元気する為に!
私も月曜日に癌センター:先の先の90歳まで美しく紅葉するために、ローストビーフで乾杯!
  

Posted by jun1940 at 10:56Comments(0)自然の姿